プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2017/03/13 10:00 yuccalina

遠藤賢司『東京ワッショイ』

日々のニュースを見ておりますと、この歌を歌いたくなることが良くあります。



私は現在東京に住んではおりませんが、一応生まれも育ちも東京で、20歳まで過ごしました。

この曲は、昔、まだ東京に住んでいた頃に、渋谷陽一のサウンドストリートでエンケン特集があって、その時初めて聴きました。

私は東京の悪口を言った記憶はございません。もしも、住めるものならまた住みたいなあ。

YouTubeのコメ見たら、

「東京オリンピック2020のテーマに」

と言う意見がが、

ナイスです!

で、ですね、この歌の東京を日本に置き換えても良い。

日本好きですから~!

どんな土地にだって、色々と改善すべき問題があるのは確かです。

でも、

意見と悪口は違いますから~
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

ハンドメイド関連Instagramまとめ | ホーム | ハンドメイド関係Instagramまとめ
Comment
こんばんは。

今、初めて聴きました、この歌・・・(^_^;)

いや~、こんなにパンキッシュだったんですね。
まったくタイプの違うメロディというか曲を想像していました。
この歌の存在は知っていましたから。
うまく説明は出来ませんけど、大瀧詠一みたいなかんじだと・・・。

カッコイイです。
今やエンケンといえば別の役者さんを指すみたいですから、
こちらは元祖エンケン...ですなあ!?。

まったくの偶然なんですが、大昔、確かS-Ken(スタジオ)
だったか?に、もちろん別の仕事で屯してたら、
四人囃子の連中とエンケン氏がこれを録音かリハーサルか
分かりませんけど、演ってましたよ!

ウワアこの人どうしちゃったの?...そんなすっ惚けた
感想しか浮かびませんでしたけどね….。
何だか凄い懐かしかったです。
バニーマンさんへ

> 今、初めて聴きました、この歌・・・(^_^;)
>
> いや~、こんなにパンキッシュだったんですね。
> まったくタイプの違うメロディというか曲を想像していました。
> この歌の存在は知っていましたから。
> うまく説明は出来ませんけど、大瀧詠一みたいなかんじだと・・・。
>
> カッコイイです。


カッコいいですよね(^O^)/

このアルバムは確か近田春夫プロデュースだったような?
結構スタイルは変えるタイプみたいで、私は最初にリアルタイムで聴いた『オムライス』はテクノポップでした。ファルセットで歌ったりもしてたなあ。

pipco1980さんへ

> 今やエンケンといえば別の役者さんを指すみたいですから、
> こちらは元祖エンケン...ですなあ!?。
>
> まったくの偶然なんですが、大昔、確かS-Ken(スタジオ)
> だったか?に、もちろん別の仕事で屯してたら、
> 四人囃子の連中とエンケン氏がこれを録音かリハーサルか
> 分かりませんけど、演ってましたよ!
>
> ウワアこの人どうしちゃったの?...そんなすっ惚けた
> 感想しか浮かびませんでしたけどね….。
> 何だか凄い懐かしかったです。


役者の遠藤憲一は、エンケンの名を使う時に、アーティスト遠藤賢司に許可貰ってるそうですよ(文春の阿川佐和子との対談で言ってますた)

スタイル変えるタイプなんですよねえ。私は逆にカレーライスを後で聴いて「なぬ~~?」となりますた(^o^;)
このアルバムには山内テツ氏も参加されてたとか?

S-kenはニューアルバム出たみたいですね。昨日の夕刊に載ってましたよ。
エンケンさんが出演されたこの番組を放送されたときは録画して観ていましたよ。
「猫が眠っている」で、最後にパキーンっと、弦を締めあげるんですね。

ほんとうにアシッドフォークからパンクも含めて、エンケンさんの声と演奏すべてに魂が漲るようでブレていない! 正直な音楽という想いで『黎明期ライヴ』も僕は愛聴していました。
「東京ワッショイ」は、ミュージックライフにも広告が掲載されていましたね。
たしかに渋谷さんも紹介されていたような。

そんな唯一無比な存在の遠藤賢司さんですが、林海象さんの『夢みるように眠りたい』の完成披露会に、エンケンさんも映画に出ていたので青山の同会場でライヴもあったんです。
なんというか、威されたようにみんながそろって手拍子したりして。
主演の佳村萠さんが目あてでこの日行った僕なんかは、そうしたノリが嘘っぽいんで、あんまり楽しめなかったよな〜(*^_^*)
まユタンぽさんへ

> エンケンさんが出演されたこの番組を放送されたときは録画して観ていましたよ。
> 「猫が眠っている」で、最後にパキーンっと、弦を締めあげるんですね。
>
> ほんとうにアシッドフォークからパンクも含めて、エンケンさんの声と演奏すべてに魂が漲るようでブレていない! 正直な音楽という想いで『黎明期ライヴ』も僕は愛聴していました。
> 「東京ワッショイ」は、ミュージックライフにも広告が掲載されていましたね。
> たしかに渋谷さんも紹介されていたような。
>
> そんな唯一無比な存在の遠藤賢司さんですが、林海象さんの『夢みるように眠りたい』の完成披露会に、エンケンさんも映画に出ていたので青山の同会場でライヴもあったんです。
> なんというか、威されたようにみんながそろって手拍子したりして。
> 主演の佳村萠さんが目あてでこの日行った僕なんかは、そうしたノリが嘘っぽいんで、あんまり楽しめなかったよな〜(*^_^*)

『夢みるように眠りたい』懐かしいです。
確かミニシアター系を放送する深夜番組で見ました。

昭和時代に大正のモボモガに憧れるトンガリキッズですたから~!

今は昭和レトロが憧れの対象に格上げされましたねえ。

エンケンさんは、渋谷氏のサンストで実際に

「東京に住んでて東京の悪口言う人が許せない」って言ってたのを覚えてます。




Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1472-6d807686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR