プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/11/18 08:19 yuccalina

パティ・スミス「Just Kids」その(3)

パティ・スミスが写真家の故ロバート・メイプルソープに捧げた自叙伝「Just Kids」の第3回。私的に重要&ツボのエピソードを紹介して、ネタをバラしますので、ご注意ください。前回(記事はこちら)「Hotel Chelsea」の章が長すぎるので分割すると書きましたが、今回でも終わりそうにないので、都合3か4分割くらいになりそうです。何つーたって、ページ数の割に内容が濃すぎるんですよ。登場人物が凄すぎるんですもん!てな訳で、文学、アート系、演劇・映画関係(ウォーホル関連)の人々の話は、今回は殆ど割愛します。主にロック関連を主軸にしたいと思います。

アレン・ギンズバーグやグレゴリー・コーソ(ビートニク詩人、1930~2001)との出会いによって、詩人として多くを学んだり、芝居の舞台にも立ったり、文章を書くのが得意なのを生かして、音楽雑誌にレコードレヴューを書いたりしてたパティが、更に重要な人物と出逢った。彼の名はボブ・ニューワース。パティがロック・アーティストになるキッカケを作った張本人である。彼女がノートに書き溜めていた詩を読んだ彼は、「歌を書いてみると良い」と勧めたのだ。ニューワースはボブ・ディランの側近として知られ、彼自身もシンガーソングライターで、アルバムを複数残している。私は元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケールとのコラボで、彼の名前を知ったのだが、あのジャニス・ジョプリンの名曲「メルセデス・ベンツ」の作者でもあった。ボブ・ディランとはまだ出逢っていないが、彼を通じて、パティはジャニスやジミ・ヘンドリックスと知り合う。ジャニスに歌を捧げたり、ジミが亡くなる前に、チェルシーの階段で交わした会話「スタジオで作りたいのは、Universal Language、"世界の共通言語”としての音楽」と語ったジミの話などが出てきた。そして、前回も登場したジョニー・ウインターがジャニスの死後、「Jコネクション」(Brian Jones, Jimi Hendrix, Janis Joplinが相次いで死亡した)話を始めて、「次は俺かもしれない」と怯えてるのをパティとロバートで宥めた、なんて話もあった。ちなみに、次のJはみなさんご存じかもしれませんが、Jim Morrisonっすね。ジョニー・ウインターは御年68才、まだご健在ですよ。

ところで、ジャニス・ジョプリンについては、またまたお世話になります、ロックマニア・フレさんのブログへジャンプしてください。下記の記事は映画のレヴューですが、「メルセデス・ベンツ」のアカペラの動画がアップされていたので選びました。ブログにはCDのレヴューやジミヘンも沢山ありますので、どうぞー。
Janis Joplin - Janis 「ロック好きの行く着く先は・・・」

ロバートはチェルシーの友人で映像作家のサンディー・デイレーからポラロイドカメラを借りて、パティのポートレイトを撮り始めるが、まだセルフポートレイトやゲイ向けの写真には向かっていない。もっぱらパティがアーティストになる為のサポート役に回っている感じだ。パティがボブ・ニューワースから「歌を書いてみたら」と勧められた時に、ロバートは真っ先に賛成した。「僕はキミの歌う歌が大好きなんだ。」と言い、彼女がノート書き溜めていた詩を、「もっと沢山の人達に聞かせるべきだ」と言った。パティはまだ自分がアーティストになれるのか、全く自信を持ってなかった様子だが、ロバートには確信があったらしい。そう言う意味で、やはり彼無くしてはロック詩人パティ・スミスは生まれなかったのかもしれないし、彼女もそれを伝えたくて、この本を書いたのかもと思った。ロバートが彼女に詩の朗読を勧めた事で、また1人のアーティストと出逢った。それが、ジム・キャロル(1949~2009)である。ジムが自身の青春時代を綴った「マンハッタン少年日記」は後に、ディカプリオ主演で映画「バスケットボール・ダイアリー」(1995年)にもなった。そして彼はパティの後を追うように、ジム・キャロル・バンドとしてアルバムもリリースしている。ここで面白かったのは、パティがジムへの恋心をハッキリ書いていた事だ。「彼を恋人にしたかった。でも、彼が私を愛していないと知っていた」と。後年、数々の男性達と浮名を流した彼女にも、そんな事があったのね。

マンハッタン少年日記マンハッタン少年日記
(1982/12)
ジム・キャロル

商品詳細を見る


<「People Who Died」(ファーストアルバム収録)はパティもライヴで歌う曲>

<パティをソデにした男のセカンドアルバムにはVUのSweet Janeのカヴァー有り>
I Write Your NameI Write Your Name
(1991/05/14)
Jim Carroll

商品詳細を見る


ジャニスやジミ以外に、パティがボブ・ニューワースを介して出逢ったアーティストは名前が出てきただけでも、トム・パクストン、エリック・アンダーソン、ロジャー・マッギン、クリス・クリストファーソン等がいたが、もう1人記述しておきたいのがトッド・ラングレン。パティはボブに連れられ、フィルモア・イーストでクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングを見た。「CSN&Yは正直好みでなかったが、Neil YoungのOhioに感銘を受けた。アーティストの語り部としての役割を目の当たりした思いがあった」と語るパティ。そしてその後、ボブと一緒に彼女は、ザ・バンド「Stage Fright」のレコーディング立ち合う機会を得た。そこでエンジニアをしていたのがトッドである。彼とはUpper Darby(ペンシルヴァニア州・フィラデルフィアにある町)の出身である事から、直ぐに仲良しになった。パティの祖父母がUpper Darbyの出であったため「同じルーツ」、と親近感が強かったそうで、その後トッドから「今度Upper Darbyへ帰るんだけど、一緒に行く?」と誘われて、一緒に行き、彼の家族と会ったりもしている。この辺の話は、彼女の音楽への影響は感じられないが、「トッドは気取らない気さくな男」という私が持ってたイメージとピッタリで、つい嬉しくなってしまったエピソード。

<1988年の来日時、フレンドリーなトッド・ラングレンから頂いたサイン>
patti6.jpg

パティはボブ・ニューワースに勧められ、ロバートの応援も受けて徐々にロック・アーティストへの階段を上り始めた。少ない給料からやりくりしてマーテインのアコースティックギターを手に入れる。チューニングの仕方も分からず、チェルシーの知人にしてもらった。ボブ・ディランの曲をコピーしたり、何とか覚えたスリー・コードを弾きながら、生まれて初めて作った歌が「Fire of Unknown Origin」だ。後にブルー・オイスター・カルトの曲(オリジナルとは全く別モンのポップな曲で、ズッコケた)にも使われた歌詞だが、彼女自身の歌はシングル「フレデリック」のB面として発表された。最初は詩として書かれたものを、ギターのコードに乗せて読む事で出来上がっていった。ロバートとサンディの前て、初めて弾き語りした日の事が書かれていた。



多分パティはこのやり方で、これ以降も歌を作っていくのだろう。ファーストアルバム「ホーセス」に収録されたヴァン・モリソンの曲「グローリア」のカヴァーは、詩の朗読のようなオープニングで、この彼女のスタイルは1970年の時点で、既に出来上がっていたのかもしれない。

と言ったところで、今回はおしまいにします。
その(4)に続く。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: パティ・スミス NYパンク

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

エリック・ボンパール杯 男女ショートプログラム | ホーム | 「アスリートの魂・小塚崇彦」―表現者としての序章
Comment
ほろ苦い経歴が幾つも出てくるパティの若い頃、そして現在。
常に共通しているのは自分に刺激を与えてくれる人との共生。
個性的な人が周囲にいる環境だったんだなぁ〜と思います、ま、時代かも。
ブログ紹介ありがとうございます♪
注目すべき人々との出会いがありそうです。また誰かアーティストのアルバムレヴューをトラバするかと思いますので、今後ともよろしくお願いします。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/217-1f015e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Janis Joplin - Janis (1974)  ジャニス・ジョプリンがメジャーで知られる活動をしてたのって1967年から1970年までしかなかったんだなと。ジミヘンも同じくらいだけど、どちらも山のように...
  • posted by ロック好きの行き着く先は…
  • 2011/11/19 09:18
  • PageTop↑
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR