プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/01/21 10:32 yuccalina

「アメトーク・愛方大好き芸人」と「吉本男前ランキング」

今週のアメトーク「愛方大好き芸人2」、オードリーやハイキングウォーキングが出た前回も楽しかったけど、今回も好きな芸人さんばっかで楽しかったなー。

相変わらず暴走&脱線気味のウドちゃんを然り気無くスッと支える(=突っ込む)天野くん、半分馬鹿にしてるような馬場園の物言いを素直に受け入れる隅田、トークがイマイチな中岡を横で心配そうに見てるコカドに、乙女な岩尾ノンちゃん&ツンデレ後藤?と言った、どれをとっても魅力的なコンビネーションだったけど、この日の一番はやっぱ博多華丸・大吉かなー。

元々アメトークでのトーク術(特に「中学イケてないシリーズ」)に惹かれて、大吉さんラヴの記事はこれまで散々書いてきたけど、昨年のTHE MANZAI以後は華丸さんへの愛情度もアップしてんのよね。THE MANZAIでのスピーチネタは「話を盛れずにそのまましか話せない」華丸さんの特徴を存分に生かした、彼が感情移入してそのものになれるネタだったからこそ、あれだけ素晴らしいパフォーマンスだったんだわ、と感動してしまったよ。そして、流行りに囚われず、自分達の身の丈にあったネタ作りが出来る大吉さんには、やはり身を弁えた大人の男を感じて、ますますハートをガシッと鷲掴みされた思いであります。華丸さんの「優しさが滲み出てる」と言う発言にも、やっぱりねー、ウンウン頷いてしまう私。そうそう、大吉さんが人の話を聞いてる時の優しげな眼差し&横顔が、私は大好きなんだよなー。その優しさが、自然と滲み出まくってる証拠をキャーッチ!

ところで、何か良い動画見っけた。THE MANZAI 2011の舞台裏での華丸大吉。



「彼がどれだけたけしさんを好きか知ってるから、顔が見れなかった」って、優し過ぎるよ大吉さん「会社(吉本)にゴリ押しされて、大会にエントリーせざるをえない状況だった」と語る大吉さんと、THE MANZAIへの思い入れを熱く語る華丸さん。ロケ慣れしてない若手芸人の為にも、自ら楽屋の空気を和ませようと、お弁当を配ったり、彼等と共演出来た若手芸人達は、ホント幸者だよー。

そんな大吉さん、THE MANZAIの余波もあるし、今年こそ「吉本男前ランキング」に入ってもらいたい!と私は切に願っております。私が「男前ランキング」に拘るのには理由があるの。結局ルックスよりも、前年活躍した人気のある芸人が選ばれる傾向が強くて、これまでは毎年M-1で活躍した芸人がランクインする事が多かった。やっぱりここで存在感をアピールしたいなー、と思うのだ。私もマンスリーヨシモト買わないかんね。これまでは「影が薄い」だの「おっさん」だの、自らごまかして男前を封印してた大吉さんだが、そろそろ認めても良いんでないかい?方向性迷ってる(年末のアメトークSPでの発言)ならついでに、女子向けのバラエティにも出てくれたらエエのに。ロンドンハーツの「格付け」とか「奇跡の一枚」とかさ。特に後者に関して、私はしっかりイメージ出来ちゃってんだよ。例えがマニアックでスマンが、同じ福岡出身のミュージシャン、花田裕之(元ルースターズ)と顔のタイプ似てるから、彼の若い頃みたいなロケンローラーに変身させてあげたいのよー。そんで、一曲歌ってもらったら、別の番組になっちゃうか、、。

と、妄想モードはこれくらいにして、今年大吉さんがランクインしなかったら、ホント、世間の目は節穴だわー。厄年男にモテキよ来たれ!
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 博多大吉

テーマ:動画 - ジャンル:お笑い

柚子&抹茶‐白玉団子二種 | ホーム | 「1日5食ダイエット」と腹8分目‐アーユルヴェーダ的食生活その(4)
Comment
見させていただきました☆
こんな良い番組知りませんでした。
大吉さん、私服姿もカッコイイですね。
華丸さんは笑顔がすてき。

↑お団子、おいしそうです。
おいしそうな記事大好きです。
これからも楽しみにしています。
Moitaさんのブログにもコメントさせてもらいましたが、「北野演芸館2」に出演決定だそうですよー。厄年男にモテキよ来い!


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/272-2434b3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR