プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/04/15 01:13 yuccalina

ハマカーンにもっと光を! ‐ 「爆生レッドカーペット」と 「テイバン.TV」

昨夜は、2月に引続き2回目の「爆生レッドカーペット」。隔月のスペシャルくらいが丁度ええペース配分かな。

前回から連続出演のHi-Hi(番組のCMにも出てたね)、ナイツ、そして千鳥に対して、今回は呼ばれなかったパンクブーブー。やはり勢いの差なのか、単なるスケジュールの問題なのか、と多少は気にしつつも、今回はそれどころじゃないですよ。だってハマカーンが出るんですも~ん!出演者が判明してから、私はテンション上がりまくってたよ。R-1王者・多田のCOWCOWも、準優勝スギちゃんも、勢いに乗っての連続出演。だけど、私のハートはハマカーンに釘付けさ。ゴスペルシンガーが憑依したニッチェに驚愕し、春日とドランク鈴木のダブルボケ相手に大忙しのオードリー若林がイキイキして見えたり、書きたいことは沢山あるけど、私はやっぱりハマカーンが好きさ好きさ好きさ~。そして、コラボ「東北魂」は、私の大好物芸人盛合せ。サンドウィッチマン鳥居みゆきちゃん、狩野英考。マギー審司とサンド富澤のバランスが良い感じで、みゆきちゃんと伊達の息もピッタリだったな~。そうそう、久し振りに見たオテンキのコボケシリーズも、お腹イタイ程笑ったな~。それでも尚、「下衆の極み」が極まった浜谷の顔をアップで見れた喜びには負けるね。

ってな訳で、ハマカーンのネタは金魚すくい。初めて見たよ。新作かな?金魚の気持ちじゃなくて、「ポイ(すくうのに使う紙のやつね)の気持ちを考えろ」がメインテーマである。短い時間枠にキッチリと決め台詞を入れて、コンパクトにかつ分かりやすく出来てたと思うし、気合いも十分入ってて壮快であった。やはり、ゴールデンタイムの茶の間に轟いてこそ、その輝きを放つ「下衆の極み」でしょう。このネタ、是非フルバージョンも見てみたいものだ。また、笑点に出てくれないかしら。

さて、そのキラびやかな?「レッドカーペット」の前夜にひっそりと始まったのが、ハマカーンの新番組「テイバン.tv」(BS朝日・毎週金曜23時~)。1つの定番をテーマに、漫才したり、旅番組ロケしたり、クイズしたり、料理したり、と約1時間に渡りハマカーンを楽しめる、ファンには垂涎の情報バラエティ番組。記念すべき第1回のテーマは「カルピス」だった。オープニングの漫才で2人がブルーのネクタイしてたのを、私は最初「漫才の定番カラー、やすきよブルーか?」と思ったけど、よくよく考えたら白とブルーはカルピスのイメージカラーだね。「生まれて93年のカルピス様を呼び捨てするは下衆の極み!」と初っぱなから定番のセリフを惜しみ無く出して、クチビルワナワナする浜谷が見れただけで、私はチョーHAPPYだ。週末の楽しみの1つになるのは間違いないよ。

<こちらは正に下衆の極まった時のお顔>
hamakaan3_convert_20120414183000.jpg

<CM前に挟むジングル映像?はちょっぴりハズカシイアイドル風(だけど許す)>
hamakaan2_convert_20120414183051.jpg

新レギュラーにゴールデンタイムの生放送ネタ番組と続いて、何か良い感じになってきたどぉ~。笑いの神様、彼等にもっと光をあてたって!


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ハマカーン サンドウィッチマン 鳥居みゆき オードリー 東北

テーマ:お笑い番組 - ジャンル:お笑い

桜のピンクカーペットと「寂しさを受け止める」の話 | ホーム | 羽生結弦選手と高橋大輔選手の強さに通じるもの
Comment
こんばんは。
さっき録画を見終わりました。
ハマカーン、私もあれ、フルで見たいです。

ところでオテンキなんですが、積極的に見ようとするほどは好きではないのですが、もっと評価されていいと思うんですよね。
オテンキは古き良きお笑いの雰囲気を継承してて好きですが、若い子達からのウケはイマイチなのかもしれませんね。確か、今田耕司は昔から「小ボケ先生大好きやわ」と、オテンキが出る度に言ってましたよ。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/341-03c7a8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR