プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/06/23 09:00 yuccalina

リネン生地のテーブルセンターと一本線の図案

トランシルヴァニア(ルーマニア北西部)の伝統刺繍イーラーショシュの作品を紹介するハンドメイド報告です。

先日ちょっと書きましたが、不安定な思春期の息子のお蔭で、ガーデニングと共にチクチクと刺繍をする時間が、ワタクシにとって癒しの一時となっております。

今回はオーダー品と言いましょうか、ユッカリーナ・エルドゥのロゴ制作をしてくれた友人のM子がギャランティーを受け取ってくれないので、代わりに現物支給を私から申し出て作ったものです。M子の希望は、

生成り(ベージュに近い少し濃いめのもの)のリネンに白糸でランチョンマット

で、柄はお任せでした。

刺繍に合いそうなリネンで、希望通りの色が見つからなかったので、代わりにベージュの細かい格子柄を選びました。そして、折角なので図案も考えてみましたよ。谷崎聖子さんの本にあったアールデコ調のチューリップと、大きなお花を組み合わせたものです。

DSC_0012.jpg

と、ここで、もう一つ今回のチャレンジを発表致しま~~す。ワタクシ晴れて一本線の図案デビューを致しました。

、、、って何のこっちゃ分からん方の方が多いと思いますが、下の画像にある下絵と見比べてみてくださいませ。

handmade79.jpg

こちらは初心者用の二本線の図案です。二本線だと線の上に針を刺すのですが、一本線だと、線の外側を目分量で刺していくんですね。

DSC_0013.jpg

これが実に作ってて楽しかったんです。刺しながら自分の感覚で修正を加えられるのが良いです。今後は一本線で行こうと思います。

で、完成したのがこちら。

DSC_0041.jpg

DSC_0043.jpg

しかし、真ん中に折りたたんだ皺が残ってた~~!さらの状態で写真撮っとくの忘れて、失敗だったな~~!

と思いつつ、もっと失敗だったのでは?と青くなったのが、

これランチョンマットとしてはどうなの?

と言うことでして、簡単にセッティングしてみますた。

DSC_0039.jpg

ガガ~~ン!

刺繍が全部隠れてしまうではないか~~?
ランチョンマットの何たるかを分かっておりませんですた。

って、そんなの作る前に考えとけよ!

とか、自分に突っ込みながら、送る前にM子へ言い訳メールをしたのは言うまでもありませんぐ。

すると、

「勿体ないからランチョンマットにはしないつもり」

とのお返事が。あーー良かった。その後無事M子の手元に届き、テーブルセンターとして落ち着いたそうです。

と言う訳で、最後は恒例の裏面。

DSC_0042.jpg

現在は今後の制作に向け、一本線の図案を色々と描いてるところでして、トリさんバッグシリーズの次回作は、一本線で行くぞ~~!と意気込んでおります。でも、出来上がったら、あんまり差は分からないか?

一本線なのか二本線なのかは、私だけが知ってるどーでも良い秘密ですな、フフフ(Madcap Laughs)


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 東欧 刺繍

テーマ:北欧・東欧のかわいい雑貨 - ジャンル:趣味・実用

映画『バスキア』とジョナサン・リッチマンの思い出 | ホーム | ガザニア、アンゲロニア、ブルーデイジーetc.お花追加
Comment
ランチョンマットですね 一本線と二本線の違いはわかりませんが 一本線のほうが むずかしいのかな?とてもきれいにできてますよ、、お友達うれしいですね いいものがいただけて、、
ふぁる代さんへ

> ランチョンマットですね 一本線と二本線の違いはわかりませんが 一本線のほうが むずかしいのかな?とてもきれいにできてますよ、、お友達うれしいですね いいものがいただけて、、

ありがとうございます。下絵の線が1本か2本かは、出来上がったら見えないので、作り手以外には余り関係ないことかもしれませんが、1本の方が歪みが出やすい分、手仕事感が出るのではないかと思います。下絵自体も、カッチリしたものよりも、花びらや葉っぱの大きさにむらがあった方が、より暖かみが出たりするので。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1415-c7f614e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR