プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/08 13:38 yuccalina

さよなら大好きだったお店と、またもやインド映画の話

これまで私は、気に入らない店に関しては名前を伏せて書いてきた。しかし、今回ばかりは我慢ならんわ。だってそこはお気に入りで、いずれ「美味しいお店」としてブログに書こう、と思ってたんだもん。だからこそ、半年前に撮った写メも大事に保存してたんだよ。まさか、クレームの記事を書くことになるとは、、。

その店は、JR総武線・船橋の西武百貨店・地下1階にあるインド料理「スパイスガーデン」。レストランでなくイートインで、席はカウンター5、椅子席8のこじんまりしたつくり。私は4、5年前から船橋に用があると必ず食べに寄って、通算50回は食べてると思うので、自分の舌には確信がある。私はいつも945円のカレー2種セットをライスで食べる。他のセットだと、サラダと言う名のキャベツの千切りが付いてきて鬱陶しいからだ。そしてナンよりもライスが好き。美味しいアチャールを付けてくれる今お気に入りの店「アティティ」に1つ難があるとすれば、普通の白飯が出てくるとこなんだが、スパイスガーデンはアチャールは無くても、イエローライスが美味いのがポイント高かったのだ。

と言う点を踏まえつつ、この証拠写真を見てちょうだいな。上が去年の夏に撮った写メで、下が先週のもの。

<綺麗な黄色をしたライス。右側はベジタブルカレー>
curry2_convert_20120305134107.jpg

<このライス、一体どうしちゃったんだ?右はバターチキンカレー>curry1_convert_20120305134135.jpg

写真を見比べて、ハッキリ分かるのは、イエローライスが全然イエローじゃなくなってる事だ。この店はターメリックでなくサフランを使っていて、上品な風味が大好きだった。この界隈では一番美味しいとさえ思っていた。それがどうでしょ?殆どサフラン入ってないような色の上に、お米の炊き方自体に問題がありそうな、グチャグチャした状態で出てきたのだ。

ここで仮に百歩譲って「ナンよりもライスを注文する客は少ないから材料費を節約することにした」のを甘んじて受け入れたとしても、肝腎のカレーの味まで落ちてたのは、納得出来ないわなー。左側のカレーは毎回必ず頼む「サグ・マッシュ」という、ほうれん草&マッシュルーム。写真では少し分かりにくいかもしれないが、肉眼で見ると明らかに緑色が薄くなっていたのだ。一目で嫌な予感がした。そして悲しいかな、予感は適中した。「コクが無くなってる、、。」少し前にアティティの濃厚な「サグ・チキン」を食べた後だったから、余計にボンヤリした味に感じたかもしれんが、前に来たときは絶対にもっと美味しかった筈だよー。

と歯軋り?しながら店内を見れば、満席で店は盛況らしい。レジには掲載された雑誌が飾られてたしなあ。この味で繁盛しちゃってるのなら、もう元には戻らないのかもね。満席の客の前でクレームする根性など、私にある筈もなく、肩を落として店を後にしたのだった。悲しいけど、大好きだったお店よ、サヨーナラ。


さて、カレーの話をしたら、ついついセットで紹介したくなるインド映画の話。以前Anil Kapoor(スラム・ドッグ・ミリオネアで司会者役の俳優)のダンス動画(こちら)を紹介したコメディ映画「BIWI NO.1」から、タイトル曲を。



ここで注目したいのは、中国人もビックリ?のインド版偽ミッキーマウスかな。クオリティ低い上に、本物らしきミッキーの縫いぐるみが一緒に写り混んでいる神経の太さがザッツ・インディアか。この曲は映画の冒頭に登場して、主演のSalman Khanが「めーりーびーうぃーなんばるわん」=俺の嫁さんが一番!とか能天気な事言ってたくせに、愛人とスイスに不倫旅行に行くチャラい男を好演。そして、彼が浮気相手のモデル(Sushmita Sen)と踊ってるシーンがこちらの「Chunari Chunari」。



ヒンディ語の歌って英語以上に「空耳」のポテンシャル高くて笑っちゃう。途中「変なおじさん」的振付けも挟みつつ、背景や服装のチェンジも楽しもう。女性はともかく、Salmanの変な柄のパンツや真っ黄色のスーツとか、笑い所満載よ。ロケーションは多分スイスでしょう。ちなみにSushmita Senは1994年のミスワールド。余り長身でないSalmanとのバランスを考えて、ペッタンコの靴履いたりしてるね。そして、多分Salmanはシークレットシューズを履いてそう。股下がいつもより長く見えるわ。Sushmitaはその美貌以外では、も1つ評判は良くなくて、出演映画も多くない。首の動きがカチンコチンで指先の表情も物足りなくて、踊りはイマイチな上に、演技もねえー、、とか思ってたけど、パキスタンの元首相ベナジル・ブットさんの伝記映画という大きなプロジェクトがあるそうだ。但しWikipediaの情報が2010年で止まっちゃってるので、現在の状況は分からない。政情不安を考えると中々難しそうな話だね。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: インド エスニック

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

アイヌ文様の刺繍 | ホーム | スローな漫才にしてくれ~スリムクラブから千鳥
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/311-bb2248f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。