プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/05/24 08:30 yuccalina

矢切の隠れ家的カフェ『Tree B』

以前チラッと書いたのですが、私の刺繍品の委託販売店を開拓していた時、千葉県、矢切(北総線)に隠れ家っぽい素敵なカフェがあることを知りました。残念ながら作家の募集はしてなかったのですが、折角なので一度お茶を飲みに行こうかな、とずっと思ってたんです。

で、先日国立新美術館で『Miyake Issey展』を見た帰り道、途中下車をして行ってみたのです。矢切はあの『矢切の渡し』で有名な所ですが、お店の住所は松戸市でなく市川市。丁度境目あたりなのでしょうね。住宅地にひっそりと建つ、Tree Bという名のカフェ&雑貨店です。詳しくはオーナーJunさんのブログ記事へどうぞ。

週末雑貨屋のカウンターから…。

白い壁に三角屋根が素敵なお家の一角がカフェとなっております。

cafe2.jpg

ダンナ様が建築家だそうで、なるほどそれで素敵なデザインなんですね。

で、横の階段を上ると、その先が小さなカフェになっておりました。

cafe1.jpg

奥にカウンターで5席ほどでしょうか。すみません、写真も撮ってないし数えてもいませんでした。

入口側には雑貨&手芸品の数々、、。

cafe3.jpg

ユッカリーナ・エルドゥも仲間に入りたかったところですがが、こればかりはタイミングですからね。またのご縁を待ちましょう。

カウンター席の先はお庭になっていて、

cafe5.jpg

カフェという名前の、茶色っぽいスモーキー・オレンジのバラが、丁度咲いていました。ちなみにお庭の先に見える樹々は、隣接する『じゅん菜池公園』のものです。そう、この公園もまた良い感じで、ゆっくりお散歩したら気持ちよさそうなんです。

で、バラを見ながら、美味しいコーヒーを頂きました。

cafe4.jpg

このカップ&ソーサーも作家さんの作品なんでしょうねえ。温かみがあります。

さて、前に紹介した浅草の『緑園』さんもそうですけど、新たな人との関わりには、自分の中に新しい空気を入れるようなワクワク感があるものですね。カフェ・オーナーのJunさんとの会話も弾み、楽しい一時を過ごすことが出来ました。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

ビオラ復活?とアゲラタム、カモミール等 | ホーム | たかが服されど服~『Miyake Issey展・三宅一生の仕事』
Comment
だんなさまが建築家ならご自分の能力最大限に発揮してお作りになった建物ですね お庭と借景の緑もいい感じです

雑貨も お洋服も ラフな感じで、、コーヒーの器も味わい深い感じですね ユッカリーナさんの作品も似合いそう、、いつかご縁ができたらいいですね
ふぁる代さんへ

> だんなさまが建築家ならご自分の能力最大限に発揮してお作りになった建物ですね お庭と借景の緑もいい感じです
>
> 雑貨も お洋服も ラフな感じで、、コーヒーの器も味わい深い感じですね ユッカリーナさんの作品も似合いそう、、いつかご縁ができたらいいですね

はい、私もお店に行く前から、自分の刺繍品が似合いそうなお店、と勝手に思い込んでたりしました。
まだ分かりませんが、今後イベントでお声を掛けていただけるかもしれません。果報は寝て待つつもりです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1401-00bde85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR