プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/07/07 09:00 yuccalina

星の原っぱで会いませう~『Musica En Compostela』向島ゆり子+関島岳郎+中尾勘二

あれは3年前、このブログでも紹介しますたが、私は鈴木常吉さんの演奏会を企画し、執り行いました。あ、もしやこれ、プロデュースしたとか言ってOKなん?

IMG_convert_20121219140222.jpg

、、かどうかはどうでも良いのですが、場所は自閉症の我が息子トモローがお世話になっているデイサービスの福祉施設(とは言え普通の民家を借りてる)で、参加したのはウチを含め三家族と所長のOさんで、お客は10数人と言う、とてもこじんまりとした会になりました。しかし、それはそれは忘れ難い思い出となったのです。

そもそものキッカケについてはコチラの記事に詳しいのですが、常吉さんのHPに、「音楽行商、どこでも行きます!」とあったからです。

で、知的障害児を前に演奏すると言う、常吉さんにとって初めての試みを前に、当初は一人で行くつもりだったのを、「中尾勘二くんと一緒でも良いですか?」と、相談がありました。二人で行けばギャラも二人分になるので、そのあたりを気にされていたようでしたが、私は逆に、ええっ?中尾さんも来てくれるの~?と、半分舞い上がってしまったのでした。

はい、すみません、ここまでが前置きでして、今回は鈴木常吉さんのお話ではございませんぐ。

タイトルにもありますが、星の原っぱ=コンポステラと言う名のバンドについて、これまで何度か書いていました。フロントマンであったサックス奏者篠田正己さん亡き後、メンバーであった中尾勘二さん、関島岳郎さんの二人は、様々なユニットで活躍されていましたが、こちらのCDはヴァイオリニスト、向島ゆり子さんはとのトリオで、コンポステラ時代の曲も再演しています。

Musica En Compostela 向島ゆり子 関島岳郎 中尾勘二 (Amazon co.jp 商品情報)
51eGr4Vn3IL.jpg

私は向島さんの演奏、多分一度だけ見たことがあります。美尾洋乃さんのライヴでサポートをされてたのを記憶しております。ただし、裏付けは取れませんでしたが。

という訳で、収録曲は以下の通り、カッコ内は作曲者名。

1. 鉄道ワルツ (Takero Sekijima)
2. くつやのマルチン (Takero Sekijima)
3. 身それた花 (Kanji Nakao)
4. ウィスパリング (Schonberger-Coburn-Rose)
5. 海を渡る風 (Takero Sekijima)
6. サム・ハッピー・デイ サムハッピーデイ (Charley Patton)
7. ルーマニア民俗舞曲 (B.Bartok)
I棒踊り
II帯の踊り
III踏み踊り
IV角笛の踊り
Vルーマニア風ポルカ
VI速い踊り
8. プレヴネ・マルシュ (Turkish Traditional)
9. 煙 (Takero Sekijima)
10. 同志は倒れぬ (N.N.Ikonnikow)
11. 月下の一群 (Takero Sekijima)
12. ナーダム N (Eiichi Hayashi)
13. シーベック・シーモア (Turlough O'Carolan)
14. ありそうでない曲 (Kanji Nakao)


この中から気になるところを紹介していたい、と思ってたのですが、ここで問題が。

YouTubeにこのアルバムの曲が、1つもアップされておりませんぐ(ToT)

なので、私が一番注目した7.バルトーク・ベラの『ルーマニア舞曲』を皆さんに聴いてもらえないのが非常に残念なんです。常日頃私が親しんでいるトランシルヴァニアの音楽でもありますが、オーケストラで聞き慣れたこの曲をトリオでパワフルに奏でてるんですよ。

向島さんはカテゴリー的には前衛ジャズになるんでしょうか。彼女のリーダーアルバムの曲が、いくつかあったので、紹介しておきます。





ラテン系ジャズのアルバムみたいですが、こちらもカッコいいですね。

それとライヴからの映像で、こんなのも、、。



しかし、どれもこのMusica En Compostelaには入ってない曲ですた。

なので、ここから先は別バージョンの動画ということで、よろしく。

コンポステラの大好きな曲2.『くつやのマルチン』は、ミニマルミュージックを思わせるリフレインに、心地よい空間が感じられる音です。



ここにリードヴァイオリンが絡むのよねええ。笛やラッパ系だとほのぼのしてる曲に、泣きの要素が加わった感じですけど、向島さんの音はどこかしら潔いよいとゆーか、ねちっこくないのが素敵です。とかなんとか、言葉で説明するだけで音源がないのは辛いですが、この曲は、栗コーダーカルテット版もあります。



さらにほのぼの感アップですな。

栗コーダーカルテットは1.『鉄道ワルツ』もありますたわ。



で、10.の『同志は倒れぬ』もコンポステラのレパートリーでしたっけね。



そして、渋さ知らズで有名な12.『ナーダム』



おおっ、ウッドベースでない不破さんは、初めてみたかも~~ですがが、作曲者である林栄一さんの動画も貼っておきますね。



ややスローなテンポで、後ノリなのが新鮮ですた。

この曲は向島トリオでも、モンゴルの広大な草原がイメージできる、勇ましい演奏なんですよん。

と、言うわけでCDの音源動画がなくて、消化不良気味ですがが、Amazonで売ってますから、CD買って聴いて頂けると嬉しいですわわ~!

ちなみに、3年前の演奏会の後、常吉さんにお礼のメールを送ったところ、演奏会を楽しめたことと、「いつもは無愛想で頑固者の中尾くんが、帰りの車の中で上機嫌だった」と書いて下さったので、それはトモローのこんな触れ合いのお陰だったのかもしれませんぐ。

<中尾さんの膝に乗るトモロー>
tomoro83_convert_20130121142654.jpg
<常吉さんとじゃれるトモロー>
tomoro82_convert_20130121142721.jpg
<矢鱈と中尾さんの顔に近いトモロー。常吉さんの膝の上はお友達のK君>
tsune-nakao.jpg


トモローってば、可愛かったなあ~!今ではデカくて、膝の上なんか絶対に乗れましぇ~~ん!

とか、何か最後は親バカ全開な話になっても~たわm(__)m


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 鈴木常吉

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

ミニバラ、ペンタス、ゴーヤー&アサガオetc. | ホーム | 『浦和ミュージックサタデー』の思い出に添えて~Teardrop Explodes, Colour Field, Care, Colin Newman & Tom Verlaine
Comment
鈴木常吉さんですって?!
私はドラマ「深夜食堂」が好きで、鈴木常吉さんの歌う「思ひで」がこれまた大好きなんです。
たしかにHPにどこでも行きますと書いてありますよね。(yuccalinaさんのブログを読む前から見に行ってました)
それで本当にお呼びしちゃうなんてyuccalinaさん行動力ある!すごい!尊敬!
yuccalinaさんとは本当に意外な共通項があってびっくりします。
千鳥さんへ

> 鈴木常吉さんですって?!
> 私はドラマ「深夜食堂」が好きで、鈴木常吉さんの歌う「思ひで」がこれまた大好きなんです。
> たしかにHPにどこでも行きますと書いてありますよね。(yuccalinaさんのブログを読む前から見に行ってました)
> それで本当にお呼びしちゃうなんてyuccalinaさん行動力ある!すごい!尊敬!
> yuccalinaさんとは本当に意外な共通項があってびっくりします。


おおっ!くじらに続いて常吉さんもヒットでしたか?
何気にシュミが被ってたって、何か嬉しいですね。
過去記事にも書いてるんですが、実は私深夜食堂って見たことなくて、
アルバムが出てたの知ったのは偶然だったんですよねえ。
演奏会をお願いする前段階として、常吉さんから直接CDを購入してて、
そん時に一言メッセージを書いたら、丁寧にお返事くださったので、
頼みやすかったというのがありますです。
このコメントは管理者の承認待ちです
yuccalina様、お久しぶりです。
トモロー君は中尾さんがお気に入りだったんでしょうか。トモロー君の顔が生き生きしてますし、良いコミュニケーションが取れたみたいですねぇ。きっと、鈴木さんと中尾さんの気さくなお人柄もあるんでしょう。

yuccalina様が作成したチラシも素敵ですね。チラシのイラストもyuccalina様のものですか?いい味でてます。

鈴木さんと中尾さんのことは知らなかったんで、つべの動画でチェックしました。鈴木さんの「思ひで」はアイルランド民謡なんですね。なんとなく懐かしいメロディという感じで馴染みやすい曲でした。
pipco1980さんへ

> やっべーす!コンポステラ…すっげえいいっすね!
> おかげさんで向島さん参加後の音も何となく想像できる
> すっごく巨大に想像できるから….あああ。やべっす…
> 買うなあ...絶対!....。


ありがとうございます。
この向島トリオでも、コンポステラのアルバム『1の知らせ』でも良いので、じぇひアルバム1枚でまるっと聴いてみてくださいまし~~!
森苺さん、いらっしゃいませ~~!

> yuccalina様、お久しぶりです。
> トモロー君は中尾さんがお気に入りだったんでしょうか。トモロー君の顔が生き生きしてますし、良いコミュニケーションが取れたみたいですねぇ。きっと、鈴木さんと中尾さんの気さくなお人柄もあるんでしょう。
>
> yuccalina様が作成したチラシも素敵ですね。チラシのイラストもyuccalina様のものですか?いい味でてます。
>
> 鈴木さんと中尾さんのことは知らなかったんで、つべの動画でチェックしました。鈴木さんの「思ひで」はアイルランド民謡なんですね。なんとなく懐かしいメロディという感じで馴染みやすい曲でした。


大きくなってからは流石にないのですが、トモローは好きな人にはニコニコ寄っていくタイプですたので、きっと中尾さんが好きだったのでしょう。で、トモロー膝がに乗ったり顔を近づけても嫌な顔せずに構ってくれていたので、私も中尾さんは気さくな方と思い込んでますたが、後で常吉さんから「あの日の中尾くんは妙に機嫌が良かった」そうなので、それもトモローのお蔭だったかもしれませんぐ。

チラシはネットから写真を拾ってきて、私が適当にデザインしたのです。内輪で配るものでしたが、一応常吉さんにも見てもらい、了承頂いたものです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1391-62f496b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR