プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/11/14 17:49 yuccalina

NHK杯―やっぱスポーツ番組はNHKに限るね

まずはNHKさんにお礼を言いたいです。一部地上波でのカットに文句も言ったけど、これだけ一杯放送してくれてありがとうございました。

しかし、そのお蔭で、録画したままだったアイスダンスとペア、エキシビションを見てから、また男女シングルをリピートしたりして、フィギュアスケートモードから中々抜け出せないです。普段見てるお笑い番組から遠ざかってる私ですが、高橋大輔選手のキスクラを見ながら、「熟女芸人(アメトーーク)が長光歌子コーチを見逃してたら、節穴だよな」と、お笑い的エレメンツ?が頭をよぎっております。ミニスカにブーツがいつもお似合いなんですよねー。わが家ではよく、ダンナと2人で「キスクラの絵」(コーチのルックスやファッション等)に加点つけたりしております。

アイスダンス優勝のシブタニ兄妹、フリーでも細やかで美しく正確なステップと、楽しく爽やかな雰囲気の演技でした。日本代表のリード姉弟は、万全の体調でなかったそうですが、フリーのインド舞踊風ダンスは、ヒンディ映画好きの私には勿論ツボですよ。特にキャシーお姉さん、凄く似合ってますが、インド風でいくなら男性にも是非アイライン引いておいて欲しいです。指先だけでなく目線使った演技に映えると思うんですが。

アイスダンスもペアも、NHK杯以前の大会は殆ど見てなかった状態で、昨日の記事「フィギュアでコンテンポラリーっぽいのが見たい!」と書いたばかりですが、3位のサフチェンコ・ゾルコビー組のフリーを見てガーン最初の女性が斜めに傾いたポーズからして「ややっ?」と思い、音楽は映画「ピナ」より、で「おおー!」となりました。このヴェンダース作品の存在すら知らんかった私ですが、主人公のピナ・バウシュの踊りはNHK教育で何回か見た事あります。で、そのペアの演技、随所にコンテっぽい要素入ってましたが、ミス連発でかなり消化不良な内容だったので、是非ファイナルでもう一度見たいです。テレビ朝日さん、ちゃんと放送してくださいよね。

エキシビションは北海道Tシャツ姿のロス・マイナー選手がスプリングスティーンを滑ったり、高橋・トラン組「愛のサバイバー」では、弾けまくる成美ちゃんが超キュートで良かったです。小塚崇彦選手の「チェロ・ソング」は、見る度に良くなってる気がします。そしてここでもやっぱ高橋大輔選手が主役。「クライシス」は清らかで優しくて、終わった後の余韻を楽しみたくなります。今シーズンの3つのプログラムは、其々全く違う雰囲気で、全部良くて、ホントこんなプロが見られるなんて、世界選手権で靴壊れたのは、フィギュアの神様の悪戯じゃなかろーか、と思ってしまいます。

フィギュアスケートの神様どーもありがとー

私は技術的な細かいとこはイマイチ分かってないのだが、ショートとフリーをリピしてたら、先シーズン途中から取り入れてるドーナツスピンが、明らかに綺麗になってるし、体のしなやかさがアップした感じがします。そしてジャンプが軽くて軸が細いですよね。昨季よりかなり体が絞れてて、体が軽いからかと思ってましたが、今しがた、夕刊読んでたら「バレエを習い始めた」とありました。えー?逆に今まで習ってなくてあの腕や指先?と驚いてしまいましたが、これはもしや、肉体的にもまだ伸びしろがあるって事かもしれないです。バレエは軸を安定させますし、勿論、柔軟性もアップします。40過ぎで始めた私でさえ、効果ありましたからね。高橋選手、ホントどこまで行っちゃうのか、怖いくらいですよー。

次はフランス大会ですね。トゥクタミシェワ選手の連続優勝はあるんでしょうか。そしてやっぱ、フランスといえばジュベール選手が楽しみでございます。

<追記>11月22日付
あれから、2週間近く日が経ってしまいましたが、ブログでサフチェンコ・ゾルコビー組の「ピナ」に関する記事を書いている方がいましたので、トラックバックさせて頂きます。こちらからインタビュー記事にリンクできます。
サフチェンコ・ゾルコビー組のインタビュー 「ラブリー脳でハッピーライフ」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

「アスリートの魂・小塚崇彦」―表現者としての序章 | ホーム | NHK杯 女子&男子フリー感想
Comment
ゆっかりーな様、こんにちは、みかんです。トラバ、ありがとうございます。弾けまくりの成美ちゃんぐらい、タカちゃんにも弾けて欲しい今日この頃です(笑)ただ、こればっかりは天性のものなんで(苦笑)大ちゃんはすごく良くなりましたよね。ジャンプもスピンも。去年までは、ジャンプ失敗してもスピンはドジるな!とハラハラしてみてましたが(笑)今年はやや安心してみられます。
「ピナ」があまり話題になってないのは残念ですが、みかんさんが記事にされてたので、嬉しくなってトラバさせて頂きました。コメントありがとうございます。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/216-3d7a61ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR