プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/04/27 08:05 yuccalina

病気療養中の尾崎紀世彦とまた逢う日は来るのか? ‐ どんとが歌う「また逢う日まで」他

いきなりタイトルとは無関係の話だけど、「宇宙兄弟」の小栗旬を見て、石立鉄男を思い出すのは私だけだろうか?「おまえはどこのワカメじゃ~?」とか言って欲しいよ。故・石立鉄男が意外にイケメンだったのか、はたまた小栗旬が大したことないのかは、どーでも良い話。ってくらい芸能界にあんま興味ない(お笑いを除く)私の耳にも届いてきたのが、「尾崎紀世彦失踪か?からの病気療養中」ニュースであった。

尾崎紀世彦“失踪報道”実兄が電話で会話

サンケイスポーツ 4月26日(木)9時34分配信

 歌手、尾崎紀世彦(69)の“失踪報道”について、尾崎の実兄、彰彦氏が25日放送のフジテレビ系「スーパーニュース」の電話取材に応じ、先週金曜日(20日)に尾崎と電話で会話していたことを明かした。

 尾崎は2年前の秋に肝硬変の手術を行い、去年春ごろに再入院したといい、20日に彰彦氏が体調を気遣う電話をすると、尾崎は「(調子は)大丈夫だ」と答えたという。尾崎の居場所については具体的に話さなかった。



私の年代だと彼の「また逢う日まで」は小学生時代に親しんだ曲で、学校で替え歌を歌った記憶があるぞ「ふったり~で、まわしシメて~みたいなの。阿久悠(詞)・筒美京平(曲)の手による昭和の名曲である。他に大きなヒットがなかったため一発屋と呼ばれた尾崎氏だけど、ことある毎にその美声をTVで披露し続けてきたんで、やっぱりあの声が聴けなくなるのは寂しいよ~。日本のエエ声ヴォーカリストの第一人者だもんねえ。



私の大好きな映画「メゾン・ド・ヒミコ」の挿入歌でディスコ・バージョン(尾崎紀世彦のヴォーカルでリミックスしたやつね)があるんだが、父親の恋人であるゲイの青年(オダギリ・ジョー)に恋心を抱いてしまう娘(柴咲コウ)、2人のダンスシーンが切なくも可愛らしい、思い出すと胸がキューンとしますわ。



名曲だけにカヴァーされる機会も多いんだけど、私のオススメはクレージー・ケン・バンドっすかね。残念ながらYouTubeで動画は見つからなかったんだが、作曲家・筒美京平氏へのトリビュートアルバムに収録されている。このアルバムには山崎まさよしの「さらば恋人」(堺正章)や柴咲コウの「ブルーライト・ヨコハマ」(いしだあゆみ)など名曲が目白押しなんで、超オススメのアルバムなんであるよ。

<クレージー・ケン・バンドによる「また逢う日まで」を収録>
the popular music ~筒美京平トリビュート~the popular music ~筒美京平トリビュート~
(2009/03/25)
オムニバス、melody. 他

商品詳細を見る


そしてここでもう1つ紹介したいのが、どんと(ローザ・クルセンブルグ、ボ・ガンボス)によるカヴァー。ギター1本で弾き語りするこの動画は、かなり前から紹介したいと思っていたのだ。ってか、そもそも、このエントリー自体が、どんとの動画から逆算して書いたというんがホントの話なのだよ。



「私が初めてレコードを買った曲」と言いながら、ちょっと照れ笑いで紹介するどんとがなんだか微笑ましいが、「バッパッパラーララのクチイントロがカッコイイぞお。どんとという稀有な才能のアーティストに影響を与えたというだけで、ロックファン、R&Bファンにとってもこの曲の存在意義は相当大きいんじゃないか、と改めて思ったのであった。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ボ・ガンボス R&B

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

八重桜とアーユルヴェーダ的食べ物の話 | ホーム | アイスダンス・リード組のFD曲とインド映画「Lagaan」
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/283-53049294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR