プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/09/07 17:45 yuccalina

ジャズファンでなくても楽しめた『ソング・オブ・ラホール』

また1つ素敵な音楽ドキュメンタリー映画を見ました。7月に伝説のヨギー、パラマハンサ・ヨガナンダの、これまたドキュメンタリー映画を見たとき、予告編で気に入って前売り券を買っちゃってた『ソング・オブ・ラホール』です。夏休み中に終わってたらどうしよう?とハラハラしちゃったよ。

movie15.jpg

で、これは軍事政権だの、タリバーンだののせいで職を失ったパキスタンの伝統音楽家達の再生物語。ジャズのスタンダード『テイクファイヴ』のYouTube動画が話題となり、ジャズの殿堂リンカーンセンターで、ウィントン・マルサリスのビッグバンドと共演。



なんかこれホントにドキュメンタリーなの?とビックリでした。リハで話が噛み合わなかったり、ギリギリで現地調達シタール奏者のチェンジがあったり、なのに本番では凄いノリノリだったからな~。

こちらの『テイク・ファイヴ』は映画の演奏シーンとは違うみたいです。シタール奏者も違うし、バンドの人数も違いますが、1曲通してるので貼っておきますね。



私はジャズの作法はよく分からないのだけど、最後の演奏シーンは本当に、ビッグバンド全体がスウィングしてるのが伝わって来ました。バーンスリーという横笛の奏者バキール・アッバスの、フルートとの掛け合いは素晴らしかったです。



彼は確か前半のインタビューで、

「神とは自分が信じるものの中にある。私は音楽を信じる」

と語ってたのが、凄く印象的でした。もしやイスラム原理主義者に聞かれたら、大変なんじゃあ?ってか、逆に言えば、音楽や芸術の中に神を見出されると困るから、原理主義者はそれらを排斥しようとするのでしょうね。映画の最後の演奏シーンは、本当に音楽の神様がいたような気がしました。そうそう、本番前にエラ・フィッツジェラルドの肖像画の前でお祈りするメンバー達も、何だか微笑ましかったなあ。

ところで、ラホールのあるパキスタン・パンジャブ州はインドのパンジャブ州の隣、っつーかマハトマ・ガンジーがインドを独立させたときは同じ国だったんですよね。言葉が殆どヒンディー語と変わらないみたいですので、ヒンディー映画を見慣れた方にもおススメです。前半で、パキスタン映画の撮影&録音シーンなんかも出てきました。

メリ・ゼンダギ~♪=私の人生

を歌ってたのはヌール・ジャハーンであるらしい。

それにしても、タブラの刻むリズムって凄いですな。27拍子、とかって訳分からんし(^_^;)


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

奇人フィル・スペクターが生んだ名曲『ビー・マイ・ベイビー』のこと | ホーム | インスタグラム始めてますた(^^;)
Comment
この映画もこの人達のことも知りませんでした。

このテイク・ファイブ、面白いですね。
何も知らずに聴いたら???でしょうけど、パキスタン音楽(といっても知らないのでインド音楽のようですと言っちゃいますが・・・)とジャズの組み合わせの妙!
こういうしなやかさがいいですね。
バニーマンさんへ

> この映画もこの人達のことも知りませんでした。
>
> このテイク・ファイブ、面白いですね。
> 何も知らずに聴いたら???でしょうけど、パキスタン音楽(といっても知らないのでインド音楽のようですと言っちゃいますが・・・)とジャズの組み合わせの妙!
> こういうしなやかさがいいですね。


同じ国だった時代の方が断然長い訳ですから、パキスタンとインドは同じ文化圏ですよね。ラホールはタージマハルで有名なムガル帝国の都だったそうですから。パキスタン人がやるからパキスタン音楽、と便宜上でしかないと思います。
タブラのリズム取りで気が付きましたが、奇数の変拍子が当たり前な音楽性なので、この5拍子の『テイクファイヴ』とか、ジャズとはとても相性良いんじゃないでしょうか。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1439-675bf496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR