プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/10/22 08:05 yuccalina

ルミネですべってる今田耕司を見たどー!

いきなりルミネとは関係ない話だけど、1週間ほど前、フジの深夜番組で、The Manzai 2011認定漫才師50組のネタ見せをやっていたが、何とハマカーンが欠席!どーしたってのよ?何、ツッコミの神田(うのちゃんの弟ね)が膝の前十字靭帯を手術の為となっ?ちょっとお、バレエの熊川哲也さんや高橋大輔くんと一緒ってどゆことー?体を張った仕事してる印象が全くないが、神田家のお坊っちゃまだから、バレエをたしなむのか?等々、悶々としながらThe Manzai 2011公式サイトを開いたら、サーキット第1回の東京大会で、ハマカーンが見事1位の結果。嬉しいワーイ\(^o^)/結構前の収録だったのね、とホッとしたわ。さっそくブログ村でハマカーンを検索してみたのだが、あんま話題にされてないのよね。チェー!な訳で、ちょっくら書かせていただきやした。とにかくこれで、年末に浜谷の「下衆極み」が見られる確率は、グーンとアップした。私はホントーにあのセリフが大好きなんだー。時代劇チックな言い回しに、秘められたパワーを感じる。マルコムXの「by any means necessary」にも匹敵するよーな、って違うか!(ものいい)全然違いましたね、ハイ。兎に角、10年先、20年先でも続けていけそうな型が出来上がってる、様式美を感じるんざんすよ。

とかいうミョーなテンションで、昨日またもや行ってきましたルミネ・ザ・ヨシモト。今回のお目当ては、ネタじゃなくてズバリ新喜劇ですわ。座長が今田耕司ですわな。出演はサバンナに山田花子、若手がジャングルポケットにLLRって、結構な当り日じゃない?今ちゃんはあんだけテレビで新喜劇の伝統芸を語ってたんですから、後輩へアドリブ振ってガンガン鍛えてるとこが見たいっすのう。

<カフェみたいな手書きの看板が好きだったのに、、写真だけじゃあ味気ない>
lumine3.jpg

以前よりネタの出演者が減り、漫才と落語だけになっていた。セットや道具に金のかかるコントや、ダンス系のネタが無くなったんは、やはり経費削減なんだろうか。品川プリンスも閉館するらしいし、ちょっと寂しいです。ネタでトリを務めたダイノジは、やっぱり一番面白かった。貫禄が着いてきたね。「北野演芸館」でやってたのとは別のネタで、こっちの方が良かったです。彼等もThe Manzai 2011、勝ち残ると良いけどー。芸歴が近くても品川庄司(ダイノジの2年後輩)なんかと比べて、モチベーションの差が出てた気がするわ。やっと旬を迎えてやる気がヒシヒシと伝わってきたよ。

さて、新喜劇はというと、面白くてあっという間だった。ニブンノゴ宮地が書いた、田舎警察・花月署の珍騒動。今田・高橋のオトボケポリスは息もピッタリだったけど、アドリブ事故も多発でした。高橋が「あいうえお作文」で自爆したり、今ちゃん本人も後半でKARAの話を始めたら、纏まりつかなくなって「自分でも何言うてるかわからんかった」だったりして、、。彼はテレビでも少女時代の話を熱く語ってたりしてるけど、平日の昼の部ではキツいかもね。客の年齢層高いから、着いて来れない人が多かったかもしれない。でも、こういった事故が見られるのも、舞台が生き物って証拠な訳で、まあ良しとしよう。滑ってる今田耕司は、中々テレビでは見れへんもの。そんな中、一際異彩を放ってたのは、ジャングルポケットの斉藤。目のギラギラ感と声のデカさだけでも中々の存在感だ。去り際に一言「楽じゃないよ!」という自分のネタも、しっかり入れてたし、ジャンポケのネタもまた見たくなりました。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ハマカーン

テーマ:吉本新喜劇 - ジャンル:お笑い

会場のお寒い客入り状況に凍りついたスケートアメリカ | ホーム | 「スパムのポテトサラダ・粒マスタード仕立て」~煮るなり焼くなり好きにしてみた
Comment
おじゃまいたします。
思い出して思わず笑っちゃいました。
「楽じゃないよ!」ていうの。
ジャングルポケット斉藤さん、いいですよね。
別にお話あわせているわけではなくて、
ずっとまえからジャングルポケット好きなんですよ。
ダイノジの「北野演芸館」でやってたのとは別のネタ、
てどんなかな?!てのも、すっごく気になりました☆
あれよりさらにイケてるなんて、
ダイノジやっぱり期待がもてますね?
> ダイノジの「北野演芸館」でやってたのとは別のネタ、
> てどんなかな?!

あのアメリカの通販ネタよりは、かなり取っ付きやすい「父と息子」という、誰にでも分かりやすいやつでした。いわゆるベタなんでしょうけど、実はベタな王道ネタこそ実力が出るつーか、芸人の味が分かりやすいのかもしれないです。塩だけでお召し上がりください、みたいな?


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/195-6f3397ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR