プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/01/12 09:30 yuccalina

シド・バレット評伝とディスりたい人達の話

去年読んで、ブログにどう書こうか、ずっと迷っていた本がこれ。

516XKGJVHXL__SX321_BO1,204,203,200_

Amazonで中古が安かったんで買っちゃった。DVD『シド・バレット・ストーリー』を先に見てたし、ナルホドナルホド、とすらすらと読めた感じですが、ショックな話も多いです。

情緒不安定からか、シドは歴代の彼女を殴ってたらしい。暴力はいかんよねえ。

それと、気になったんが、ケヴィン・エアーズが『O Wot A Dream』(1973年Bananamour収録)を歌った時の話として、

「シドとは会ったことないが、、」

と話したというくだりは、おやおや?

では1969年『Joy Of A Toy』時にあったとされるセッションは偽物なのかい?まあ、多分本にある発言が間違いか、ケヴィンの記憶違いってことすかね?

しかしですねっ!一番びっくらこいたのは、序文をこの人が書いてたことですっ!

julian23.jpg

ジュリアン・コープ

また、お会いしましたわね。そういや、ジュリアンの自叙伝、まだ、じぇんじぇん読んでませんわあ。

とか思ってるそばから、最近、パティ・スミスの『M Train』も買っちゃったのよね。



そう言う訳で、

今年の抱負は、溜まってる本を読む

です。

最後にまたシド・バレット評伝に話を戻します。シドとは関係ない話ですがが、ロジャー・ウォーターズの父親がイタリアで戦死したという記述にも、おやおや?

「俺の父親は日本兵に殺された」

初来日のインタビューでの開口一番がこれ!

と言うのは渋谷陽一がラジオで言っとった。以来、

ロジャー・ウォーターズって見た目だけじゃなくて中身もブスっぽいな。

と思ってた私ですがが、さらに嫌いになりますたwww

イタリアで亡くなったのなら日本兵はありえませんねえ。多分恨む相手、ディスる相手として、

イタリア人<日本人

の方が都合が良いから、勝手に脳内変換したのでしょうか?

とか、どーでも良いことに突っ込んでごめんなさいね。

そう言えば、ジュリアンが日本贔屓の理由として、

「敗戦でボロボロになったのに、立ち直ったのが素晴らしい」と言ってましたが、彼がクラウト(ドイツ)・ロックのファンでもあったのは、そう言う意味もあるのでしょうか。ウォーターズとは世代が違うので、感覚も違うんでしょうねえ。昔見た『孤高の警部ジョージ・ジェントリー』というちょっと恥ずかしい邦題の刑事ドラマは、60年代のロンドンが舞台だったんですが、ドイツ人が嫌われ者として登場してたのを思い出します。

「戦争に負けた国の奴の方が金持ちなのが納得いかん」

とか恨まれていた。ちなみにジェントリーの亡妻はイタリア人だった、という設定でした。60年代はまだ戦争の影が色濃かったのでしょうか。ジョン・レノンとオノ・ヨーコにイギリス中がヒステリー反応を起こしたのも仕方ないのかなあ。

ちなみに、ジョンの最初の妻シンシアが

「ダンナを寝取ったのはヨーコではなく歌手のアルマ・コーガン」

にしたかったのも、ウォーターズと似たような心理を感じずにはいられませんぐ。日本人に負けたのではない!と言いたかったのか?まあ、ジョンにとってヨーコが特別な存在であることが面白くないので、ちょっとでも価値を下げたくて必死な感じ~~www

別にどっちが先でも構わんとです。肝腎なのは、ジョンが女性達にインスパイアされて書いた曲がどんなものなのか、です。そして、お生憎様、それを書き変えるに足るエピソードではなかった様です。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: シド・バレット ジュリアン・コープ ケヴィン・エアーズ 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

ブルース&ソウルレコーズ買いました!~Black America Meets The Beatles | ホーム | 何だか元気になる映画『フランシス・ハ』で書き収め
Comment
こんちは!

R.ウォーターズは、確かポンペイのヴィデオ内でも、
何だかどうでも良いような事をシノゴノシノゴノ….
めんどくさいオッサンやなあ…って、思ったものです。

奴にカマをかけて、イタリアでの日本兵のクダリを
詳しくインタビューしたいですな!

もしかしたら、病んでるシドへのくだらなすぎる視線の
クベ方も、コンサバの英国人として日独伊と同質の視線、
感情だったりしてね?。
ロジャーやケヴィンのくだりの信ぴょう性の疑わしさもさることながら、小泉元首相が、
シドの実家に居候してたって話も(別なところからのネタですが)なにやらあやしげですな。
シドがお付き合いしていた彼女の親と会ったときに、いきなり坊主頭になって階段を降りてきたってところありましたっけ?
こういうの好き〜!!

ところでブログ記事で想い出したのだけど、昨年開催されたジュリアン主催の『The SydArthur Festival』ってどんなものだったのでしょうね?
pipco1980さんへ
どーもです。

> R.ウォーターズは、確かポンペイのヴィデオ内でも、
> 何だかどうでも良いような事をシノゴノシノゴノ….
> めんどくさいオッサンやなあ…って、思ったものです。
あ、ポンペイのビデオ見たことないです。フロイドのファンじゃないんで、アルバムも聴いたことないの多いし~wそうですか、色々と面倒くさそうな人ですね。

> 奴にカマをかけて、イタリアでの日本兵のクダリを
> 詳しくインタビューしたいですな!
そろそろ物忘れなお年頃かも切れませんががww
話す相手がドイツ人ならドイツ兵、イタリア人ならイタリア兵、とか変えてた可能性もありそうですね。

> もしかしたら、病んでるシドへのくだらなすぎる視線の
> クベ方も、コンサバの英国人として日独伊と同質の視線、
> 感情だったりしてね?。
それは思いつきませんでしたわ。でも、シドに関するコメントは、皆アーティストのクセに言ってる事が詰まらんなあ、とは思ってましたです。
まユタンぽさんへ

> ロジャーやケヴィンのくだりの信ぴょう性の疑わしさもさることながら、小泉元首相が、
> シドの実家に居候してたって話も(別なところからのネタですが)なにやらあやしげですな。
なんすかそれ?小泉が乗っかってたのはX Japanだけじゃなかった?

ウォーターズの父親の件は、取材相手の名前に母親が載ってたんで、イタリアで戦死は間違いなさそうですよ。後は、渋谷陽一が話を盛った可能性もゼロじゃないですけどね。

> シドがお付き合いしていた彼女の親と会ったときに、いきなり坊主頭になって階段を降りてきたってところありましたっけ?
> こういうの好き〜!!
いちおーいつも反省はしてたみたいですがが、感情のコントロールが、きかなかったんでしょうなあ。

> ところでブログ記事で想い出したのだけど、昨年開催されたジュリアン主催の『The SydArthur Festival』ってどんなものだったのでしょうね?
あら~、そんな楽しそうなフェスがあったなんて知りませんですたわ。
「居候」と誤ってしまいましたが、小泉さんは留学生だったので下宿と訂正させてください。
がしかし、ググってみたらその学生がほんとうに小泉氏なのかどうかいまいち定かではないような…。

奇行性?が感じられるところとか、誕生日(ボウイやプレスリーと同じですね)がシドと近いところとか、そんなところでの似かよったものはありそうです。
まユタンぽさんへ

> 「居候」と誤ってしまいましたが、小泉さんは留学生だったので下宿と訂正させてください。
> がしかし、ググってみたらその学生がほんとうに小泉氏なのかどうかいまいち定かではないような…。
>
> 奇行性?が感じられるところとか、誕生日(ボウイやプレスリーと同じですね)がシドと近いところとか、そんなところでの似かよったものはありそうです。

『小泉伝説』ですねっ(^^;)
鈍感力とか奇行性はカリスマ性と紙一重?


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1463-33708dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。