プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/10/15 15:41 yuccalina

不眠症と漢方

ここ数日、トモちんの寝付きが悪い。食欲も低下気味で排泄も今一つスッキリしていない模様。原因は思い当たる。特別支援学校の文化祭が近付いてきたからだ。小・中・高と3つの学部合同での大掛かりな行事であるため、校内でのワサワサした雰囲気が、トモちんは苦手なのだ。こんな時「トモちんは何てエライ子なんだ」といつも思う。イヤな事があって口に出したり、八つ当たりするのが、子供の特権なのに、我慢した分が食欲や睡眠にきちゃうなんてさ。「何かやな感じがあるのね」「我慢してるのね」と声をかけて上げるしか、私に出来る事はない。そして、そこでトモちんが泣き出してくれたら、それで少しはスッキリするようだが。

似たような状態は今年既に2回あった。最初は3月11日の震災後からで、不安定なまま新学期に入り、何とか落ち着いたのが、5月頃。そして次は夏休み明けだったが、こちらは流石に4、5日で収まった。今回も文化祭が終れば、大丈夫だろう。ストレスに対しても、徐々に耐性が出来つつあるのを感じる。

睡眠の不安定については、乳幼児の頃から度々あって、何度か発達外来で相談した事があるが、先生の答えはいつも「眠れない原因が分かっているのなら大丈夫だし、長時間連続で眠れているなら睡眠障害ではない」だった。安定してる時のトモちんの睡眠時間は大体7、8時間。不安定な時でも4、5時間は眠れるので、「薬は使わない方が良い」とも言われた。

それでも、快眠の為に日頃家で何か出来ないか、と色々参考にしている本があるので紹介したい。「家庭でできる漢方④不眠症」。これは、持病で漢方治療を受けている友人から、貰ったものだ。

<“家庭でできる漢方”シリーズは、その他に「冷え症」や「花粉症」対策の本も出てます>
家庭でできる漢方〈4〉不眠症―原因・タイプ別 眠れるからだに体質改善! (健康双書)家庭でできる漢方〈4〉不眠症―原因・タイプ別 眠れるからだに体質改善! (健康双書)
(2008/09)
仙頭 正四郎、羽根 善弘 他

商品詳細を見る


不眠は体と頭の陰陽バランスの乱れからくるものとして、不眠タイプを4種類、熱、乾、冷、水、に分けて其々のタイプ別に食事、ツボ押し、気功体操、アロマテラピー等の方法が載っている。全ては「眠りやすい体をつくる方法」であり、睡眠導入剤の様に即眠りに結び付くわけではない。しかし、生活習慣の見直しにもなるし、一読の価値は十分あると思う。特に食事に関しては、自分の体に合った食品を知っておくと、不眠対策以外でも良いことがあるんじゃないだろうか。ちなみに、タイプ診断チャートは、トモちん本人が出来ないので、私の判断になってしまうが、手足が冷えやすく、体型も私と似ている為、「冷タイプ」と思われる。体を冷す食品を控えて、温める物を取る、というのはアーユルヴェーダでの体質タイプ(ヴァータ)の食事法とも共通するので、再確認にもなった。

ところで、西洋医学にしろ、漢方やアーユルヴェーダ、その他のどんな療法であっても、基本的に「疑いながらやっていたら効果が表れない」のは医学的に証明されているそうだ。アンドリュー・ワイル博士の本にも出ていたが、「プラシーボ効果」と言い、「効くぞー」というポジティヴな気持ちが、体に備わった自然治癒力をアップするらしい。だから、私はトモちんにハーブのサプリ(ウムカ等)やハーブティーを飲ませる時は必ず、「〇〇に良いんだよ」とか「△△が楽になるよ」等と声をかけてから与える事にしております。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 自閉症 発達障害 ハーブ

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

「魔女っ子リーザ」―エリザヴェータ・タクタミシェワ選手のお話 | ホーム | セルゲイ・パラジャーノフ「ざくろの色」―アルメニアのエキゾチックな美に浸る
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/190-16d6861a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR