FC2ブログ
プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(16才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/02/09 19:32 yuccalina

ブロ友pipco1980さん逝去に寄せて

2018年最初の投稿は、残念ながら悲しいお話しとなってしまいました。

拙ブログのリンク欄の一番下『ボチボチと生きてくよ!秋田編』のpipco1980さんがお亡くなりになったと知りました。ずっと闘病されてて、昨年末からかなり体調が悪化していた様ですので、全く予感してなかった訳ではないのですが。

コメント欄に哀悼の意を載せるべきか迷ったのですが、やはり少し書いておきたくなりました。

私は父が秋田出身というのもありましたが、彼とブログ上でのやり取りで盛り上がったのは、やはり共通のアーティストへの似たような思い入れでありましょう。その最たるが、

シド・バレット好きの
ロジャー・ウォーターズ嫌い

でしょうかね( ´艸`)私はシド・バレットについての記事を結構書いてましたが、いつも彼からのコメントを楽しみにしていたものでした。

昨今のSNSを始めとしたネット上の付き合い、と言うのは顔が見えないので余り気持ちが良いものでない、と感じる人もいるのかもしれませんが、私は余り気にしない方でした。昔は音楽雑誌に

〇〇のファンの方と文通希望

とか、平気で名前と住所を載せてた時代があったもので、それは〇〇のファンだったら、と言うのにある程度の信頼性があったからだと思うのです。私は実際18~20歳の間に、

「トム・ヴァーレインのファンです」

と某雑誌に載せて、何人かお友達になりました。その内の一人R子ちゃんとは何度か会って、今もメールのやりとりをしています。

と話が逸れてしまいましたが、pipco1980さんとシド・バレットやジュリアン・コープの話をする時の、

「それ、分かるわ~」

な感じは、正に音楽の力なのではないかと思います。全く関わりのない、違った人生を歩んできたにも関わらずの共感。それはやっぱり音楽の中にアーティストの人間性とか、人生観とかが滲み出ていて、それを共有してる感覚があるってことなのでしょうね。

そんな訳で、会ったことがない人でなくても、確かにハッキリと喪失感があるのです。最後に、pipco1980さんの旅立ちに当たり、シド・バレットの動画を貼って閉じたいと思います。



ご冥福をお祈りいたします(合掌)

最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(__)m
関連記事
スポンサーサイト

タグ: シド・バレット

初イベントのお知らせ | ホーム | 脚本家の友人から
Comment
Pさんにはまだまだ書いていただきたいことが山のように
あったのに、大変残念です。
僕の場合は、教えて頂くことばかりで・・・
SNSのお付き合いだけで、こんなに喪失感があったとは、
我ながらビックリでした。

そうそう昔?は文通希望欄に住所記載って普通でしたよね。
ただSNS上にはやっぱりあまり正体をばらしたくないって
いうのが素直な感情です・・・(^_^;)
> Pさんにはまだまだ書いていただきたいことが山のように
> あったのに、大変残念です。
> 僕の場合は、教えて頂くことばかりで・・・
> SNSのお付き合いだけで、こんなに喪失感があったとは、
> 我ながらビックリでした。

そうですね。私もすっかりブログの更新が少なくなって、まめに訪問履歴を残されてたPさんに申し訳なかった。数年前はシド・バレットの記事を書く時は、いつもどんなコメント頂けるか楽しみにしていたものです。Pさんはミュージシャンでありながらも、体育会系社会を経験されてて、経験談を読むのも楽しかったです。ただ、過去のことをあれだけ事細かに覚えているという、繊細な性格であったからこそ、胃腸を悪くされたんだなあとも思いました。昨年後半から、お母さまの認知症を心配する話もありましたし、ご自身が死に向かいつつあるのを意識しつつも尚、気にかけてたのだなあと

> そうそう昔?は文通希望欄に住所記載って普通でしたよね。
> ただSNS上にはやっぱりあまり正体をばらしたくないって
> いうのが素直な感情です・・・(^_^;)
なんか途中で送信されてしまいました(^^;)

> そうそう昔?は文通希望欄に住所記載って普通でしたよね。
> ただSNS上にはやっぱりあまり正体をばらしたくないって
> いうのが素直な感情です・・・(^_^;)

音楽雑誌って、私の場合ロッキングオンとクロスビートでしたけど、そこにたどり着く人間は限られていたので、余り心配することなかったんだと思いますね。ほんのちょっとしたワード検索だけでヒットされてしまうSNSは、やっぱり怖いです。なのでFacebookはどうしてもやる気がしません。
ユッカリーナさん、久しぶりにブログを読ませていただきました。

pipco1980さんのことはコメント欄で目にするだけでしたが、同じ好みを重ねられる方でしたので、この欄で名前が連なるときも嬉しく感じていました。

皆さんさまざまな背景があっても、ユッカリーナさんのブログ記事で心を通わせていただけること。この機会にまた感謝しています。

これからはシドを聴くときには今回のこともおもうことがあるかもしれない。

遅ればせながらご冥福をお祈りさせていただきます。





まユタンぽさん、お久しぶりです。

Pさんは亡くなった少し前まで、マメに訪問履歴が残っていたので、もしや私の音楽投稿を待ってたのかも?と後になって思いました。

シドを始め、同じような音楽に親しんできた人が余り多くないであろうアーティストの話だと、尚更親近感がわいてしまったものです。やっぱり聴いてた歌謡曲とか、見てたドラマの話をするのとは、訳が違うというか。そこに行きつくまでの紆余曲折が、それぞれにあったことを想像すると、多分そこの部分で親しみを感じちゃったんでしょうね。

コメントありがとうございましたm(__)m
ユッカリーナさん

久しぶりにコメントさせていただきます。

驚きました!!

pipco1980さんがお亡くなりになったとは。

ショックです。

お若い頃、無理しすぎたのでしょうね。

短い間でしたが、ブログを通じて、そう思いました。

自分よりお若い方が亡くなるのはつらいです。
一度もお会いしたこともないのに、この喪失感。

年のせいか、最近は芸能人の死亡のお知らせを
見ただけでも、心に重しがのしかかる気持ちです。

pipco1980さんにはロックについてたくさんのことを
教わりました。

何を書いてよいかわかりませんが、
ただただご冥福をお祈りするしかありません。

とにかくユッカリーナさんの情報をありがたく
感じています。

ヨガのご指導も頑張ってください。
私は自彊術体操とスポーツ吹き矢に精をだしています。

いずれも呼吸法が基本です。

pipco1980さんにも実践していただきたかったです。

ありがとうございました。



ミキタカ08さん、お久しぶりです!コメントありがとうございます。ブログを再開されてから、ちょこちょこ覗きに行っておりましたが、お元気そうで何よりです。

> pipco1980さんがお亡くなりになったとは。
>
> ショックです。
>
> お若い頃、無理しすぎたのでしょうね。
>
> 短い間でしたが、ブログを通じて、そう思いました。
>
> 自分よりお若い方が亡くなるのはつらいです。
> 一度もお会いしたこともないのに、この喪失感。
>
> 年のせいか、最近は芸能人の死亡のお知らせを
> 見ただけでも、心に重しがのしかかる気持ちです。
>
> pipco1980さんにはロックについてたくさんのことを
> 教わりました。
>
> 何を書いてよいかわかりませんが、
> ただただご冥福をお祈りするしかありません。
>
> とにかくユッカリーナさんの情報をありがたく
> 感じています。
>
> ヨガのご指導も頑張ってください。
> 私は自彊術体操とスポーツ吹き矢に精をだしています。
>
> いずれも呼吸法が基本です。
>
> pipco1980さんにも実践していただきたかったです。
>
> ありがとうございました。


私はここ数年、ブログの更新もかなりゆっくりのペースでしたので、Pさんが亡くなったのは、結構後で知ったのです。

去年からずっと体調が悪そうでしたが、ギリギリまで書き続け、最後はお友達に後始末を託されたので、彼にとっては書くこと=生きることだったのかもしれません。

でも私は、当時それほどシリアスに考えて、彼の文章を読んでいたのかどうか。決して会うことのなかった知人ではありますが、彼から貰ったコメントの数々にその人柄が偲ばれます。胸に刻んで於きたいお言葉を、沢山受け取りました。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1484-3a381b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。