プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/12 09:20 yuccalina

『昭和歌謡大好きYOU』から筒美京平という序章

私の大好きな番組『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京・月曜夜6時57分~)の、5月2日の放送で「昭和歌謡大好きYOU」が紹介されてて、食いついてしまいました。

<後半35分くらいからです>

番組ディレクターがマユズミ・ジュンをカオル・ジュンと読んだり、青江美奈の『伊勢佐木町ブルース』を加トちゃんの曲とか言ったりする無知ぶりにイラッとしつつも、この日本人が知らないとこがYOUの自尊心を擽るのだろうなあ~とか楽しみつつ見ておりました。

しか~し!

GSのクーガーズ『テクテク天国』には、

こやつ出来るなっ!

でありますたわ。

今年最初の記事では、日本のインディーズロックに嵌まるYOUの話をした(コチラ)ワタクシですが、なるほど昭和歌謡ヲタYOUにも頷けるものがあります。これもきっとYouTubeのお陰なんでしょうね。

さて、『また逢う日まで』で踊る男女を見ながら、ふと思い出したのは映画『メゾン・ド・ヒミコ』の中で、ディスコミックス版で踊るオダギリジョー&柴咲コウ他の皆様。



そして、ボ・ガンボスの故どんとの弾き語り。



どちらも以前紹介したことある(コチラ)んですが再登板でございます。

どんとが初めて買ったレコード、と言われると、私的に曲の重みが違ってきますのよ。

で、この曲は言わずと知れた筒美京平作品(作詞は阿久悠)で、昭和歌謡の金字塔ですから、以前紹介した(コチラ)筒美京平アンソロジーにも当然収録されております。

tk1.jpg
tk3.jpg

ここで面白いのが、先日ジョン・セバスチャンのお話で引き合いに出したピチカートVですら、筒美京平作品をやっているということ。



この『恋のルール、新しいルール』は私のカラオケレパートリーの一つでもあります。

そして、同じく渋谷系と呼ばれた小澤健二の『強い気持ち、強い愛』も作曲は筒美京平でしたし、その他藤井フミヤとの『タイムマシーン』や井上陽水『カナディアン・アコーディオン』等々、歌謡曲で一括りに出来ない人脈オンパレードな訳で、私は購入してからビックリしたものでした。ま、そもそもこれに手を出したキッカケが、山下達郎や細野晴臣のインタビュー見たさであり、期待もしていた訳ですが、後年ブックレットを読み返してみたら、筒美作品のバッグを務めたバンド(リズム・セクション)に、凄い人材がいたことに気が付いたのです。例えば『また逢う日まで』を始め、数多くの楽曲でギターを弾いていたのが水谷公生。

ややっ?この名前を私が初めて認識したのは、ジュリアン・コープの『ジャップ・ロック・サンプラー』を読んでからなんです。そこで大絶賛されていた布施明がヴォーカルのLOVE LIVE LIFE +1のメンバーですやん。



スライみたいなファンキーな曲と、キング・クリムゾンが同居してるようなアルバムは、ワタクシも所有しております。歌謡曲のバックを支えたのは皆実力派のジャズ&ロック・ミュージシャンだった訳で、

これはつまりモータウンにおけるファンクブラザーズ状態だったということでわ?

ちなみに『また逢う日まで』の他のメンバー、猪俣猛(ドラム)、寺川正興(ベース)、飯芳馨(ピアノ)は皆、腕利きのジャズミュージシャンだったのですね。時代が下ると、高橋幸宏(ドラム)、後藤次利(ベース)、高中正義(ギター)、なんてのがバックに名を連ねるようになるのです(桑名正博『哀愁トゥナイト』のメンバー)。

昭和歌謡と言うと、どうしても歌手にばかり目耳が向く訳すが、実は音作りそのものが凄いんでね?

とか、先の昭和歌謡好きYOUが気が付いてるのかどうかは分かりませんが、その中にジャズやラテン音楽、ソウル等の様々な音楽性を感じ取っているのは確かな様です。

と言ったところで、そろそろ話を終えたいところですがここでネタバラシ。

実を言えば今回は序章に過ぎないのであります。元々メインで書きたいと思ってたのはギタリスト水谷公生さんだったのですが、前置きが矢鱈と長~~くなってしもた。ジュリアンの本で水谷氏のことを知って以来、調べてみたら興味深い話がわんさか出てきて、どうしようかずっと迷ってたんですね。

ミュージカル『ヘアー』の日本版でギタリストを務めてたとか、グループサウンズのアウトキャスツ時代に『Kites』というカバー曲をやってて、そのオリジナルのサイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドというバンドはジェントル・ジャイアントの前身であった、と言う話をビートクラブのブックレットで知ったり、奥様が『食堂かたつむり』の小川糸さんだったりとか、

私的に引っかかる要素が沢山ありましたが、どっから取っ掛かれば良いのか、ずっと迷ってた時に昭和歌謡好きYOUを見つけたので、今回は長~い前フリを書かせて頂きますたよ、と。

興味のある奇特な皆様は、しばしお待ちくださいまし。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン 
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ジュリアン・コープ

テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

『伊勢佐木町ブルース』からアレックス・チルトン&スリム・ハーポ! | ホーム | ペラルゴニウム、ミニバラ”アンジェラ”とルッコラスプラウト等々
Comment
こんばんは。

『YOUは何しに日本へ?』は、やっと岐阜でも観ることができるようになりました。ただ変則的?なので、連続で観ても話が続かないことがあったりしますが、楽しんでいます。

水谷公生の名前を見て、懐かしくおもっております。

僕は彼のファンでもなんでもないですが、友人で南こうせつの大ファンがいて、高校生の頃、水谷公生の能力を褒めちぎっていたのを思い出しました。いろいろと興味深い人生の方のようですね。
バニーマンさんへ

> 『YOUは何しに日本へ?』は、やっと岐阜でも観ることができるようになりました。ただ変則的?なので、連続で観ても話が続かないことがあったりしますが、楽しんでいます。
>
> 水谷公生の名前を見て、懐かしくおもっております。
>
> 僕は彼のファンでもなんでもないですが、友人で南こうせつの大ファンがいて、高校生の頃、水谷公生の能力を褒めちぎっていたのを思い出しました。いろいろと興味深い人生の方のようですね。

YOUの放送圏が広がってるのは喜ばしいことです。たまに来日アーティストが出てきたりして面白いですよね。先日はベイ・シティ・ローラーズが出てきてズッコケましたが。
水谷公生、南こうせつとも関わってるんですね。浜田省吾との関係も有名だそうですが、昭和歌謡で彼と関わった歌手は相当な数に上るのではないかと思います。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1393-33299ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。