プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/12/28 13:30 yuccalina

I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.3

johnseba1.jpg

Lovin' SpoonfulのCDボックスを順に紹介しております。今回は名作の誉れ高い『Hums of the Lovin' Spoonful』です。オリジナルの収録曲は以下。クレジットが無いものは全てジョン・セバスチャン(ジョンセバ)作品で、今回動画を紹介してる曲は赤字にしております。

1. Lovin' You
2. Bes' Friends
3. Voodoo in My Basement
4. Darlin' Companion
5. Henry Thomas
6. Full Measure (Boone, Sebastian)
7. Rain on the Roof
8. Coconut Grove (Sebastian, Yanovsky)
9. Nashville Cats
10. 4 Eyes
11. Summer in the City (John Sebastian, Mark Sebastian, Boone)

10の作者に名を連らねているマーク・セバスチャンはジョンセバの弟さんで、彼のアイディアが曲作りにとても重要だったそう。6と10のスティーヴ・ブーンは主に作詞だと思いますが、彼はピアノを弾きながら曲のアイディアを出すこともあったそうです。

まずはオープニングの『Lovin' You』。実はこれが私の一番好きな曲でして、ギターが堪らなく好きなんです。勿論歌も良いのですが、気が付くとギターの音ばかり追ってます。特に間奏のとこが最高~~o(^▽^)o



なので、安っちいギターで自分もせっせと練習したりしております。

何だかんだ言って、スプーンフルはカントリーブルースっぽい曲が好きでして、『Darling Companion』もまあ、似たタイプの曲ですよね。こちらはかつてマグワンプスで仲間だったママキャスとのデュオVTR。



テレビ出演の映像でしょうね。

お次はドラマー、ジョー・バトラーの男前ヴォーカルシリーズで『Full Measure』です。



スティーヴ・ブーンの歌詞も『与える愛』の尊さについての心温まる内容。単に男女の愛だけじゃなくて、もっと普遍的と思えます。これは今年のクリスマスにも聴きました。

そして、再びTV出演のVTR行きますね。これは明らかに口パクですが、『Rain on the Roof』



この曲ではオートハープでなくアイリッシュハープを使用してるのですがが、楽器を手に入れた経緯が面白かったんです。66年のイギリスツアー中に、スプーンフルはアイルランドに招かれます。ギネスビールの御曹司(当時21歳)が「誕生日パーティーにLovin' Spoonfulを呼んでよ~!」とパパにおねだりしたらしく、グループはそこで演奏したと。んでダブリンの街角でアイリッシュハープを買って帰って出来た曲がこれであったと(以上ベスト盤CDのライナーより)。

曲自体も雨のロンドンだかダブリンをイミジして作ったんでしょうかね。何か可愛らしい曲ですよね。

そんで、もう一つ私が可愛い系の曲と思ってるのが『Nashville Cats』



こちらは生演奏してるようです。このTV映像も舞台セットが可愛いっすよね。

最後はNo.1シングルとなった『Summer in the City』です。この曲はかのヴェム・ヴェンダースに影響を与えたと言う点でも、私的にポイント高いです。インスタでも紹介しております。



間奏で車のクラクションや道路工事等の音をオーバーダビングして、都市であることを表現してるのですが、67年当時としては、意欲的な試みだったんではないでしょうか。こちらは、先のRain On The Roofと同じTV映像の様ですので、当然口パク。



クラクションの音に「アレレ?」とおどけて手をあげるジョンセバが何だか可愛いんです。スプーンフルの曲の中ではハードな感じだなー、と思ってたら、映画『ダイ・ハード3』に使用されてたそうですね。私は見たことない(ってかダイハードって1本も見てね~)ので、じぇんじぇん知りませんですたわ。

つー訳でいつかその4へ続く。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

何だか元気になる映画『フランシス・ハ』で書き収め | ホーム | 映画関連インスタまとめ~『トミー』と『リストマニア』
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1460-984f9c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR