プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/06/03 08:49 yuccalina

『永遠のヨギー』と”哲子な部屋”

タイトルにヨガを冠しつつも、ヨガ&アーユルヴェーダのカテゴリーが滞りがちな拙ブログですがが、久々の更新です。

先週の火曜日(5月24日)の出来事ですが、煩悩渦巻く渋谷・道玄坂の一角にひっそりと佇むミニシアター、『ユーロ・スペース』にて伝説のヨギー、パラマハンサ・ヨガナンダ(1893~1952)の伝記映画を見て参りました~! 通っている綿本ヨーガスタジオのフロントにチラシと割引券があったお陰で、見ることか出来、スタジオにも感謝です。

yoga32.jpg

とかって、普段からヨガ関連の検索を全くしてないのがバレちゃいますね。テヘッ。

ヨガナンダは1920年代、第一次大戦後のアメリカに渡って、ヨガ哲学を広めた第一人者です。やっぱり出たかのジョージ・ハリスンも登場し、アップル創始者、故スティーヴ・ジョブス氏も彼に傾倒していたとか。

『永遠のヨギー~ヨガをめぐる奇跡の旅』公式サイト



しかし、私が一番おおーっと食い付いたのは、マハトマ・ガンジーとの繋がりでしょうか。人類みな兄弟というガンジーの思想は、人種差別が法律的に正しかった当時のアメリカでは危険思想だったんですね。ですから、南部で黒人にもヨガを教えたことや、またインド人が白人女性に個人レッスンしただけで、ヨガナンダは大々バッシングを受けてしまうのです。あ、ここで私は、デヴィッド・リーン監督の『インドへの道 』を思い出しました。

ともあれ、ガンジーの非暴力による抵抗運動は、この時期既にアメリカで種が蒔かれていた、と確認出来ました。後に公民権運動で活躍されるジェームズ・ローソン氏がインドに渡ってガンジーの思想を学ぶ土台が築かれたのでしょう。ローソン氏はそれをアメリカに持ち帰って、南部の学生を指導し、運動に大きな成果をもたらしたことは、既に別の記事(コチラ)で書きました。

で、ついでですが、私のCDライブラリーの中にこんなのがが、

music15.jpg

カーティス・メイフィールドのトリビュートアルバムのジャケに、ガンジーの本が~~!今まで全然気がつかんかった~!

とテンションア~ップ!

とか言う話は始めると長くなるので、さっさと映画に戻ります。

もう一つビビッと来たのはヨガの世界観ですね。これは私が最近哲学をかじってるからだと思うのですが、ヨガナンダが語る宇宙、神、霊性等と言った言葉が意味するのは、特定の宗教観やスピリチュアルなどでは括れない、もっと壮大で公共性を以て真実に向かっているのでは、と思ったからです。

個々の命が宇宙を作るエネルギーであり、個々の中にもまたそれぞれの宇宙があると言う考え方、部分であると同時に全体でもある、と言う話は、以前どこかでしましたっけ?我々は宇宙の一部であると同時に、其々の体の中に一つの宇宙を持っていると言う考え方は、実際科学的にも証明されつつあるらしい。つまり細胞の一つ一つにも意志があって、小さな生と死を繰り返している。かつては人間の意識は、脳の一部分にあり、全てはその指令によるもの、という考え方は覆された、と映画の中でも説明されておりますた。

そんで、この考え方は、神や宗教においても同じなのです。つまり、我々は神の子供であると同時に、自分の中に神様を持ってる。だから、どの宗教を、神を信仰しようと、人と神との関係性においてはどれも同じなのではないか?と、ヨガナンダはすべての宗教を包括する寺院だか教会を建てたのだそうです。

なので、ヨガナンダは宗教を再構築した、と言う評価もあったとか。

そもそも、教会に通わずとも、心の中に自分の教会を持って、そこで祈れば良いのだ。と言ったヨガナンダですが、みうらじゅんが『マイ仏教』の中で、心にマイ寺院を建てよう、と書いてたのを思い出し、みうらじゅんの凄さも再確認致しますた。仏教における”自分なくし”ってのも、多分、宇宙との繋がりを確認出来た時に訪れるものなのかもしれませんぐ。

ま、日本の様に、八百万の神と仏教が混じった上に、キリスト教的(厳密にはクリスマスもハローウィンもキリスト教とは無関係らしいですがが)な行事もウエルカム、な生活をしてきてると、ヨガナンダの教えは理に適ってるとゆーか、受け入れやすいかもしれませんぐ。

また、宇宙だの神様だの言うと、話が壮大過ぎるので、もう少し身近に、”自然”と置き換えて良いかもしれませんぐ。ヨガでは人間は自然の一部であり、自然の五大元素、

火、水、土、風、空(空間)

で出来ているとされています。こうしてみると、宇宙を作るエネルギーであると、理解しやすいですよね。

ですから、日本でよく言われている、お天道様はお見通し、と言う感覚も、そこから生まれているのではないかと思うんですね。

とか、真面目な話をしつつも、私が一番気になったのは、ヨガナンダのルックスでして、

『あるヨギの自叙伝』パラマハンサ・ヨガナンダ著(Amazon.co.jp商品情報)

41X82445R1L__SX331_BO1,204,203,200_

ん~~?この顔、どっかで見たことあるような、、、

これは、ジャングルポケットの斎藤ですなっ?



とか言って、ヨガナンダをdisるつもりは毛頭ございませんぐ。ただ、以前、有吉弘行がどこかで、ジャンポケ斎藤を見て、

「教祖さまみたい」

と言ってたのは当たってたんだなー、と感心したのですた。

それと、エンディング曲がジョージ・ハリスンの『Give Me Love』で、



映画が非常にピースフルな雰囲気で幕を閉じたのが、とっても良かったです。


と、ここまでが映画『永遠のヨギー』のお話しですが、実は映画の後、私はある方と会うべく、渋谷から東京駅へ向かいました。

tokyo3.jpg

東京駅っていつみてもカッコいいですな~~!と思いつつ、東京ステーションホテル1階のラウンジへ。ちょっとお高めのスイーツセットを楽しみつつ、ちょっぴり『哲子な部屋』な一時を過ごしました。

tokyo4.jpg
tokyo5.jpg

それは、お相手が、ブログを通じて知り合った、哲学の先生だったからです。利津子さんは偶然にも同い年で、背格好も同じくらいの女性でした。哲学若葉マークの私としては、お師匠さんと言えますね。

なので、彼女と会う前に、矢鱈と哲学的な話が出てくる『永遠のヨギー』を見て、私はかなりテンションが上がってしまいました。中でも、先ほどの「全ての宗教を同等に見る」ヨガナンダの考え方は、哲学の世界でも出ていたことでしたから。

哲学から見た究極的心理~宗教多元主義 『神秘主義哲学の立場から』より

こちらの記事で、初めてジョン・ヒックの宗教多元主義について知った時、私が凄く理に適ってると思ったのは、日本人だからなのかな?ヨガナンダの考え方と全く同じとは言えないですが、方向性が似ているのは確かです。

とか言いつつ、あの時はちょっと興奮し過ぎて、あまりまとまりのない話をしてしまったので、映画については今回改めて、自分の考えを纏めてみることにした次第です。

ちなみに、利津子さんは趣味でカメラをやっているそうで、後で画像データを頂きました。

tokyo6.jpg
tokyo7.jpg

ラウンジは、とても落ち着いた雰囲気だったので、

私、浮いてないかっ?

と心配しつつも、危険限定抹茶スイーツを味わいました。以前から一度入ってみたかったのですが、素敵な方と楽しくおしゃべりが出来て良かったです。でも、値段的には気軽な利用は無理かなあ、、。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヨガ - ジャンル:心と身体

頂き物を色々~ヴェラ・ブラッドリー、古着にひびのこずえ | ホーム | 西鎌倉の整体サロンへ
Comment
このコメントは管理者の承認待ちです
まユタンぽさんへ

> 昨日、都内で開催された『黎明・葦原瑞穂氏を送る会』に参加させていただいたのですが、氏の前世にヨガナンダが深く関わりがあると二十数年前に語ったという(僕も昨年、先月とお会いしました)カナダ人女性のメッセージも、その会場で映像とともにながれました。
>
> なるほど、似ている!
>
> 「はたしてユッカリーナさんはどう感じられるのだろう、、」とこの記事を想い出させてもらいつつ、そんな感慨に浸るのでした。


こんにちは、『黎明』も葦原瑞穂氏も全く知りませんでしたので、Amazon検索してみました。
なるほど、物理学など科学的な見地からも精神世界を読み解こうとされてるのですね。ありがとうございます。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1408-b011f767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR