プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/18 09:15 yuccalina

トリコロール~青の愛・白の愛・赤の愛

ポーランドの故クシシュトフ・キェシロフスキ監督による、フランス国旗のカラーをイメージしたドラマ三部作は、OLしてた90年代に見たいと思ってて、そのまま20余年経ってしまっておったのです。今年1月にCSで一挙放送があったので、録画しておいたのを、やっとこさ見ることが出来ますた。

3つ纏めてなので、あんまり詳しくは書きませんが、気になったところを書き記しておきますです。

国旗の色が意味する

青=自由
白=平等
赤=博愛

をテーマとし、映像全体にもディテイルにもそれぞれの色が使われておりますが、私が持ってる色のイメージと重なる部分が結構ありました

それは、例えば、青のヒロイン、ジュリー(ジュリエット・ビノシェ)は作曲家の夫を愛娘を交通事故で失い、喪失感と呪縛から自由になり、彼女をずっと愛していたオリヴィエ(ブノワ・レジャン)と結ばれる、という展開です。しかし、亡夫の愛人が身籠ってるのを知ると、処分する予定だった財産をお腹の子供に譲ると言う寛容さは、空や海の色である青と、私の中では重なったんですね。



最初から最後まで暗く重たい雰囲気の作品ですが、ジュリーが亡夫の残した未完の協奏曲(BGMとして流れる)を仕上げていくことで再生していく、ドラマティックなストーリーです。

そして、白=平等はポーランド人美容師のカロル(ズビグニェフ・ザマホフスキ)が、フランス人のヨメ、ドミニク(ジュリー・デルピー)の国に来て結婚した途端、性的不能に陥り、離婚されてしまう話。言葉もまだ不自由で外国人だから差別されとる、と言う様子が冒頭で描かれています。そこから這い上がって、ヨメと平等の立場になったという意味でしょうか?しかし、彼はドミニクを天使と呼び、彼女を彷彿とさせる白い胸像を買って眺めたり、結婚式で純白のドレス姿のドミニクを思い出すシーンには、白に純粋性を投影してる気もしました。もしや、彼女を神聖化し過ぎての不能かも?とまで考えちゃいましたが、「ポーランドにいたときは上手くいってた」と裁判でカロルが証言してるので、違うんでしょうね。



東欧好きなワタクシとしましては、やはり『白の愛』が一番楽しめました。フランスは前半少しだけで、お話の舞台は殆どポーランドでしたから。民主化の波で兄の美容室にネオンが灯っていたとか、目ぼしい土地を手に入れて上手く金儲けするカロルを見ると、東側の国々では、どこでも混乱期に上手く立ち回って成功した人が沢山いるんだろうな、と想像できました。

妻に捨てられ、パリの地下鉄で茫然自失のカロルに声をかけ、ポーランドへ帰国させてくれた(その方法がまた笑えるんだが)ミコワイ(ヤヌシュ・ガヨス=ちょっとブライアン・フェリーに似てる?)との友情も良いし、すっとぼけた雰囲気の兄も良い味を出してます。『青の愛』の暗さと対照的で、コメディタッチなこの作品が余計に引き立ったとも言えます。

事業に成功し、フランス語も猛特訓して、自信に道溢れたカロルが別人みたいになるビフォーアフターも良いかったのですが、最後にドミニクへの復讐をしたのは、なんでなの?と、実は少し残念に思いました。なので、思わせ振りなラストシーンを見ながら、

「ドミニクを許したってよ~!はよ助けんかいっ!」

とイライラしちゃいました。

しかし、その腑に落ちないエンディングが、『赤の愛』で見事に解消されたのは、心憎い演出だなと思いましたよ。

『赤の愛』のラスト、ドーバーのフェリー事故の生存者として、主人公ヴァランティーヌ(イレーヌ・ジャコブ)と共に、ポーランド人実業家のカロルと、フランス人のドミニクがニュース映像に写し出される。そこで、二人がヨリを戻してたと、確認できる訳なんです。ちなみに青のカップル、ジュリーとオリヴィエも生存者として登場し、ここで三つの愛が揃い、三部作としてのエンディングにもなっていると。

で、その最後の『赤の愛』についても少し書いておきますね。赤は情熱的なイメージなので、博愛って?と少々違和感がありましたが、赤は人間の根元的なものを表す色として、当てはまるのかも?



盗聴をしてる厭世的な元判事の老人ヴェルヌ(ジャン=ルイ・トランティニャン)が、スイス人学生でモデルをしているヴァランティーヌから「哀れな人ね」と言われて自首をする。ヴェルヌは彼女を愛するようになっていたのですが、それは恋愛感情とはどこか違う、時空を超えたものとして描かれている。それを博愛と理解すれば良いのかは分かりませんが、ヴァランティーヌのエピソードと並行して描かれていた若き法律家オーギュストを、自分の若い頃に似ていると、ヴェルヌは盗聴しながら自分の分身として見ていたのが深い意味を持っていたようです。ラストのフェリー事故でのシーン、生存者としてヴァランティーヌとオーギュストが出会うことで、ヴェルヌの愛は間接的に成就するかも?と予感させるからです。

と言う訳で、もし20年前に映画館で見てたら、半分寝てた(特に青はしんどそう)かも?と思ったので、この年で見て良かったんだと思いました。出来ましたら、3本纏めて順番に見ることをお勧めいたします。



お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: フランス 東欧

テーマ:フランス映画 - ジャンル:映画

アネモネ、マーガレット開花等 | ホーム | 28年前の新聞記事を見ながら叫ぶ~トッド・ラングレンが好きっ!!
Comment
こんばんは。

これは三部作観たはずなんですが、まったく記憶にありません(^_^;)

かすかな記憶はイレーヌ・ジャコブだけで、それ以外の出演者は思い出せない・・・。

多分、今観ても寝ちゃうかも。
当時は寝なかったと思いますが、これだけ記憶に無いと寝たのと一緒ですね(笑)
バニーマンさんへ

> これは三部作観たはずなんですが、まったく記憶にありません(^_^;)
>
> かすかな記憶はイレーヌ・ジャコブだけで、それ以外の出演者は思い出せない・・・。
>
> 多分、今観ても寝ちゃうかも。
> 当時は寝なかったと思いますが、これだけ記憶に無いと寝たのと一緒ですね(笑)

そうでしたか。残念です。
映像としても、それぞれの色が印象的で、私は好きなタイプの作品でした。
年取ってからの方が、味わえるかと思います。



Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1367-c1c2039f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。