FC2ブログ
プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(16才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2019/07/12 09:01 yuccalina

シド・バレットは不思議王子~その(7)ダニエル・タメットを読んで分かったこと

本当にひっさしぶりぶり、ブリ大根(^^;)に、シド・バレットの話書きます。

このシリーズ、拙ブログの常連さんであったpipco1980さんが、昨年他界されて以来、もう更新するつもりなかったんですが、、。

今月7日はシドの命日ってこともあり、書いてみることにしました。

既に昨年の話ですが、自閉症(アスペルガー症候群)で、サヴァン症候群で、共感覚の持ち主、ダニエル・タメット氏の本を読んだ時、世も世ならシド・バレットの脳もスキャンして脳科学研究に生かせたのではなかろうか?

なんて、思う事がありました。『天才が語る』(原題Embracing The Wide Sky)については、インスタで少し書いてた(下記画像をクリックすると記事に飛びます)のですが、読みながらシドの事を思い浮かべてたのは、言うまでもございません。彼もアスペで共感覚と言われて(妹の談話)た訳ですから。

彼の青春時代に丁度サイケデリックブームで到来、自己改革の手段としてドラッグで実験してた知識人を追う様に、彼もお薬に手を出したのでしょうから、自分を知る為なら喜んで脳科学の実験に協力してたのではないかしらと。





下の画像はジェームス・ブラウンを絡めておりまするが、シドに当てはまる内容でもあります。

で、脳科学的に音楽がもたらす快感についてなんですが、

私達は音楽を聴いてる時、ある程度次の展開を予測していて、予測どおりに展開すると脳は活気づくが、予想が裏切られた時は、もっと興奮するように出来てるらしいです。音楽やダンスでインプロヴィゼーションが人を熱狂させるのは、科学的にも証明されてるってことなんでしょうね。そういえばお笑いでも、台本通りっぽいのより、ちょっとハプニングあった方が、絶対面白いですもんね。

そんで、タメット氏は自閉症者の独創性について、

・規則に従って結果にたどり着くのではなく、むしろその規則を曲げたり壊したりする事で、独創性は手に入れられる。
・関連性がないように見える物や発想を繋げるという能力が、自閉症的な発想と並外れた独創性の核心にあるように思える。


と書かれております。

つー訳で、最後にInterstella Overdriveをお楽しみください。今年の七夕は星見えんかったけど、、。



シド・バレットを巡る旅、ぼちぼち再開しようかな。

いつかその(8)へ続く
関連記事
スポンサーサイト

タグ: シド・バレット サイケデリック 自閉症 発達障害

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

投稿欄のミョ~な見出しについて | ホーム | 最近の刺繍作品
Comment
こんにちは。
タメット氏の本、どこを読んでも興味深いですよね。
最近昔のSF を読んだりするのですが、2019年がブレードランナーの時代だったように、数十年昔の想像が今のテクノロジーに繋がっている感覚はあるんですね。
でもガーンズバックのSFを読んだりすると、スティーブ・ジョブズが如何に想像を超えた動作をコンピュータに付加したかを思い知らされます。規則を曲げたり壊したりしながら創造的、独創的なものを作り上げる能力は、タメットの生きる世界にごく近いのではと改めて思いました。
ありがとうございます。
元々この本はmikaidou様のブログで知って、興味持ったのでした。
音楽だけでなく、様々な芸術活動をしてる方々にも、思い当たる節がありそうな気がします。
人の想像の世界は実際、かなり現実化してきたんですものね。飛行機だって人類の歴史からしたらかなり最近なものですし。
AIに聞けば何でも答えてくれるとか、昔見た映画『未来世紀ブラジル』に、近いものある気がしています。





Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1502-ef43f14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR