プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/30 15:18 yuccalina

世界フィギュア-ペア&女子ショート、そして今夜は男子

昨夜の放送は、今朝早起きして見たのですが、アイスダンスとペアも少し放送してくれて良かったです。高橋・トラン組は、成美ちゃんのキスクラでの「やった!」感で溢れる表情の通り、元気ハツラツでしたね。若いペアらしくラヴリーな演技でした。そして、サフチェンコ・ゾルコビー組のショートはこれまで真面目に見てませんでしたが、「天使と悪魔」も素敵でした。デススパイラルでも、柔かな表情のアリョーナが美しかったこと。この感じだと、フリーの放送も期待して良いんでしょうかね?(ワクワク&ソワソワ)

さて、女子ショートは、今更結果について詳しく書きませんが、ジャンプを失敗した時の浅田選手への減点は、相変わらず露骨ですなー。そしてPCSの低さもハンパないですなー。でも、いつもの様に言い訳することなく、インタビューにしっかりと答える彼女を見ながら、私もシッカリせねばっ!フリーが悔いなく終われますように。

そして、村上佳菜子選手、ノーミスで満面の笑みでした。大舞台で実力を出せるのは、やはり彼女も「持ってる」選手なのでしょうね。演技中、全身からエネルギーが溢れてる感じが伝わってきて、興奮しました。グランプリファイナルでの羽生選手をちょっと思い出しました。

さて、も1人私が気になったのはフランスの17才、シレテ選手です。初めて見ました。以前、NHK杯の時に紹介した同国のメイテ選手と同年代のアフリカ系フランス人の選手。コンテンポラリー好きの私は、ブラックビューティーと言うだけで、2割増くらい良く見えてしまうのですが、スピンの速さや美しさは中々良い雰囲気を持っていると思いました。初の大舞台を終えて、ホッとした笑顔もチャーミングでした。

さあ、今夜は男子ショートです。幻想的なハンマーダルシマーの調べにのって、大地と天空のエネルギーを操るシャーマンちっくな高橋大輔選手の「In the Garden of Souls」は、これまで何回かパーフェクトに近い演技がありましたが、今回はどうでしょう4回転入れてくるのかな?そしてレッド隊員的衣装に文句を言いつつも、小塚崇彦選手の魅せる演技に期待し、クラッシック男子羽生結弦選手の成長ぶりがまた楽しみです。しかし、安っちいバーテンダー・パトリックが、台本通り(かどーかは知らないが)ブッ千切るのでしょうか?

ところで、私が密かに楽しみなのは、ジェレミー・アボット選手とアルトゥール・ガチンスキー選手の「ブロードウェイミュージカル対決」です。アボちゃんのこなれた雰囲気とは真逆の、笑っちゃうくらいシアトリカルなガッちゃん。私は最初彼の「セントルイスブルース」をブルースっぽくないと文句つけたのですが、段々と楽しみ方が分かってきました。それは、ロシア人の歌うロケンロールの様に、一見滑稽そうに見えて実は味のある、個性的なプログラムなのです。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 浅田真央 コンテンポラリーダンス

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

世界フィギュア‐男子ショートプログラム | ホーム | 世界フィギュア ‐ 今夜女子ショートプログラム
Comment
うちでは今卓球とフィギュアスケートの話題が盛り上がっていますが、
新聞はなぜ揃いもそろって真央ちゃんがころんだ写真を大きく朝刊に載せるのでしょうか?2位になった佳菜子ちゃんのきれいな写真でいいではないですか?そうじゃなくてどうしてもフリーでさらなる期待を寄せる真央ちゃんを載せたいというのなら、なぜに転んだところ以外のきれいにきめた部分を選ばないのでしょうか?転んだあともきれいに滑ったではないですか!?・・・と激!憤慨!・・・しきりです。
いったん落ち着いて。出場日本人すべて、タイプがちがって本当に楽しみですね。
フィギュア報道の酷さはファンの間でもよく話題になってます。新聞の写真えらびもセンス悪いですよね。真央ちゃんが勝った時でも、ジャンプ中で顔が曲がってたり、とか意味がわかりません。テレビにしろ新聞雑誌にしろフィギュアを好きでない人が作ってるんじゃないか、と疑うものの方が多いです。安藤美姫ちゃんがマスコミ不信になるのも分かります。
この場を借りて文句を言わせていただくと、特にフジテレビは昔真央ちゃんが初めて世界女王になった時、サイテーな番組やってました。冒頭に失敗したジャンプの転倒シーンを長々と大写しにし、転倒に関することばかりしつこく質問したりと、昨年亡くなられたお母様が流石に怒ってクレームしたら、朝のワイドショーやってるヅラ疑惑のキャスターOTが番組で、「クレーマー母」みたいな事言ったり、なんて事があったので、こちらも報道には結構過敏になってしまいます。


> うちでは今卓球とフィギュアスケートの話題が盛り上がっていますが、
> 新聞はなぜ揃いもそろって真央ちゃんがころんだ写真を大きく朝刊に載せるのでしょうか?2位になった佳菜子ちゃんのきれいな写真でいいではないですか?そうじゃなくてどうしてもフリーでさらなる期待を寄せる真央ちゃんを載せたいというのなら、なぜに転んだところ以外のきれいにきめた部分を選ばないのでしょうか?転んだあともきれいに滑ったではないですか!?・・・と激!憤慨!・・・しきりです。
> いったん落ち着いて。出場日本人すべて、タイプがちがって本当に楽しみですね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/332-effe45cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。