プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/10/31 13:54 yuccalina

スケートカナダ終了―ブルーズの謎が解けて、ちょっとスッキリ

大興奮のショートプログラムから一夜明け、フリーではジャンプがもう一つ決まらなかった高橋大輔選手。取り敢えず表彰台確保出来たのは良かったけど、Pチャン選手のミョーな赤ライン入りパンツは、「アランフェス」のイメージとズレてないか?ミスがあってもやっぱりフリーも点沢山貰えて良かったわね。と、ちょっとばかりイヤミも言わせてもらいます。あと男子では、あんま話題になってないけど、5位のデニス・テン選手が良かったです。18才にしては、中々雰囲気ある好きなタイプです。

<画像はエキシビション「Crisis」の演技より>
takahashiex.jpg

ジャパンオープンの記事(こちら)でも書いたけど、「Blues for Klook」に関しては「ブルースの曲」と呼ばれるのにかなり抵抗があった私だが、最近やっと謎が解けた。まー、どーでもいい話なんだけど、社交ダンス~アイスダンスの世界におけるブルースと、私がロックのルーツミュージックとして慣れ親しんできたリズム&ブルーズ(R&B)は別物、ってことだ。社交ダンスやアイスダンスの世界では、ブルースナンバーはどれもジャズのようであり、昭和のムード歌謡のようである。実は気になって社交ダンスの動画までチェックしてしまったんだが、「Singin' In The Rain」で踊ってるのがあったりして、かなりズッこけました。そして、色っぽい振り付けが多いみたいです。手で顔や体をなぞるとか、オーソドックスなのかもしれない。ブルーズと聞いて勝手にMuddy WatersやらRobert Johnsonやら、Professor Longhairを思い浮かべてた私の間違いだったよ。つー訳で「どこがブルーズや?」の暴言は取り消させて頂きます。実況アナや解説の方々が「ブルースというジャンルに挑戦」と、何の抵抗もなく言い切れる土壌があるのを、私が知らなかっただけですから。ついでながら、私がイメージしてたブルーズを振り付ける人がいたら、それはカメレンゴさんでなく佐藤有香さんかもしれない。ジミ・ヘンやソウルメドレーやってたし。するってえと滑ってくれるのは小塚崇彦選手かな。

Muddy Waters, Robert Johnsonよりも一般的な存在、という事で60年代ローリング・ストーンズのブルーズ・ロックです。カッコエー、ミック若い!


こちらはBluesの動画探してたら偶々見つかったもの。Professor Longhairの名曲Big Chiefをバックに、人が飛びまくってる。ニューオーリンズスタイルは変則系だが、この映像みてたら、なんかフィギュアの演技が思い浮かんでしまったー。ヒップホップ使うよりも凄いのが出来そう、と勝手に妄想族な私。



ロック好きの私的ヨタ話を長々と失礼しやした。気を取り直して高橋選手について。ジャパンオープンに比べたら、良かったのかもしれないが、やはりジャンプが決まらなかったのがね。解説の田村さんが言うように「まだ、膝の感覚が戻ってない」のかもしれないけど、点を取るべき技術面に集中するには、やはり曲が難し過ぎるんじゃあないかしら。まあ、こういう選曲へのこだわりがまた、高橋選手がアーティストと呼ばれる由縁だし、挑戦者としての貪欲さが感じられて、嬉しくもあるんだが。「芸術家の本能として、常に苦難を求めるところがある」と言ったのは、先日今季限りの引退を表明した、ボリショイバレエ団のソリスト岩田守弘さんだった。そんな常に自分を高めようという姿勢が高橋選手にもあるからこそ、私たちは彼の挑戦を見届けたい!と思うのよね。なんか取りとめのない話ですみません。

ところで、女子は鈴木明子選手がSP4位から巻き返しての銀メダルでした。そしてトゥクタムシェワ選手が初参戦で初優勝!素晴らしかったです。益々彼女が好きになっちゃいました。片手を上げたダブルアクセルの、何と美しいこと!軸がしっかりしてるから、全くブレを感じない。ショートは黒の新しい衣装で、お化粧もちょっと大人っぽく濃い目でした。60点超えても良かったんじゃないか、と思ったけどPCSはこれから伸びるでしょうねえ。次がまたホントーに楽しみです。

スケートカナダ感想 フリー高橋大輔 夕焼けブログ+2
スケートカナダ感想 総括「ペアってイイね。いやマジで。」 夕焼けブログ+2

夕焼けさんのブログで、またまたブルーズ談義しちゃいました。ってほどの内容でもないか。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トゥクタミシェワ R&B

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ヨガにも使えるゴムボール ― 忙しい主婦の「ながらエクササイズ」にも便利 | ホーム | スケート・カナダー高橋大輔SP
Comment
どうも~

トラバありがとうございます~

新しい総括、総括?って程の内容ではないんですが、そちらにもトラバどうぞ~

Big Chiefの忍者達は何ていうんでしたっけ?
リュック・ベンソンが映画にしてましたよ。10~15年前ぐらいだったかなぁ~
リュック・ベッソン映画に出てたNinjaはYamakashiでしたっけ?
本とはProfessor Longhair自身が動いてる絵を探してたんですけど、見つからなくて選んだものの、曲とのマッチングは中々気に入ってます。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/203-3cbba46e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR