プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/08/01 12:22 yuccalina

可愛いは無敵~『日本の面影』と『YOUは何しに日本へ?』に共通する価値観について

元祖日本大好きYOU、ラフカディオ・ハーンの『日本の面影』は、もう大分前に読み終えたのですが、腰を据えてじっくり書いてる暇がありませんぐ。

『新編 日本の面影』 ラフカディオ・ハーン (Amazon.co.jp 商品情報)
51chRKIKUeL__SX348_BO1,204,203,200_

でも、7月4日放送の『YOUは何しに日本へ?』を見てたら、これはもしや?と思うところがあったので、一度記事にしておこうと思います。動画はすぐ削除されるかもしれませんので、念のためキャプも取りましたよ。



ラフカディオ・ハーンは『日本の面影』の中で、木と紙で出来た日本家屋を見て、おとぎの国かと夢心地になった様子を、書き記していました。字は読めなくても、店先の看板や暖簾にあった日本語のデザイン性の高さに感動し、日本人の謙虚さ慎ましさ、親切でお互いを気遣う気持ちに触れたハーンは、そこで日本人の控えめで謎めいたた微笑みの意味を理解した。

ハーンは文明開化以降の西洋化される日本を嘆いていたのですが、実は外見的な変化の一方で、現代にも受け継がれている日本的価値観を感じたのはこちらのシーン。

日本滞在中の思い出の写真を紹介するコーナーで、広告の仕事をしているニューヨーカーYOUが目に止めたのは、”不審者注意”の看板ですた。

you1_20160729100635996.jpg
you2_20160729100636d30.jpg

不審者注意の不審者のイラストが可愛いって、衝撃を受けたらしさwww

ゴミ捨てるなのネコも可愛い~し、

you3_20160729100637b12.jpg
you4_20160729100639c83.jpg
you5_20160729100640edc.jpg
you6_201607291007053fe.jpg

熱中症注意のおサルさんも、確かに可愛いねえ。

you7_20160729100707045.jpg
you8_2016072910070808a.jpg

って、日本人的にそれのどこが面白いのか、イマイチ分からなかったのですがが、

アメリカのを見たら、なるほどと思いますた。

you9_20160729100710e47.jpg
you10_20160729100711eec.jpg

確かに、怖いわ~(>_<)

で、広告マンYOUが言う、「怖くないけど、可愛いから印象に残るのが良い」って、日本人のおもてなしの心と関係ありそうな気がしますです。

その次に出てきたのが、日本にあるミニサイズ商品の数々。

先ずは、日本人には何の変てつもない軽自動車(ラパンかな?)

you11_2016072910073323e.jpg

いかに日本車がアメリカに浸透してても、軽自動車は売られてなかったんですね。

あと、ミニサイズのドリンクとか、ボックスティッシュ、お弁当用の調味料とか、一々写真部撮ってたのは、きっと、見つける度にテンション上がってたのでは?と想像できますた。

you12_20160729100735c0d.jpg
you13.jpg
you14.jpg

で、ここで思ったのは、きっと、ハーンが見ていた頃とは、日本の街並みも物も、相当変わっている筈なのに、感動してるポイント、感覚が結構近いんじゃないかと。

まるで何もかも、小さな妖精の国のようだ。人も物もみんな小さく、風変わりで神秘的である。
日本的なものは何かと繊細で、この上なく美しく、賞賛に値すると思われてくる。
店員が買い物の最後に縛ってくれる、色のついた組紐さえ、かわいらしい珍品と言える。

~『日本の面影、東洋の第一日目』より

それは、

人は可愛らしいものを見ると、楽しくなったり、優しい気持ちになるということ。

可愛いは無敵なのだ~!

その究極と言えるのがメイドカフェなのかどうかは分かりませんぐが、こちらの男性は、メイドカフェ行ってメロメロになったらしさ。

you15.jpg
you16.jpg

ニャーニャー鬱陶しいなあ~www

と思いつつも、これだけ楽しんでくれたなら、メイドさんもやりがいがあったのではないでそか?

さて、話は変わって、ハーンが語った日本人の微笑についてですが。

日本人は死に直面した時でも微笑むことが出来る。
微笑む気持ちには、挑戦の意味合いもなければ、偽善もない。
従って、われわれが性格の弱さに由来すると解釈しがちな、陰気なあきらめの微笑と混同してはならない。

日本人の微笑は、念入りに仕上げられ、長年育まれてきた作法なのである。

~『日本の面影 日本人の微笑』より

相手への敬意を示したり、不快感を与えない為の作法としての微笑の、一番分かりやすい例として、悲しい、苦しい出来事にあった人がTVのインタビューに答える時に、悲しみを押し殺しながら僅かに微笑している、と言うのがありますよね。テレビカメラの前で号泣してる日本人って、私は見た記憶がありませんぐ。堪えきれずに泣いてしまった方は皆、インタビュアーに「ごめんなさい」と謝ったりさえする。

それは、辛そうな姿を見せることで相手に心配させたくない、と言う心遣いが自然と表情に出るでしょう。辛い場面でさえ、崩れることがないのは、日本人のDNAに深く刻まれているからかもしれません。

とか、まあ、メイドの笑顔がそのDNAと関係あるのかは分かりませんが、お客様に心地よい時間を過ごしてほしいと言うメイドカフェのあり方自体は、こうした日本人のおもてなしの心と無関係でないのでは?と思いますた。

ハーンの時代はニコニコしてる日本人は「騙そうとしてるのでは?」と警戒する欧米人が大半だったそうですが、現代ではそういうことはなくなってきてるようです。逆に、街中で不機嫌そうな表情の日本人を見る機会が増えたのは、とても悲しむべきことですがが、、。

しかし、ハーンは日本の町に英語の看板が混じってるのを興醒めだと嘆いていましたけど、例え英語その他の外国語が入り混じっていようとも、日本人の見る側への心遣いと言うのは変わってないのでは?とか、最初の注意の看板を見ても思ったのでした。

私が『YOUは何しに日本へ』を見ていて一番嬉しいのは、単に日本の町とか物が褒められてるだけでなく、日本的作法を身に付けているYOUを見た時なんです。例えば、日本語がかなり流暢なYOUに

「日本語お上手ですね」と
ディレクターが言うと、
「まだまだです。もっと勉強します。」

と答える人がとても多い!それは、単なる謙遜という気持ちだけでなく、慢心せずに日々精進しよう、という気持ちの表れでもあり、見ていてとても清々しいです。イチロー・スズキが決して自分の記録を自慢せず、常にもっと先を見ている姿とも重なるような、、。

私も、そんなYOU達の前に出ても恥ずかしくない日本人でありたいものです。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:テレビ東京系 - ジャンル:テレビ・ラジオ

”CCRを聴いたかい?”とスワンプ・ロックの話 | ホーム | 相模原の事件について
Comment
ある近国の子供たちはドラえもんなどのアニメの影響で、情緒的な変化が現れているとの記事を目にしました。
そもそもその国の子供たちと僕は接したこともないんで、以前も知り様がないし、「では今の日本の子供たちはどうなの?」という疑問もあるのですが。

しかし僕たちがあたりまえと感じている行為や、看板のイラストでさえも、他国の人々には驚異と感じてしまう、善きところというのがすでにDNAレベルで備わっているのかもしれませんね。


「社会に役立つものだけが生きる資格がある」などという洗脳から解かれて、
批判を向ける矛先である個人もまた、(自然界で生かされている)自分の一部であるという事。
僕が真に理解したいというこれらの願いは、「可愛いもの」との接触で育まれてゆけるかもしれないと、愛してやまない日本アニメの岸田今日子版ムーミンを観ながら想うのです。
カピバラも無敵〜〜☆
多分、日本の軽自動車はアメリカに正式に輸出されていないと思いますが、たまにかの地でも軽自動車が走っています。
大昔、ハリウッドでホンダの軽自動車を観ました。
個人輸入しているみたいです。
ミニに英国人が乗るのもビックリですが、軽自動車にアメリカ人が乗っているのも、ずいぶん窮屈そうでした(笑)
まユタンぽさんへ

> ある近国の子供たちはドラえもんなどのアニメの影響で、情緒的な変化が現れているとの記事を目にしました。
> そもそもその国の子供たちと僕は接したこともないんで、以前も知り様がないし、「では今の日本の子供たちはどうなの?」という疑問もあるのですが。
>
> しかし僕たちがあたりまえと感じている行為や、看板のイラストでさえも、他国の人々には驚異と感じてしまう、善きところというのがすでにDNAレベルで備わっているのかもしれませんね。
>
>
> 「社会に役立つものだけが生きる資格がある」などという洗脳から解かれて、
> 批判を向ける矛先である個人もまた、(自然界で生かされている)自分の一部であるという事。
> 僕が真に理解したいというこれらの願いは、「可愛いもの」との接触で育まれてゆけるかもしれないと、愛してやまない日本アニメの岸田今日子版ムーミンを観ながら想うのです。
> カピバラも無敵〜〜☆


いつも温かいコメントありがとうございます。
”自然界で生かされてる”という感覚、お互いさまの精神を育む上でも、可愛いものを受け取る感受性が大切なんでしょうね。私が大好きな日本語の一つに、”趣き”というのがあるんですが、それは心の琴線に触れて動かしてくれる何かで、例えば寂しい感じでさえ趣き深くなる。”可愛い”もそう言った趣きの要素の一つなんだと思います。
ペンギンも無敵~~♡
バニーマンさんへ

> 多分、日本の軽自動車はアメリカに正式に輸出されていないと思いますが、たまにかの地でも軽自動車が走っています。
> 大昔、ハリウッドでホンダの軽自動車を観ました。
> 個人輸入しているみたいです。
> ミニに英国人が乗るのもビックリですが、軽自動車にアメリカ人が乗っているのも、ずいぶん窮屈そうでした(笑)


なるほど、あの小ささが可愛いと輸入してるお金持ちがいそうですね。ヨーロッパでは昔旧東ドイツのトラバントが流行ったりしてましたが、同じような感覚かな?軽自動車に乗る太っちょアメリカ人は車に乗ってると言うよりは、着てる感じかもwww


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1427-0f1d35ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR