プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/09/04 08:30 yuccalina

選曲から攻める!高橋大輔の新プログラム in 「フレンズ・オン・アイス」

話題はお笑いから、飛んで飛んで、回って回って回って回わるーー4回転フリップー!と言うわけで、フィギュアスケートの話。高橋大ちゃんの新プログラム見たよー。(「フレンズ・オン・アイス」日本テレビ午前10時半~)

番組は大ちゃんの昨シーズンの話から、荒川静香さんの被災地への支援活動等々を絡めた、見応えのある内容だったけど、私の話は大ちゃんの新プログラムに絞ります。

曲はVasというアメリカのオルタナティヴ系?バンドのアルバム「In the Garden of Souls」から。攻めるねー!って最初に聴いた時点では、このアーティストを知らなかった私だが、パーカッションからして、インド~中近東のバンドかと思った。そこで、Wikipedia(英語版)で調べたところ、本拠地はアメリカだが、インド育ちでアメリカに移住したイラン人女性ヴォーカリスト、Azam Aliと、アメリカ人パーカッション&キーボード奏者、Gregg Ellisの2人組で、Azamは打弦楽器ハンマー・ダルシマー等も担当。そして、2000年発表のアルバム「In the Garden of Souls」には、もう一人Cameron Stoneがチェロで加わっている。1996年結成、2004年解散。

さて、これらの基本情報では、まだピンとこなかった私でも、「オーストラリア出身のバンド、Dead Can Danceとよく比較される」の一文を読んだら、一気に距離が縮まった。もしや、私の得意分野?なるほどー、知ってますともー、Dead Can Danceつーたら、80年代イギリスのインディーズシーンを牽引したレーベル、4ADの看板バンドの1つでしたわ。BauhausやCocteau Twinsなんかも、よー聞いてましたがなー。あー、確かに80年代には、民族音楽的アプローチのロックアーティスト、結構いたかもー。って話を始めると長くなりそうなので、やめとこ。でまー、VasがDead Can Danceの系統を受け継ぐアーティストと分かったとこで、次行こか。

Vasのエキゾチックなサウンドに乗った大ちゃんの新プログラム、まずは見た目の話から。髪が短いのが矢鱈と新鮮じゃ!昨シーズンより、更に大人な感じがアップしたぞ。衣装もシンプルに黒一色だが、勿論キラキラスパンコールは忘れていない。衣装は多分複数用意してるとは思うけど、曲との相性も考えて、あまりハデハデにはしないかもね。

エレメンツに関しては、ドシロウトな私は、あまり言及しないが、ショーでは3ー3だった冒頭のコンボ(連続ジャンプ)も、試合では4ー3にするらしい。攻めるねー。昨シーズン途中から、プログラムに入れ始めたドーナッツスピンも、続行する模様。ちょっぴりこなれてきた感があった。


と、技術的にも攻める大ちゃんだが、私的には、表現面を更に広げたい、という意欲を強く感じるのだわ。昨シーズンのSPは、曲(マンボメドレー)も振付けも派手でかなり盛り沢山の内容だったから、アピールしやすかった気がするけど、今回は真逆な感じで、難しそうなんだもん。表現面での更なる挑戦。民族音楽系を使ったプログラムと言えば、以前記事(こちら)に取り上げた、アイスダンスのデイヴィス&ホワイトのインド物があるが、彼等の民族舞踊のメソッドをまんま取り入れたものとは、全く違ったものになりそう。大ちゃん独自のボーダーレスな世界が待ち受けている気がして、今からワクワクなんだわー。

こちらはファンの方が作ったイメージ動画で曲は「Ceremony of Passage」。パーカッションとシンクロしてます。


Vasとは直接関係ないけど、Dead Can Danceの曲(音のみ)もどうぞ。因にヴォーカルのLisa Gerrardは「龍馬伝」のテーマ曲歌ってた女性です。



まだVasの曲は、数曲聴いてみただけだが、ヴォーカルに関しては、AzamはLisa程シャーマンちっくではなくて、正統派なインド~イスラム圏のコブシを感じるんだわ。インドで撮影したらしい、プロモーションビデオ発見したので、最後に貼っておきます。Azamの動きもインド舞踊ちっくで素敵ですわ。

大ちゃんの動画が削除されてたので、ファンの方が作ったイメージ動画と差し換えました。タブラを前面にフィーチャーした曲で、これも中々格好エエですねー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ホルヘ・ルイス・ボルヘス「悪党列伝」ー吉良上野介のお陰さん | ホーム | アメトーク―売れっ子の気配を消す博多大吉と『ええ声芸人』
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/151-4e2ceff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR