プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2017/01/26 09:25 yuccalina

ブルース&ソウルレコーズ買いました!~Black America Meets The Beatles

インスタからのネタ下ろしばかりで何ですが、ブルース&ソウルレコーズ2016年12月号がヒいジョーに良かった。



映画マッスルショールズで知って、ノックアウトされたウィルソン・ピケットのヘイ・ジュードが付録CDに入ってるとのことで、即決だったんですが、



他にもイカした曲が沢山。The Watts 103rd Street Rhythm Bandによるファンキーなイエローサブマリンは、音頭以上のインパクトでしたが、動画は見つからず。

で、今回はVol.1, 2とリリースされている、Black America Sings Beatlesの収録曲を、幾つか紹介したいと思います(下の画像は第1集Come Together)。

61KGHXI6qaL__SX425_.jpg

まずは、スティーヴィー・ワンダーの『We Can Work It Out』



こちらの動画はホワイトハウスにご招待されての演奏。客席にオバマ夫妻とポールが並んでノリノリなのも、よろしおすなあ。キーボードのリフが耳に残るし、間奏のブルースハープもカッコいいんです。
投稿後に気が付いたんで、追記。
このスティーヴィー・ワンダーのカバーはBlack America Singsシリーズには、入っておりませんですた。
雑誌誌面に名カヴァー50選なるものがあり、そちらで紹介されてたので、混同してしまったようです。スミマセンm(__)m


そして、アル・グリーンの『I Wanna Hold Your Hand』(Vol.1に収録)



これはお蔵入りになってたセッションらしいんですが、冒頭からリラックスして曲を楽しんでるのが伝わってきますなあ。テンポを落としてのバックビートがファンキーで、思わず踊りたくなっちゃいます。キャーキャー!

ジュニア・パーカーの『Lady Madonna』(Vol.1に収録)もゆったりバックビートで、セクスィー部長なノリが素敵。



最後はジョージの曲行きましょうか。ニーナ・シモンによる『Here Comes The Sun』(Vol.2 Let It Beに収録)。



これは、中々オサレなんじゃないでしょうか?元々チョイかすれ声は、大好物なワタクシなんですが、曲の雰囲気とジャジーなヴォーカルが、凄くあってると思います。あー、こっちのCDも欲しくなっちゃったなあ。多分買うと思います、はい。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: R&B ソウル 60年代 70年代

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

世界をどう理解するかも人それぞれ~『僕と世界の方程式』 | ホーム | シド・バレット評伝とディスりたい人達の話
Comment
こんにちは!

おお、ビートルズカバーの一番美味しい部分を
殆ど網羅されてますね!流石でございますだ!

ウィルソンピケット版はデュアンオールマンの白熱プレイで
有名なセッションですし、アルグリーンも最高のグルーヴ。
そしてビートルズカバー史上、個人的にベストワークと
勝手に思ってるのが、ニナシモンのヒア・カムズ・ザ・サン….。
実に美味しいプログラムのCDですなあ!

ちなみに名演だらけのダニーハザウェイは…
もちろん入ってますよね??
あ~、ニーナ・シモンイイですね!
声もいいけど、ピアノもいいですね。
翳りのある感じがいいです。
暖かいけど、何と言ったらいいのか、木漏れ日の暖かさみたいな・・・、上手く言えないけどいいな~。
pipco1980さんへ

Black America Singsシリーズの曲は、まだ全部チェック出来てないんですが、ニーナ・シモンにはノックアウトされちゃいました。

> ちなみに名演だらけのダニーハザウェイは…
> もちろん入ってますよね??

な、なんと、ダニー・ハサウェイはどちらにも入ってません!企画者にクレームしといてくださいっ!英国エイスレコードの人らしいです。
バニーマンさんへ

ニーナ・シモン良いですよねえ。こんな素敵なカバーしてくれて、ジョージもお喜びだったんでは?
勿論ピアノも素晴らしい~!
yuccalinaさん、こんばんは。5
ストーンズの“Blue & Lonesome”原曲特集は買ったのですが、しまった、これは見逃してたなぁー。
エスター・フィリップスの“And I Love Him”やアレサの“The Long and Winding Road”は愛聴しておりました。
“Hey Jude”は、メイン・ヴォーカルをメンバーで回していくテンプテーションズのヴァージョンがかっこよかったです。「Motown Meets Beatles」っていうオムニバス盤に入ってました。
ジュニア・パーカー、のほほんとした佇まいがよいですね〜

ニーナ・シモンのももちろん、いつまでも瑞々しいのは原曲の持っているエネルギーがそうだからということもあるのでしょう。
数年前にリリースされたロバータ・フラックによるカバー集も新鮮でした。

ポールの現在のルックスに関しては以前ユッカリーナさんがおっしゃっていた意見も認めつつも、僕は好きなのです (*^_^*)
一昨年の来日公演では「顔Tシャツ」も買っちゃって、反応してくれるひとが笑顔を見せてくれるところもまた彼らの音楽の放っているチカラなのかもしれません。
goldenblueさんへ

この号は偶々見た宮永氏のビートルズ大学ブログで紹介されてて、即購入しました。
モータウンのも欲しくなっちゃいますが、Black America Singsを密林さんに注文したばかりなんで、暫くはYouTubeで我慢です(^_^;)
まユタンぽさんへ

ジュニア・パーカー良いっすよねえ
ロバータ・フラックも要チェックですね。

ええと、ポールの現在のルックス云々って、

おじさんつーより、おばさんっぽい、

ってことでしたっけ?でも、ポールって、実は若い頃からそんなに男っぽくなかったような気もするんで、おばさんぽいのもハマってる気がしますです。あれこれ出来る器用で気が利くタイプの男子って、ゲイじゃなくても女子力が高い気がします。ギターやりたかったけど、譲ってベース弾いてたんですもんね。
ニーナ・シモンってオサレですね。

聴いてて心地よいです。

リボルバー・ネタのジャケも面白いし欲しくなる盤です
面白半分さんへ
ニーナ・シモン、オサレですよねえ。
あ、でもこれはリボルバージャケの第2集ではなく、レットイットビージャケの第1集に入ってます。
後で良く見たら、スティーヴィー・ワンダーのはどっちにも入ってなかった、というポカも発見。
兎に角雑誌の誌面に、面白そうなカバーが沢山紹介されていて、どれも興味を引きました。
ユッカリーナ様 こんにちは

こんな音楽誌があって、しかも豪華付録があるなんて。
知りませんでした。エイスレコードの企画なのですね。
選曲には権利云々が絡みますから完璧にはいかないでしょうけれども、凄く便利そう。買ってみます。
ジェシー芝池さんへ

エイスレコードのトニー・ラウンスが企画したのは、Black America Singsシリーズの方で、付録のCDは雑誌とWEAで作ったみたいです。
誌面にはラウンスのインタビューも載ってて、やはりコンピレーションアルバムを作るのに、版権の都合で諦めた曲があったみたいです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1464-bc522cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR