プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/07/01 08:38 yuccalina

日日草&ルドベキア購入とネジバナ泥棒

またまた花苗を購入しました。今回は日日草を4色と、ルドベキアです。

gardening743.jpg

ヤグルマギクのお花が終わったので、鉢が沢山空いちゃったからです。今年は日日草はやめておこうか、とも思ったのですが、大事なことに気が付いたんです。それは、、、

日日草って、切り花にしても丈夫で長持ち。

って、ことです。ダンナはほぼ毎週末にホームにいる義母のところへ行ってるのですが、その時に持たせているプチブーケに、日日草がないと直ぐに萎れちゃって寂しいみたい。

と言う訳で、4色購入した次第。こんな感じで小さな花束にしています。

gardening741.jpg

白とピンクの日日草に、同じ色合いでアンゲロニアを加えたもの。

で、日日草もルドベキアも、多湿に弱いらしいので、この時期雨に当たり過ぎないよう、窓際に配置しました。

gardening744.jpg

ルドベキアはひまわりみたいに存在感がありますね。

さて、前回ネジバナの話をちょこっとしますたが、先日マンションの駐車場へつながる通路の芝生の中で、ネジバナを2本発見して、貰ってきちゃいました。

gardening742.jpg

左の前からいるやつと比べると、全然小さく、か細くて、ビックリでした。いや~~、これって花泥棒って言うのかな?いや、別に管理費で買ってるお花を引っこ抜いた訳じゃないし、良いでしょ~~?取りあえず、一人ぼっちだったネジバナに、お友達を探して来ました状態なんですわ。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:***ベランダガーデニング - ジャンル:趣味・実用

『浦和ミュージックサタデー』の思い出に添えて~Teardrop Explodes, Colour Field, Care, Colin Newman & Tom Verlaine | ホーム | 谷崎聖子さんのワークショップと展示会
Comment
ほんとに丈夫ですもんね だんなさまお母さんにお花持っていくんですね やさしい息子さんですね 作って持たせてあげる ユッカリーナさんも 心配りできるお嫁さんでお母さんはお幸せですね

いいなーネジバナ 私もほしい 形がかわいいですもんね
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ふぁる代さんへ

> ほんとに丈夫ですもんね だんなさまお母さんにお花持っていくんですね やさしい息子さんですね 作って持たせてあげる ユッカリーナさんも 心配りできるお嫁さんでお母さんはお幸せですね
>
> いいなーネジバナ 私もほしい 形がかわいいですもんね

日日草は蕾で持って行っても、花瓶の水だけでちゃんと咲くんですよねえ。
お花を用意するのは、ダンナも私も殆ど習慣みたいになってますです。
ネジバナは芝生で育ちやすいそうです。この10数年で、マンションの中庭の芝生の張替が何度か行われて様ですが、その度にひょこひょこ出ているので、多分芝生の中に元々混じってたのではないかと思っています。
ちなみに大きい方のは、数年前、突然ベランダのプランターから生えてきたものです。種が飛んできたのか、トモローが拾ってきた石にでもくっついていたのか謎なんです。
鍵コメ様
了解しますた~~!

で、ネジバナですがが、芝生の中で良く咲いてるお花なんです。昔勤めてた会社の敷地の芝生にも、春夏には一杯咲いておりますた。

元々マンションの中庭の芝生に生えていたネジバナの種が、通路の茂みにも飛んできて咲いたのだと思います。
ちなみに、元々ある大きいネジバナは、ベランダの鉢から勝手に生えてきたんですよ~~!種が飛んできたのでしょうね。

でも、逆に、毎年お花咲いてるのに、増える気配はないのも不思議。ネジバナはほぼ雑草扱いではありますがが、何か土との相性が難しくそうなんです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1418-74ff110c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR