FC2ブログ
プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(16才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2019/02/15 08:19 yuccalina

坂本慎太郎と、ゆらゆら帝国と、失われた20年?を求めて~その5

坂本慎太郎及び、ゆらゆら帝国のCDは、シングルを除いてほぼ揃いましたが、やっぱり初期(メジャー2枚目)の『ミーのカー』が一番好きかな~、と思っております。ラストの『空洞です』なんかは、音作りへの拘りと洗練を感じますが、初期のまだ粗削りで若々しい感じが何か好き。多分、

「こーゆー音楽に影響されました」

を正々堂々と出してる感じが清々しいのかもしらん。

これはもうヴェルヴェットですよね?な、『ボーンズ』とか、



ジミヘンに地味に変身しました的『午前2時のファズギター』



妖怪好き、水木しげる愛が歌詞に溢れる『19か20』も、何気にジミヘンっぽいよね?



さてサイケデリックロック全開のこのアルバムで、私が一番ハマったのは『悪魔がぼくを』『太陽のうそつき』とたたみ掛けてくるとこ。





あーーーくまがぼくをで、何故だか浮んできたんは、沢田研二のカサブランカダンディ、太陽のうそつきとか、タイトルがグループサウンズっぽいし、『太陽に吠えろ』のギターも頭を過ぎるのは、やっぱ60~70年代のGSや歌謡曲が、サイケデリックロックの影響受けてるからかも知らん。『太陽のうそつき』のイントロは、テレヴィジョンのマーキームーンっぽかったりもするのだが。どっかで色々と繋がってるんでしょうなあ。

とか、思いつつ楽しんでおりますです。(続く)
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ゆらゆら帝国 坂本慎太郎

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

坂本慎太郎と、ゆらゆら帝国と、失われた20年?を求めて~その6 | ホーム | トム・ブラウンの漫才は音ミックス芸?
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1497-2284c41b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR