プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/05/04 15:17 yuccalina

再びの、、、『父のワルツ』

新学期が始まって1ヶ月ですが、まだペースがつかめておりません。

PTAの仕事、私は別に大したこと何もしてないにも関わらず、分けわからなくて、ドッと疲れています。20年も事務仕事から遠ざかってるので、全てにおいて勝手が分からないと。これまで、学校の息子に関する書類、市役所福祉関係、デイサービス2カ所、の書類整理だけでアップアップしてたとこに、もう一つ増えたからねえ。

で、つい現実逃避したくて、書類の山を背に、ギターを弾いたりしてまう私は、

宿題の山から目をそらしてマンガ読んでた子供時代と、やってることは殆ど同じだす(^^;)

先日、姉と久しぶりに会ったら、父の手術の話聞いてちょっと落ち込んでしまった。特に生死に関わる病気ではないから、と言うけれど、

「ゆかりに心配かけたくないから、黙っててと言われてた」というのがかなりショックであった。

その夜、実家に電話して、

「そんなに気を遣われるほど、大変な生活してないし、言ってくれなかった方がショックだよ」

と言いながら、泣いてしまった。まあ、そもそも更年期のせいもあって、情緒不安定になりがちなんだけど、病気の時でさえ、親にそんな気を遣わせてしまう自分が、チョー親不孝に思えて、悲しくなっちゃったのかもしれん。

いや、そもそも私はずっと親不孝なことしてきた訳で、今更孝行娘のつもりだったんか~~い!と自らツッコミを入れることで、何とか気持ちを収めたのでした。

そんな訳で?鈴木常吉さんの『父のワルツ』です。



この出前コンサートから早4年かあ、、。と感慨に浸りつつ、最近はこの曲をギターで弾き語りなぞしています。インスタグラムに動画(ここには貼れません)

インスタ動画のリンク

もあるので、もの好きなお方は聴いてみてください。

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 鈴木常吉

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

ハンドメイド関係Instagramまとめ | ホーム | ハンドメイド関連Instagramまとめ
Comment
子供にちっとも尊敬されない事を悩む自分ですけど、
自分も父親を尊敬してたかどうかはとても微妙で、
そう考えれば、おあいこじゃん!?....て、
妙なとこで溜飲を下げたりする、阿呆丸出しな自分。

自分も父親も、この唄の「父親像」とは随分違うけど、
自分たちより、近い距離感が、少しだけ羨ましかったします。

良い唄….ありがとうござんすです!。

pipco1980さんへ
コメントありがとうございます。
私は動物行動学的には変わってるのかもしれませんが、子供の頃から母親よりも父親に繋がりの濃さを感じてましたので、色々と思うことがありました。この歌のようにダンス踊ったりも、父が酒臭かった記憶も全然ないですけど、沢山遊んでもらったのは確か。なので、かなり思い入れの深い歌なのです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1474-1f063b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。