プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/31 19:34 yuccalina

何だか元気になる映画『フランシス・ハ』で書き収め

今年最後の更新は映画にしました。『フランシス・ハ』って結構話題になってた映画みたいですね。情報に疎いので全然知りませんでしたが、、。



上の画像をクリックするとインスタの投稿に飛びますので、よろしかったらどんぞ。



主人公フランシスはモダンダンスカンパニーの研修生27歳。プロのダンサーになる夢もそろそろ怪しくなってきた、微妙なお年頃。片付けが下手だったり、あれこれ話題が変わったり、知らないうちにケガしてたり、注意力欠陥気味なのは、ダンサーによくあるタイプです。それに、自分とも重なる部分があるので、そこで一気に入り込んでしまいますた。

ルームメイトで親友のソフィーを演じてるのがスティングの娘だったり、カンパニーの同僚レイチェル役がメリル・ストリープの娘だったりと、何気に豪華なキャストだったりもしますが、ハリウッドよりも、サンダンス映画の香りがする作品です。現代の話なのに全編モノクロとか、フランシスの日常を淡々と追う展開とかも。やはり私の好きなタイプ。

そして何よりもガツンと来たのが、レオン・カラックスの『汚れた血』のオマージュと思える、デヴィッド・ボウイーの『モダン・ラヴ』のシーンです。ここだけで、何度もリピしちゃいますたわ。



ちなみに『汚れた血』はこちら。



ソフィーには友情というよりは依存気味だったフランシスは、ある日ルーム・シェアを解消され、さらにソフィーの婚約に直面し、独り立ちを余儀なくされます。あっちこっち転がりながらも成長していく姿を見て、何だか元気になりました。

最後はダンサーを諦めて、才能があると言われた振付師の道を踏み出すのですが、モダンダンスを作る人間のキャラ設定としては、ピッタリハマってる気がしました。それは、

ソフィーがフランシスを親友と思いながらも「いつも張り合っていた」と告白するシーンで、キョトンとしてたところ。

人と競争しない、計算しない素直な性格ってのは、自由なモダンダンスの世界にはピッタリなんですよね。綺麗に纏めようとしない方が面白くなる世界ですから。逆にフランシスがソフィーを「いつも人ジャッジしてばかりいる」とクレームする場面もありました。ソフィーはマスコミで働く女性ですので、そうでなくちゃいかん訳ですけど。

こんな二人だからこそ、相性ピッタリなんでしょうけどね。

一時期ルームシェアをしながらもロマンスがなかった男性ベンジーとも、最後は何だか良い雰囲気で、今後の進展を期待させるような終わり方も良かったですが、何と言ってもエンディングの、タイトルの意味が分かるカットに思わずニンマリでした。

あ~やっぱり注意力欠陥ですな~。私もやりそうなミスだな~!

見た後でとっても元気になる映画。そして、またダンスが見たくなっちゃった。そんな訳でインスタでは、アルヴィン・エイリーの画像と組み合わせているのですた。

それでは、皆さま良いお年を。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: コンテンポラリーダンス

テーマ:何回も見たくなる映画 - ジャンル:映画

シド・バレット評伝とディスりたい人達の話 | ホーム | I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.3
Comment
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

おー、モダンラヴってそうだったんですね。
カラックスの作品は何故か観ていないので知りませんでした。
どちらもカッコイイです。

インスタ、フォローさせていただきました。
ほとんどアップしていませんが・・・(^_^;)
おめでとうございます

今年もよろしくお願いするでごぜーやす。
yuccalina様、あけましておめでとうございます!
昨年は刺繍の販売スタート、インスタデビューなど夢が広がった年でしたね。今年もまたyuccalina様の作品を見るのを楽しみにしております。

ブログ記事の話題ですが、グレイス・ガマーって、時々表情がお母さんにそっくりですね。ググるとお姉さんのメイミー・ガマーはもっとそっくりでしたわw

デヴィッド・ボウイの『モダン・ラヴ』は家でもよく聞きますよ。つい最近、SpotifyをPCやスマホに入れたんで、デヴィッド・ボウイの曲もリストに入れとかなきゃと考えてましたわ。

>人と競争しない、計算しない素直な性格ってのは、自由なモダンダンスの世界にはピッタリなんですよね。
計算して作られたものは意外性がなくて面白さに欠けるんですよねぇ。ダンスとは分野が違いますが、例えば山下清などの知的障害をもった芸術家は、素直に自分の感性を働かせ、絵を描くことに没頭するから、良いものが生まれるんじゃ?と思います。
バニーマンさんへ

お返事遅れてすみませーん。
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m

モダンラヴカッコいいですよね。私は昔からレッツダンスよりも好きな曲でしたが、この映画でさらに好きになりました。

インスタフォローもありがとうございます。
pipco1980さんへ
お返事遅れてすみませーん。
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
森苺さんへ

お返事遅れてすみません。実は新年早々体調を崩してますた。
刺繍にハマってからついつい夜更かししがちだったんで、免疫力落ちてたかもです。今年は体に負担がないように気を付けるのも課題にしたいです。

グレイス・ガマー、綺麗だけど地味な感じですよね。ただ、今や大女優のお母さんも、『ホロコースト』と言うテレビドラマで初めて見た時には、こんなにビッグになるとは思ってなかったので、彼女も今後どうなるか楽しみですね。お姉さんのことは知りませんでしたわ。

デヴィッド・ボウイはずっとライトなファンなんで、知らない曲の方が多いくらいなんですが、映画に使われることが多いのは、映像のインスピレーションが湧く曲が多いってことなんでしょうね。

確かにアートの世界でも、理路整然と理屈っぽい人より、感覚にのままに生きてそうなタイプの方の方がパワフルですよね。棟方志功なんかもそうで。
実はお笑いの世界でも、台本にない部分で生み出される笑いを支配してるのが、このタイプの方々みたいですよw
ユッカリーナさん、あけましておめでとうございます。
新年早々から(お身体の)浄化されて、今年はさらにご活躍を期待しています。
個から生み出されてゆくかけがえのないユッカリーナさんの作品。
真心のこもったものがこれからはますます目にとまるようになるのでしょうね。

『汚れた血』はカラックス、渋谷のパルコで上映されてましたっけ?
「モダン・ラヴ」のシーンはよく覚えているけれど、当時のボウイにはそれほど熱心になれなかったんです。
けれどもこの『フランシス・ハ』での疾走感、カッコいいな〜ってリピートしちゃいました。


「人と競争しない、計算しない素直な性格ってのは、自由なモダンダンスの世界にはピッタリなんですよね」

モダンダンスはボク、向いてるんじゃないかと想いましたよ〜〜!!


まユタンぽさんへ

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ボウイの『レッツ・ダンス』ってアルバム自体が賛否両論で、当時、昔からのファンは素直に認めちゃいけないような空気があったのを、よく覚えております。
で、私はコアなファンじゃなかったですが、可もなく不可もなく。それは流行り過ぎてんのを良いと言うのが何かイヤッ!という、詰まらない自己顕示欲の現れだったのではないか、と今では思っています。

「流行りに乗らなくちゃ」と躍起になってヒット曲を漁るのも、
「流行りには乗らない人間なのよ」と肩ひじを張って避けるのも、

結局、同調か差別化かの方法論の違いだけで、どちらも所詮は同じ競争原理と承認欲求によるものではなかったのか?

と言う訳で競争の話ですが、、

技術は人々の競争意識によって磨かれていくけれど、感性は競争では磨かれない

のではないでしょうか。感性を磨いていくには自己と向き合うしかないのでは?と思っているんです。

その歴史と伝統の中である程度、正解と言うか良いお手本が提示されているクラッシックバレエですが、技術力だけでは埋められない感性の部分を養うべく、近年コンテンポラリーに力を入れているバレエカンパニーが増えているそうです。

ま、競争することがすべて悪い訳じゃないんでしょうけど、
何でも競争したがる人って、一緒にいると疲れますよねwww
yuccalina さん、明けましておめでとうございます。
昨年はお近づきになれて嬉しかったです。
今年もよろしくお願い申し上げます。
ご活躍を楽しみにしております。

注意欠陥、私もありそうな気がします^^;
Arianeさんへ

こちらこそ、光栄です。
年末年始は体調を崩してしまった為、これも健康を疎かにしてたことへの警告と、気を引き閉めました。欲張らないように気を付けようと思います。

注意力欠陥、はあちこちアザ作ってたり、指を切ってたり、日常茶飯事です(^_^;)


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1462-b871ffbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
☆フランシス・ハ(2012)  FRANCES HA 上映時間 : 86分 製作国 : アメリカ 監督:ノア・バームバック 脚本:ノア・バームバック グレタ・ガーウィグ 出演: グレタ・ガーウィグ / フランシス ミッキー・サムナー / ソフィー アダム・ドライバー / レヴ マイケル・ゼゲン / ベンジー パトリック・ヒューシンガー / ...
  • posted by バニーマン日記
  • 2017/01/02 21:54
  • PageTop↑
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。