プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/19 16:01 yuccalina

哲学とシュルレアリスムとバカリズム~不定期便『哲子な部屋』その2

ある時はヨギーニ、またある時は刺繍作家な私は、ときどき哲子になります。はい、前回はフィギュアスケーター町田樹氏についてちょこっと書きましたが、『哲子な部屋』のお時間だすよ。

私の哲学の師匠、岡野利津子さんのブログで、哲学とシュルレアリスムの記事

読書ノート / 巌谷國士著『シュルレアリスムとは何か』~神秘主義哲学の立場から

は、とても興味深いものでした。以下、赤字は記事からの引用です(下線はブログ主によるもの)。

一般的にシュルレアリストたちが追求したのは、現実よりも一層ありありとしたリアリティで、<存在(客体)>の問題に拘っていたのではないか、

「超現実主義の」の「超」とは「非」ではなく、「過剰」とか「強度」を意味しています。
そして、それは現実から離れたものではなく、むしろ連続的なもので、「度合の違い」という話です。


私はこれまで、シュールの意味をちゃんと理解していなかったなあ、と思いました。ファンタジーと混同していたところがある気がするんですね。シュルレアリスムが目指すものは非現実ではなく、全くその逆である。"超"現実が行きつくところは客観性、で思わず膝を打ったのは、そっか英語の客観=Objectと、近・現代美術におけるオブジェはイコールだったんか~、と今さら気が付いた始末。コラージュという技法も、その物のリアリティーをくっきりと浮かび上がらせる為のものであった、というのは目からウロコですた。

「コラージュ」では、物あるいはイメージが本来あるべき場所から切り取られて、別のところに配置されるわけですが、ブルトンはこれを「デペイズマン」と呼んだそうです

「デペイズマン(dépaysement)」というのは、「デペイゼ(dépayser)」することで、” dé ” は分離をあらわす接頭辞、 ”pay” は「国」とか「領域」とかいう意味がありますから、ある領域から引き離すというのが元の意味です。

ブルトンは、「デペイズマン」によって「驚異」が生まれ、あらゆるものの完全な「デペイズマン」の意志に応じて、「超現実」が得られると言っているそうです。


で、リアルを追求するシュルレアリスムが、真実の追求である哲学と客観性の部分で重なる、という詳しいお話は上記リンク記事を通してお読み頂くとして、私の頭にフッと思い浮かんだ人物がおります。それがピン芸人のバカリズム。

彼のネタはシュールだと、ずっと言われ続けていましたが、岡野利津子さんの記事を読んでから、その本当の意味がやっと理解できた気がします。

それでは、バカリズムが得意とするイラストを用いたフリップ芸を、いくつかご覧下さいまし。







都道府県、漢字やアルファベットの形を使ったネタ=作品の数々は、ギャラリーに並べても良いかも?

かどうかは判りませんが、これはブルトンの言うデペイズマンに通じるのではありませんか?また、バカリズムはコラージュ的なイラストを使ってるからだけでなく、実は”思考そのものがシュルレアリスト疑惑”があるんです。

それが、彼のサッカーに関する見解でして、アメトークの中で発表していたサッカーへの疑問。それは、

何故PK戦で勝敗を決めてしまうのか理解出来きない。
PK戦は競技として、サッカーとは全く別物と思えるから。

それに対しサッカー経験者であるMCの宮迫は

「確かにそやな」

と頷いたのですが、そこはお笑い番組ですから、バカリズムは更にこう続けました。

野球にはPK戦みたいなものはない。
PK戦は野球の勝敗を"野球拳"で決めるようなもの。

と、そこでドッと笑いが起きました。まあ、PK戦を野球に例えたら、野球拳じゃなくてホームラン競争あたりじゃね?と思ったけど、私も大笑いしますた。しかし、ファンダメンタルなサッカーファンからは大バッシングが起きたそうな。

もともと『○○が嫌い』というテーマでのトークだったので、サッカーが遡上に上げられた時点で、サッカーファンは最初から反感を抱いていたのでしょう。しかし、私はバカリズムの思考の面白さが分かって、とても興味深かったのですた。彼はサッカーのスポーツとしてのリアリティーをとても客観的に追求してるのではないかなと。いや、そもそも、バカリズムのネタもトークも、大喜利番組での回答も、すべてはそうした思考から出てくるものなのではないのか?

それらを踏まえバカリズムのネタを見直してみると、また違った味わいがあるのですよ。

でも、シュルレアリスムや哲学を持ち出すのって、お笑い的にはディスってることになりかねないので、当人には傍迷惑かもしれませんぐ。あまり大きな声では言えないですにゃー。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バカリズム - ジャンル:お笑い

ガザニアが止まらない~~♪ | ホーム | トリさんのキャンパストートバッグと巾着ポーチ
Comment
拙ブログをご紹介くださって、ありがとうございます。
yuccalina さんの手になると、何でも面白いお話になって、いいですね。
哲学も、シュルレアリスムも(、あと神秘主義も)、私たちが日常、あまり何の根拠もなく、「これが当たり前」と思っているところを打ち破るところがあります。

ご紹介頂いたバカリズムのネタは、どれもデペイズマン的ですね。
そしてそれは、yuccalina さんがおっしゃるように、サッカーへの疑問にも通じる思考が元にあるのだと思います。
きっと、「これは、こういうもの」といった常識的な見方以前の視点が、ある方なのでしょうね。

また一般的に言って、本来、面白いお笑いには、あり得ない話だけれど、人間や物事の本質描写にリアリティがあるという、ちょっとシュルレアリスムに通じるところがあるのかな、と思いました。
狂気を含んだ本質描写、強烈なリアリティが、「笑い」なのかな、と。
Okano様

> 哲学も、シュルレアリスムも(、あと神秘主義も)、私たちが日常、あまり何の根拠もなく、「これが当たり前」と思っているところを打ち破るところがあります。
>
> ご紹介頂いたバカリズムのネタは、どれもデペイズマン的ですね。
> そしてそれは、yuccalina さんがおっしゃるように、サッカーへの疑問にも通じる思考が元にあるのだと思います。
> きっと、「これは、こういうもの」といった常識的な見方以前の視点が、ある方なのでしょうね。
>
> また一般的に言って、本来、面白いお笑いには、あり得ない話だけれど、人間や物事の本質描写にリアリティがあるという、ちょっとシュルレアリスムに通じるところがあるのかな、と思いました。
> 狂気を含んだ本質描写、強烈なリアリティが、「笑い」なのかな、と。


いえいえ、Okano様の哲学ブログを読んでいると、日常に重なるものが多くて面白いです。日常のあたりまえを打ち破るからこそ、刺激的であるんでしょうね。

お笑いには”人間や物事の本質描写にリアリティがある”のは、演劇的要素が強いからかもしれませんね。やはり芸術と繋がる要素が多いんだなと思います。コラージュもそうですがデフォルメとか、ハプニングアートなんかかなり近い感じ。

また、お笑いの本質としての客観性は、ヴィクトール・フランクルが『夜と霧』の中で言及してたのを思い出して、自分の記事を読み直してみたところです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1424-97375f53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。