プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/12/08 08:01 yuccalina

半期に一度の耳掃除と治療費の話

昨日の朝、約半年振りにトモちんを耳鼻咽喉科に連れて行った。

数年前までは、季節の変わり目にすぐ風邪をひいてはお世話になり、年に10回以上はかかっていたが、昨秋からウムカ(記事はこちら)を飲むようになって、めっきり回数が減り今年は2回目だった。共に耳掃除の為に行ったと言っても過言ではない。自閉っ子の苦手な事ベストテンに、必ず入るであろう耳掃除、ご多分に漏れずトモちんも大嫌いなので、家では殆ど触ることが出来ないが、耳鼻科では何とか取ってもらえている。鉗子とかいう鋏状の器具で、大きな塊を一発で取り出してくれる先生は、匠の技の様である。

7月に行ったっきりで半年経っちゃったし、そろそろ行かなくちゃ、とか思ってた矢先にトモちんが鼻水をズルズルし始めたので、耳掃除も兼ねて行ってきました。

待合室で奇声を上げたり暴れる事は無くなった。聴診器は大人しく当てられていたが、「次はお耳だよー」と言った途端に怯えるトモちん。流石に看護師さん3人がかりで顔を押さえつけられるのは恐怖だよなー。逃れようともがくトモちんを押さえ、ぶちギレる前に何とか終了。ハイ、偉かったねーと賛辞の言葉を送り、残すは会計だけ。

しかし、治療費がちょっと高かったんだよね。前回から500円以上値上がりしてて、珍しく処方箋をちゃんと見たら、多分これだろう「耳垢栓塞除去(複雑なもの)=150点」と書いてあって、初診料270点の次に多い。

そっか、医療費のポイント高く請求出来るから、嫌な顔せずにやってくれてるってこと?と何やら複雑な気分だ。「何か請求額高くなってません?」と問い正したくても「嫌だったら他に行ってください」と言われたら怖くて聞けないのだ。折角通いなれた医者を、今さら変えるのも大変だし、500円くらいなら我慢するしかないのかな。やっぱ、何だかんだと肩身を狭く感じる場面は多いのだ。

<直接記事とは関係ないですが、トモちん近影>
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 自閉症

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

坂本慎太郎の「君はそう決めた」を毎朝聴こう-私はそう決めた | ホーム | 「つぼリフレッシュ」で簡単セルフマッサージ
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/237-ef1bac60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR