プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/08/22 10:10 yuccalina

Whole Lotta LoveよりLotta Love、すなわちRobert PlantよりNeil Young (^o^;)

何年置きか、自分の中でニール・ヤング・ブームが定期的に訪れる。

とは言え、聴いてるのはやっぱり70年代のアルバムばっかです。

neilyoung_convert_20130312165918.jpg

マイブームの再来は、トモローのおもちゃ代わりに買ったギターがいつの間にか自分のおもちゃになってたのと関係しております。最近、二十歳の頃にテープを巻き戻しながら一所懸命にコピーした『Tell Me Why』や『Heart of Gold』の弾き語りなぞをしてるので、運転中はこれらのCDをかけながら、歌の練習に余念がない訳ですな、テヘッ(。-_-。)

ニールの曲はシンプルで初心者にも弾きやすいというのもあるけど、やっぱ声が高くて女子にも歌いやすいキーなのがポイント高いかもしれない。これは逆に言えば、男子はコピーし辛かったりするのだろうか?

どうかは分かりませんぐが、ニールの声はむさくるしくて目つきの悪いルックスと、凄くギャップがあると思う。高くてか細くて、音程も不安定だしなあ。高低差あり過ぎて耳がキ~~ンなる、のは、美青年でバリバリバリトンヴォイスのケヴィン・エアーズと良い勝負、つーか逆パターンであろうか。

しかし、私はこのニールの声が大好きなのっ!ついでに言っとくと、この70年代のルックスも大好き!



ちょっと前に、”可愛いは無敵!”という話を書いたのですがが、実を言うと私は『Rust Never Sleeps』のビデオや『ラストワルツ』でのニールを見て、マジ可愛いと思ってますた。なんか捨てられた子犬のように見えたんだよねえ。よく、男性が「女の言う”可愛い”の意味が分からん」と言うのを耳にしますが、

”可愛い”とわ、読んで字のごとく”愛することが可能”であること。

心が揺さぶられた時に思わず発するの。すべての女性がそうなのかは分からんけど、少なくとも私はそうだし、キモカワやウザカワなど、ちょっとネガティヴな言葉と組み合わせ出来るのは、その愛があるのかにかかっているのではなかろうか?

つ~~訳で、ニールが歌う愛の歌に、私はキュ~~ンとなるのは当然のことですわね。『Comes A Time』収録の『Lotta Love』が一番好きかな?



らららららっらら~ら~ う~う~~♪

うう~~胸が締め付けられる~~ぐるぢ~~

とか喜んでる私はヘンタイですがが、おやっ?Lotta Loveって似たようなタイトルのじぇんじぇん違う歌があったよな~?

レッド・ゼペリンの『Whole Lotta Love』ってさ~、ハードロックの金字塔的な歌なんでしょうけど、ロバート・プラントのキンキン声と、

ドヤドヤッ、セックスシンボルなオレってドヤさ~?

なヴィシュアルにはドン引きな私。そう言えば、中学生の時にヴァン・ヘイレンのデイヴ・リー・ロスを見た時も、何か気持ち悪くて嫌だったのを思い出したよ。

って、ファンの皆様には申し訳ないですが、ロバート・プラントの

がらほらろら♪

を聴いても、私の胸は全然キュンキュンせ~へんし、頭だけがガンガンするのよねっ!やめてけ~れ、ゲバゲバッ!

なのよ、って重ね重ねファンの皆様ごめんなさいね~m(__)m


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ニール・ヤング 70年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

ブラマヨ吉田の『本当は真面目な下半身の話』と高畑裕太の事件 | ホーム | オリンピック報道でヒヨッてくるマスコミにモニョる
Comment
まだまだ一般には名が知られていない頃のリリー・フランキーさんの
ニール・ヤングのイラストネタをご存知でしょうか⁉︎
内容はとてもここでは書けませぬが、
確かに「ムサい」ニールに対しての深遠な情愛?が感じられてニヤリとしてしまいましただ。

「心が揺さぶられた時に思わず発するの♡」、、いいですね〜〜!!

ユッカリーナさんが大切にされているところの “趣き” という言葉ときっと同質の、
「切なさ」を感じさせるニールの歌声に涙します。
まユタンぽさんへ

> まだまだ一般には名が知られていない頃のリリー・フランキーさんの
> ニール・ヤングのイラストネタをご存知でしょうか⁉︎
> 内容はとてもここでは書けませぬが、
> 確かに「ムサい」ニールに対しての深遠な情愛?が感じられてニヤリとしてしまいましただ。
>
> 「心が揺さぶられた時に思わず発するの♡」、、いいですね〜〜!!
>
> ユッカリーナさんが大切にされているところの “趣き” という言葉ときっと同質の、
> 「切なさ」を感じさせるニールの歌声に涙します。


早速、リリー・フランキー、ニール・ヤングでググってみたら、

ニール・ヤングのチ○コは臭そう
ニール・ヤングのフルチ○イラスト

と出てきましたわ。そのイラストは出てきてないですが、想像できますです(^^;)

そうそう、”可愛い”と”趣がある”は、私の中では結構近い言葉です。”いとおかし”もですね。

愛することが可能と書いて可愛いに納得w
だから、大人っぽくなった真央ちゃんを見てもきゃわわと言っちゃうw 

『Lotta Love』も『Tell Me Why』も結構、家で聞いてますよ~。
歌詞にあざとさがなくて聞きやすいですよね。

ウィキを見たら「自身の子供が障害児であるという経緯から、障害者の支援にも積極的に関わっており」とか、「また、ニール・ヤング自身もてんかん発作の持病がある。」とありました。
薬で発作を抑えながら、コンサートをしてるんでしょうね。苦労してるから、歌詞にも力みがないのかな。
>ニールの声はむさくるしくて目つきの悪いルックスと、凄くギャップがあると思う。

言われてみると確かにそうなんですが、まったくギャップなんぞ気にせずに聴いてきました、ニールの声!

グランジが流行った時は、元祖グランジと言われていたし、
むさくるしいのは筋金入りなんですけど、気になりませんでした、
そのビジュアルと歌声の差。

何故かな・・・?
歌声の切なさが良かったのかな?
森苺さんへ

> 愛することが可能と書いて可愛いに納得w
> だから、大人っぽくなった真央ちゃんを見てもきゃわわと言っちゃうw 
>
> 『Lotta Love』も『Tell Me Why』も結構、家で聞いてますよ~。
> 歌詞にあざとさがなくて聞きやすいですよね。
>
> ウィキを見たら「自身の子供が障害児であるという経緯から、障害者の支援にも積極的に関わっており」とか、「また、ニール・ヤング自身もてんかん発作の持病がある。」とありました。
> 薬で発作を抑えながら、コンサートをしてるんでしょうね。苦労してるから、歌詞にも力みがないのかな。


はい、可愛の字を当てた日本人のセンスは凄い!といつも思っております。
ニールは『ブリッジ財団』というのを作ってて、私も昔、財団活動資金の為のアルバムとかも結構買いますた。
若い頃ドラッグ依存になったのも、持病と関係あるかもしれませんぐ。
バニーマンさんへ

> >ニールの声はむさくるしくて目つきの悪いルックスと、凄くギャップがあると思う。
>
> 言われてみると確かにそうなんですが、まったくギャップなんぞ気にせずに聴いてきました、ニールの声!
>
> グランジが流行った時は、元祖グランジと言われていたし、
> むさくるしいのは筋金入りなんですけど、気になりませんでした、
> そのビジュアルと歌声の差。
>
> 何故かな・・・?

> 歌声の切なさが良かったのかな?

ギャップがないのは先入観がなかったからかもしれませんね。
私に先入観があったのは確かでして、ニール・ヤングを初めて意識して聴いたのは、
ロキシー・ミュージックが『Like a Hurricane』をカバーしてたからです。
オサレなロキシーがリスペクトしてるアーティスト、という勝手なイメージがあったのかもしれませんぐ。
おヒサでござんス。故あって某施設に隠れておりました….。

確か中1の時に、トムジョーンズショー!なる
たわけた音楽番組で、まだ外人さんをあまり見慣れてない
お幼い経験則では「ゴリラ人間」みたいなニールヤングって
大男に、なんだかものすごいインパクトを感じて、それで
「ウッホウッホ」と唄うのなら、それで終わりだったんですけど、
ギャップがものすごいかわいくて、陰のある唄声に、私は
ズブズブにハマるわけです。その陰というかヒネタ感じって
ことでは、わりとケヴィンエアーズって、
実は同系統じゃないかなって思ってます。
pipco1980さんへ

> おヒサでござんス。故あって某施設に隠れておりました….。
>
> 確か中1の時に、トムジョーンズショー!なる
> たわけた音楽番組で、まだ外人さんをあまり見慣れてない
> お幼い経験則では「ゴリラ人間」みたいなニールヤングって
> 大男に、なんだかものすごいインパクトを感じて、それで
> 「ウッホウッホ」と唄うのなら、それで終わりだったんですけど、
> ギャップがものすごいかわいくて、陰のある唄声に、私は
> ズブズブにハマるわけです。その陰というかヒネタ感じって
> ことでは、わりとケヴィンエアーズって、
> 実は同系統じゃないかなって思ってます。


戻られたんですね!良かったです。無理なさらないように御自愛くださいませ。
さて、影のある感じがケヴィンと同系というのは、中々鋭い!ですね。分かります~~
つまり、私は何の躊躇いもなくグイグイ来られるのが苦手なのかもしれませんぐ。
ライヴ・ラストでLotta Loveを聴いた時はなんておしゃれな歌なんだろうと思いました。

あんな声のくせに(?)メロウで良いんですよね。

写真のアルバム、どれもいいですよねえ。
私はアフター・ザ・ゴールド・ラッシュ推しです。
Tell Me Whyは詩もよくてぐっときてます

面白半分さんへ

> ライヴ・ラストでLotta Loveを聴いた時はなんておしゃれな歌なんだろうと思いました。
>
> あんな声のくせに(?)メロウで良いんですよね。
>
> 写真のアルバム、どれもいいですよねえ。
> 私はアフター・ザ・ゴールド・ラッシュ推しです。
> Tell Me Whyは詩もよくてぐっときてます


あんな声のくせに大好き!なのか、大嫌いなのか、好みが真っ二つに割れそうですねwww
故・中村とうよう氏がニールを毛嫌いしてたのを思い出します。
私はどれか一枚選べませんけど、敢えて言うなら一番崩れてる『Tonight the Night』かな~?
あと、CDは持ってないのですが、『Time Fades Away』も大好きです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1434-1bc6eb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR