プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/04/24 09:45 yuccalina

「テイバン.tv」と「炎の体育会TV」を見て、「誰よりも浜谷健司を愛す」宣言

先日「ロンハー・マジックメール」ん時のHi-Hi上田浩二郎の話書いたら、オンエアーの2日後にもかかわらず、ブログのアクセス数が3倍以上にはね上がって、ビックリしてしまった。いやー、ホント乗ってるんだね。やっぱ人気あるんだ~!と思うと、だったら敢えて私が話題にする必要ないじゃん、とへそ曲がりな私は原点に戻るぞ。

私は勝手に「誰よりも浜谷健司を愛す」宣言しちゃうぞ~。

と、Hi-Hi上田に気持ちがざわついてた事を反省しつつ、金曜日の「テイバン.tv」と昨夜の「炎の体育会TV」を見た。柔道着に身を包み、笑い一切無しのハマカーン浜谷を見て目が覚めたぞ。隣には“なぞかけしない”ねずっちと、“小ボケてない”オテンキ・のりがいて、「お笑い三銃士」なぞと呼ばれていた。

<今まで見逃してたが、浜谷の耳は格闘家の象徴ギョーザ耳だ>
hamaken_convert_20120424092948.jpg

対戦相手の女子柔道家・穴井さやか選手が大柄な人だったんで、3人の中で一番小柄だった先鋒・浜谷は「秒殺されて殆どテレビに映らなかったらどうしよう」と最初は心配したけど、自ら投げ技をかけたり、逆に残り時間1秒のとこで絞め技から逃れたり、とかなり見せ場を作ってくれた。最後は2度目の絞め技で力尽きたけど、今回も「負けてもカッコイイ浜谷」が見れて満足ぢゃ~。体格的にも実績でも大将・のりが主役なのは致し方ないなと。

試合は3人目大将・のりが終始攻め続けて、延長戦に持ち込んでからの判定で勝利した。解説してた五輪金メダリストの野村選手は、穴井選手と同じミキハウスの先輩で、試合中にカメラで顔が抜かれる度に、「おめ~なにやってんだよ」的怒りの表情になってたのが印象的だった。穴井選手は男子3人相手でしかも最後ののりは20㎏近く重い相手だったから、ハンデの付け方に問題があったんじゃないかと言えなくもないけど、野村選手はやはりアスリートとしてのプライドから「芸人ごときに負けるとは!」と内心ハラワタが煮えくり返ってたんだろう。MCの今田耕司は「野村選手、厳し過ぎません?」とフォローしてたけど、「我々は柔道で生きてる人間なんだから、負けちゃダメ」と言ったのは正しいと思ったわ。たとえ負けても、そういった気概を持つことが大切なんじゃないか、とね。

一方で、「お笑い芸人が笑い抜きでマジメにスポーツ」を批判する人の気持ちも分からなくないけど、先日「ブラマヨとゆかいな仲間たち」の再放送で、バナナマンの設楽が良い事を言っていたよ。「テレビは“自分がどんな人なのか”を見せるもの」であり、「自分ひとりでなく皆でつくるもの」だって。だから、芸人がテレビでスポーツしたり音楽やったりするのも、十分意義があると私も思うんだな~。

元々ハマカーンの漫才は大好きだったけど、私が浜谷を男としてカッコエエと思うキッカケを作ったのが昨年11月に放送された「炎の体育会TV」の柔道企画。下のYouTube動画の主は何を隠そうこの私だ。以来、お笑い好き女子にもっと彼に注目して欲しくてあれこれと啓蒙動画?をアップロードして現在に至る。浜谷の格好良さに気が付かない人は、いい男を見逃してるよ、ホントに。でも動画のアクセス分析をして圧倒的に男子が多いのは、やっぱりこの「炎の体育会TV」って番組自体、男性からウケてるんだろうね。

<昨年放送分です。今回の分もそのうちアップする予定>


しかし、笑い抜きのスポーツ番組と言えども、柔道してる浜谷の姿の中に、漫才での彼がオーバーラップしてきたよ。これまでにも散々書いてきたが、彼の「下衆の極み」は単なるキレ芸ではない。あの身のこなしも、大きな声も、常に絶妙にコントロールされてると思う。正に心技体が揃っているからこそ様式美があり、浜谷が柔道家だったから成立した芸なんじゃないか?とすら思えるのだ。

さて、話は遡って金曜夜の「テイバン.tv」のお話。第2回のテーマは「渋谷」で冒頭の漫才では、
「渋谷ってやっぱり人が多いですね~」という神ちゃんに対し
「おまえ渋谷の気持ち考えたことあるのかよ」
「渋谷の気持ち~?」
「てめえで勝手に訪れてきたくせに、人が多いと大クレーム、まさに下衆の極み!」

ハイ、早速出ましたよ~。で、浜谷のボケって実はツッコミにもなりうるんだな、と気が付いたよ。よく満員電車で「なんで、こんなに混んでるんだよ」とブツクサ言いながら乗り込んでくるオヤジに、「おめえが乗ってるからだよ」と私はいつもツッコミたくなるんだよね。勿論実際に言ったとはないですよ。お次のコーナーでは「渋谷に詳しいゲスト」と称して様々なキャラに扮装して登場した浜谷だったが、中でも私が一番気に入ったのが金髪のヅラをした「浜谷CHARA」。自称秋田県出身で、「キミ、めんこうぃ~ね~!」がキメ台詞。

hamaken1_convert_20120424093016.jpg

“めんこい”という方言は北海道から東北一帯で使われているんで、敢えて「秋田県出身」にしてくれたことが、半分秋田県民の血を受け継いでる私としてはミョーに嬉しかったのだ。そーいえば浜谷と仲良しらしい磁石の永沢(ボケ・メガネの方)が秋田県出身と知って、愛着が湧いている私である。

最後に、最近ブログ村で発見した「かなぶん百貨店」のハマカーンの記事を紹介しよう。
かなぶん百貨店~漫画・お笑い・グルメに特撮~ 13日の金曜日にケイダッシュライブを観に行ったYO!

ケイダッシュライヴに行かれたそうで、「ハマカーンは漫才だけでなくトークもイケてる」となっ?私は嬉しくて他人の迷惑省みず、即刻「感謝状コメント」送ってしまったよ。

何かさっくん(佐久間一行)のブログ見てたら、ハマカーンの写真載ってた~!
4月22日(日)タケトさ~ん 「佐久間一行のついてこ~い」

タイトルはBコース・タケトに赤ちゃんが生まれた話なんだけど、この日はヨシモト無限大ホールのライヴで、ハマカーンはMCを担当。ヨシモトの若手芸人を仕切っていたそうな。かなぶんさんの言うとおりトークや司会もイケてる彼等は、着々と腕を磨いているのだな。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ハマカーン 東北

テーマ:ハマカーン - ジャンル:お笑い

アイスダンス・リード組のFD曲とインド映画「Lagaan」 | ホーム | 春の色と食卓と連ドラ「ATARU」の話
Comment
 yuccalina様

 コメント失礼します、かなぶんです。

 拙ブログの記事を紹介していただきまして、誠にありがとうございました!!

 「いつもながら、読み応えある記事だな~」と思いつつ読んでいたら、最後に、私の書いたテキトーな雑文が出てきて、嬉しいやらこっ恥ずかしいやらi-229

 あ、あと、浜谷と仲がいい磁石・永沢も面白いですよi-179

 また遊びに来ます! 
かなぶんさん、コメントありがとうございました。
ハマカーンに好意的な文を書かれてる方は、半ば強制的に?トラックバックさせて頂いております(^o^)
ちなみに、磁石は次回の爆生レッドカーペットに出てくるのでは、と期待しております。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/352-f5e1ae7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 13日の金曜日(不吉な…)に、職場の同期と、ケイダッシュステージのお笑いライブを観に、渋谷の文化総合センター大和田に行って来ました。  同期は、お笑いライブは初めて
  • posted by かなぶん百貨店~漫画・お笑い・グルメに特撮~
  • 2012/04/25 08:42
  • PageTop↑
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR