プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/11/24 08:50 yuccalina

進化論はヒトへの戒め❓~不定期便『哲子な部屋』その3

皆さん今日は何の日かご存知でそか?

1859年の今日、ダーウィンの『種の起源』が刊行されたんですのよ、奥さんっ!!

『種の起源』チャールズ・ダーウィン(Amazon co.jp商品情報)
shunokigen.png

って、じぇんじぇん世間話っぽくないですわね。今朝の朝日新聞、私的ツボコラムである『福岡伸一の動的平衡』のタイトルは”進化し続ける生命 ヒトへの戒め”です。以下は引用(下線はブログ主による)。

進化論が生命観としてすばらしいのは、ヒトがサルから進化したことを指摘したからではなく、生命が常に動的なものだという真実を指摘したところにある。我々ヒトは、生命の頂点に位置する完成形では決してない。これまでもずっと変化し、これからもずっと変化す続ける生命の、未完成な一形態として、永遠の現在進行形にあるものだ。

福岡先生のコラムは文章は分かりやすい上に、文学的であるのも魅力なんですが、今回は宗教について、哲学的な鋭い指摘があったことに注目いたしました。

前半で、

「ヒトの祖先がサルだなんんてけしからんっ!」

と憤慨し、学校で進化論を教えることに反対する、アメリカの保守的キリスト教勢力に言及しているのですが、最後にこう結ぶのです。

これから何百万年かの後地球に君臨している生物は・・・・・・・自分たちがヒトから進化したことに憤慨しているかもしれない。しかし彼らもまた不完全な生命体として祈りを必要としているだろう。つまり進化論と宗教は対立していない、謙虚さを悟る意味でも進化の物語は大切なのである。

祖先がサルで憤慨するのは、ヒトが完成形と驕ってるから。人間は不完全だからこそ、祈りが必要であることも、宗教の本質が祈りであることも、どこかで忘れがちではないのかい?宗教を言い訳に好き勝手やってるヒトの蛮行を戒めよう!とまでの語気強さはありませんけど、科学の世界には、見習うべく謙虚さがあるってことかもしれませんね。

それと、”永遠の現在進行形”ってのも良いですね。常に流れを重視するヨガの世界観とも通じるものがありますから。

(いつかその4へ続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:哲学/思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

M-1グランプリ2016と東京ダイナマイトのネタについて | ホーム | I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.2
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様

どんな分野でも、未完成であるという意識が無ければ、凝り固まって腐敗が始まるのかもしれませんね。

ヨガの世界ではエネルギーを循環させるための空間を重要視してるのも、その未完である部分が成長を促すことと符合しているような気がします。ちなみに、ヨガでは(ポーズ)を完成させることよりも、アサナをしている時に心と体に流れるもの感じましょう、と言われてます。やはり『永遠の現在進行形』と似ています。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1457-6794e9b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR