プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/12/05 12:36 yuccalina

「たけしのニッポンのミカタ!」ー実戦!「みかん鍋」ならぬ「金柑鍋」とチョコレート依存症の話

先週の金曜「ニッポンのミカタ!」(テレビ東京)を見た。私はビートたけしのファンだが、見るのは初めてで、新聞のテレビ欄にあった「果物を加熱して食べる」に興味を持ったからだ。

果物を加熱すると、甘味が増して、ペクチンという食物繊維の一種が増加する、という内容で、山口県周防大島町で食されている「みかん鍋」が紹介されていた。みかん丸ごと入った鍋で、皮ごと全部食べる。スープは何味でも大丈夫らしい。しかし、みかんは無農薬のものでないといかんので、わが家でお試しは無理か、、と諦めかけた時に閃いた。実家の庭になっていた金柑があったではないかー。

と言うわけで、失敗したら勿体ないからと、申し訳程度に金柑を鍋に入れてみた。スープは市販の「味噌ちゃんこ」味。

cooking7.jpg

して、そのお味は?金柑も加熱すると甘味が増すけど、酸っぱいもの嫌いな人にはキツいでしょう。因みに酸味大好きなトモちんは、丸ごと1つ食べちゃったが、金柑だけで食べるよりも、皮をかじりながら一緒に肉や豆腐などを食すと美味。また、〆のうどんにもピッタリであった。

しかし!結局、金柑だと柚子の代用品みたいな感じで、「みかん鍋」の味を想像出来るものではなかったなー。次は、実家の庭のみかん(皮は固いし種があるけど)が熟したら挑戦してみっか。美味しかったらまた紹介します。


さて番組で、も1つ気になったのは、「常識にとらわれずに新しい味を探求してる?」らしい3人の女性。各々「納豆好き」「ケチャップ好き」「チョコレート好き」な人々がお気に入りの食べ方を披露。ケチャップをドバッとかけられたショートケーキを口にして悶絶する国分太一。なーんかこれって「新しい味の探求」というよりも、各々の好きな食べ物が無くてはいられなくなる「依存症」の心配した方が良くないか?私が特に心配だったのはチョコレートだ。お米やパン等の代わりに、チョコレートをお碗に盛って、主食としておかずと一緒に食べていた。

チョコレートがカフェイン同様、依存症になる可能性があることは、ネットで調べれば出てくるし、このブログで度々紹介している「ワイル博士のナチュラル・メディスン」にも、チョコレートについての項目がある。以下は引用。

チョコレートは食物であると同時に薬物であるという、特殊なケースだ。カフェインの含有量は少ないが、カフェインと同類で似たような作用をするテオブロミンが大量に含まれている。チョコレートは嗜好品だと考えられているが、向精神物質でもあり、心身に強い作用をおよぼし、嗜癖になりやすいものでもある。

第7章「悪い癖を治すには・チョコレート嗜癖」より



ワイル博士のナチュラル・メディスンワイル博士のナチュラル・メディスン
(1993/06)
アンドルー ワイル

商品詳細を見る


今日日メディアは「心臓病に効果あり」など、チョコレートの効用ばかりをうたっているが、肝腎な注意喚起を怠ってないだろうか?(コーヒー等、カフェイン飲料についてもまたしかり。)チョコレートには薬物成分が含まれている、という基本的な情報は、常に省かれている気がする。少量で効果があっても、多量に摂取した場合、弊害が出てないのかが、非常に気になるところだ。

私は「チョコレートがオカズに合うか」云々よりも、あの食生活で健康に問題ないのかが気になって仕方なかったし、むしろあれが「テレビ的演出=ヤラセ」である事を願ってしまったのだった。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ビートたけし

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「つぼリフレッシュ」で簡単セルフマッサージ | ホーム | THE MANZAI 2011決勝進出者決定 ― 勝手にダブル・ハマケンブーム到来
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/235-b674f36d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR