プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/20 09:37 yuccalina

「1日5食ダイエット」と腹8分目‐アーユルヴェーダ的食生活その(4)

私はヨガと共にアーユルヴェーダを学ぶようになって、日々の食事について色々と思う事は沢山あるんだけど、ダイエットってやっぱ物質的な豊かさと、精神的なそれとはイコールでない事の象徴に思えてしまう。自分に必要以上の量を食べてしまったのは、食べ物が悪いんじゃなくて、欲するままに食べてしまう自分に原因がある訳で、食べ物に執着してしまう原因を取り除かないと、何度も同じことの繰り返しにならないだろうか。以前ホンマでっかTV秋SPの記事で、私は「食欲を減退させるための色メガネなんてけしからん!」と書いたんだけど、食うのに困らない、満たされた生活をしてる筈の人が食べ物への執着が強いのは、何か精神面で満たされてない部分を食べる事で埋めてるんじゃないだろうか。異常な食欲の原因が心のどこかにありはしないか、と自分を振り返ってみるのは大切かもしれない。

今の日本では、どんなに食べても太らない体が素晴らしく、太りやすい体質は忌み嫌われているけど、本当にそうかね?食糧が不足してる国なら、少しの食べ物で体重を維持出来るのは、大変お得な体質な筈な訳で、たとえ今の日本でも「食べ物に使うお金を別の事に回せる」と思えば、そんなに悪い事じゃない気がするのだ。ま、ヨガの世界では、損だの得だのを考える事自体を良しとしないんだが、それは置いといて、私が言いたいのは、「自分に適切な量と内容の食事を、適切な食べ方で食べる」というアーユルヴェーダで推奨されている食事法をしていれば、誰でもベストな体型を維持出来るんじゃないか、って事なのだ。ちなみにその食事法の一部は以前、アーユルヴェーダ的食生活(1)で紹介しているので、興味のある方はどうぞ。それと、大前提として、人はそれぞれ生まれつき骨格が違い体質も違うんだから、例え身長が同じ人でもベストな体重が違う事は、受け入れておく必要がある。そうしないとかなり危険になる可能性があるからだ。

さて、私がそのアーユルヴェーダ的食事法のよさを再確認するキッカケを作ってくれたのが、今巷で流行ってるらしい「1日5食ダイエット」である。最近では「炭水化物抜き」やら「特定の食物ばかり食べる」と言った、危なそうなダイエットが廃れてきて一安心。より理にかなってて体への負担が少ない方法が研究されているようだ。私は下記の本は読んでいないんだけど、2週間ほど前「所さんの目がテン」(毎週土曜・日本テレビ)という番組で、このダイエット法を実験したところを見た。年齢も体型もバラバラな男女を集め、2週間くらいだったかな?の合宿生活。栄養士さんがバランスを考えて用意してくれた食事を、個々の体重に合わせた分量で決められた時間に食べ、決められた運動量のウォーキングをする、という徹底管理された生活だったが、参加者全員が体重、体脂肪ともに減少する結果になり、その中には肥満でない普通体型の女性もいた。そして一番重要な変化は、皆、少しの食べ物でも満腹感を感じるようになった事だ。

食べてやせる! 伊達式「1日5食」ダイエット (TJMOOK) (TJ MOOK)食べてやせる! 伊達式「1日5食」ダイエット (TJMOOK) (TJ MOOK)
(2010/10/16)
伊達 友美

商品詳細を見る


同じ1日の摂取カロリーを3回から5回に増やせば、当然1回あたりの量は少なくなる。そこで良い効果は、少ない量だと、早食いをせずゆっくり良く噛んで食べるようになるのと、胃袋を満タンにしない事で、胃腸への負担が少ない事だ。最初のうちは皆、強い空腹感に襲われて辛そうにしていたが、日を追うごとに体が慣れて来たのか、最後には食事を全部食べるのに苦労する人さえ現れた。

しかし、この方法はかなり意志が強くないと、難しいかなー。番組では、飽きさせないようにバラエティに富んだ食事が用意されて、盗み食いも出来ない環境だったし、仲間もいたから頑張れた感は否めないか。ただ、このダイエット法が成功して、ゆっくり良く噛んで食べ、お腹一杯になるまでは食べない習慣が身に付けば、凄く良い事だと思う。自分の適量(=腹8分目)が分かってくれば、1日3食に戻したとしても、リバウンドすることは無いんじゃないだろうか。

最後にダイエットと言えば食事と共に大切なのが「運動」だが、今週の「ホンマでっかTV」で気になる情報が、、。私のご贔屓、池田清彦先生が言ってたけど、運動する事で脳が活性化されるらしいっすよ。小股でチョコチョコ歩きより、大股で筋肉を動かした方が良いみたい。運動する・しないでアルツハイマーの発症率に違いがでるとかは、やはり体を縮こまらせてると頭ん中も停止しがち、って事なんすかね?私の年代になると、ダイエットよりもそっちの方が気になってくるのだが、運動も食事と同様、一時的ではなく習慣にする取組みが一番良いんじゃないでせうか?
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ホンマでっかTV アーユルヴェーダ

テーマ:ダイエット・美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「アメトーク・愛方大好き芸人」と「吉本男前ランキング」 | ホーム | 6年後のロクサーヌ‐高橋大輔@SOI
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/271-e80e3e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。