プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/12/25 14:51 yuccalina

映画関連インスタまとめ~『トミー』と『リストマニア』

インスタグラムを始めた当初は、ハンドメイド専用にするつもりだったんですが、結局ブログ同様色んなジャンルに首を突っ込んでおります。頻度は低いですが、映画ネタもチラホラと。

ケン・ラッセルもザ・フーも熱心なファンではないのに、なじぇか2本も見ちゃった。しかもミュージカルは苦手分野だというのにっ!





トミーはビートクラブとウッドストックのライヴで興味を持ちました。クラプトンやエルトン・ジョン、ティナ・ターナー等の豪華キャストも楽しみでしたが、歌うジャック・ニコルソンがさらに良かった。ただ、公開当時は自閉症への認識も薄かった為か、PTSDのトミーを「自閉症みたいになった」とかの説明されてたんですねえ。ちなみに、泣きも笑いも怒りもしない自閉症者なんて、私は一度も見たことないです。そして、お世辞にも童顔と言えないロジャー・ダルトリーが演じるトミー少年も微妙ですが、そこはおとぎ話チックに、リアリスムはてんで無視なんでしょうねえ。

ストーリーとあんま関係ないけど、オープニングで、軍事工場で働く母アン・マーグレットを見つつ、そうかあ、イギリスって日本とも戦争してたんだよなあ、とか、思うところも色々ありましたわ。


一方の『リストマニア』は、日本ではDVD化されてないレア映画として、CSの映画チャンネルで見ました。



ハンサムでもない上に巻き毛のロジャー・ダルトリーが、19世紀の伊達男ピアニスト、フランツ・リストを演じたのもビミョーー。演奏旅行した各地で女性と関係しまくって、子供を作り捲くってたのは本当らしいので、もっとイケメン俳優使えば良かったのに~!とかケン・ラッセルに望んではいかんのでしょうねえ。わざとインチキ臭い、パッと見イケメンと間違えそうな線を狙ってのダルトリーなのでしょうか。

って、私ってばダルトリーをディスりまくってますね。スミマセン。

でも、名曲『愛の夢』のシーンでチャップリンの真似させたりしてるから、やっぱりイケメンに描く気は毛頭なかったんじゃね?



そして、ワーグナーは悪魔に取りつかれた邪悪な音楽家!とする荒唐無稽なストーリーは、後年ナチスがワーグナーを国威発揚に使ったからなんでしょうね。何か見ててワーグナーが可哀想でしたわ。

最後も『愛の夢』で幕が閉じるのですが、愛人を率いてロケット飛行のリストは、さながら戦隊ヒーローですた。このスペーシーな感じも70年代っぽくあり、サイケデリックでもあり。



クラッシック曲をロック調にアレンジしたのはイエスのリック・ウェイクマンで、チョイ役で出演もしております。リストにワーグナーの悪魔祓いを命じる法王役は、リンゴ・スター。リンゴって何気にカルト映画に一杯出演しておりますわね。『キャンディ』で助べえな庭師やってたのを思い出しました。

とか、大した話はありませんでしたが、珍しい映画を見たので、取り敢えず記録しておきますね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カルト映画 - ジャンル:映画

I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.3 | ホーム | ハンドメイド関係Instagramまとめ
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1461-67012a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR