プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/04/09 06:36 yuccalina

Todd Rundgren『I Saw The Light』カバー集

ちょっと前にトッド・ラングレンの話した時、ふと思い出した一曲が、Mood Sixの『I Saw The Light』でした。丁度トッドのリバイバルと重なった時期のリリースだったんですよね。



確かレコードを買った当時(1988年)は、グループの実態はイマイチ分かっておらんかったのだが、今Wikiを見てみると、モッズリバイバルやネオ・サイケのカテゴリーだったんすね。確かレニー・ケイがプロデュースだったから引っかかったと記憶してるのですが、裏は取れておりませんぐ。何か別のグループとゴッチャになってるかもなあ。

と言う訳で、急にYouTubeで『I Saw The Light』巡りしたくなっちゃんたんですわわわ。

知らんかったカバーも出てきたぞ。

ティーンネイジ・ファンクラブはそんなに聴き込んでなかったグループなのですが、意外とオリジナルに忠実にやってるのですね。



で、ワタクシもいっときハマったホーボーケン・ロック(記事はコチラ)なヨ・ラ・テンゴは、結構崩しにかかっとります。



ボサノバっぽい、ローファイな女性ヴォーカルがグー!

テリー・ホールのは、以前彼の話題で紹介したことあるのですが、また貼っちゃいますです。



小芝居入りのPVでっせ~~。

そんで、日本代表はやっぱこの方でそ?高野寛



トッドがファーストアルバムのプロデュースしたんですよね?いい曲は日本語でもハマるのう。

とまあ、どれも良いのですが、私的に目新しいのがないな~、と思ってたら、こんなのが~~!



ウクレレ・バージョン!爽やかハーモニー!

何気に良い!そ~だ、ウクレレ→ハワイと言えば、トッドのお住まいもハワイですたね?「一緒に弾こうっ!」って、コード進行のテロップもあるので、私もギターでカバーしてみよっかな~~♪

つー訳で、最後はご本家トッドがハワイのお家でお友達とギグりますたの図。



で、、ダリル・ホールは何気にヅラですかい?

といつものクセで「ヅラKGB」を発動しそうですがww、ここはグッと我慢。

流石に景色良いな~~。トッドってばこんな素敵な場所に住んでらっさるのねっ!やたらきれいな映像だにゃーと思ったら、これダリル・ホールがやってるラジオでの演奏みたいです。本来ははダリルのお家からやってる番組らしいのですが、記念すべき第一回放送はゲストであるトッドのお家からだったんですってえ。昔聴いてた頃は、トッドとハワイなんてイメージ全然わかなかったものですが、すっかりハマってます。やっぱりヒーリングなお方ですからね。

と言う訳で、私の好きなアーティストが実はトッド好きだったり、若しくはトッド好きを嗅ぎ付けて好きになったアーティストがいたり、こうして好きなものが広がっていく訳ですにゃー。

ところで、話が元に戻りますがが、80年代後半はレニー・ケイがプロデュースしたバンドに、いくつかお気に入りがいたのを思い出しました。JamesとかWeather Prophetsとかね。後のオルタナやシューゲイサーに繋がる流れのギターバンドだったかと思うのですが、そのあたりも何れ動画を拾って紹介していきたいなと思っております。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

東欧雑貨『Obchodオプホット』さんのこと | ホーム | 花と草団子
Comment
みんな大好きI Saw The Light(糸井五郎風に!)
ですけど、これだけ一気に聴く機会ももしかしたら
生まれて初めて?というくらいで、なんでしょう…
さすがにちょっと箸休めが欲しいかなっと…。

それにしても元SpecialsでFun Boy Threeで
トウモロコシ頭でサマータイム熱唱してたヒト…、
ただのカラオケオヤジに成り下がってましたねえ。
それが今日一番の驚きでありました。
こんばんは。

流石の名曲!
どのヴァージョンもメロディーはオリジナルに忠実ですね。
ディランのライブみたいに何の歌か分からない、なんてことは無いので、安心して聴けます!(^^)!
彼女が誘ってくれた目黒のアイリッシュパブでふいに流れてきた想い出があります。
相手はこの曲を知らなかったのだけど、あらためて僕も詞の内容を振り返ってみたり。

それで今回のテリー・ホールの動画、過去に一度くらいは目にしたようなんですがラストで「お祝い」されてたんですね〜
じつは僕、昨日誕生日でして。

そんなワケで、大好きなこの曲がまた一層「記念日」の想い入れを強めてくたかなと。


どうもですた〜〜 ヽ(#^.^#)
こんばんは

 いやあ、みんなすばらしいですね。
 これだけ多くのPVをよく見つけてきましたね。

 私、日本代表、高野寛選手が特に気に入りました。
 先日地元のラジオ番組にゲストで招かれていましたが。
 万年青年の彼が50歳を越えたと知り、びっくりしました。

 今日の高野選手、若々しくのびやかに歌っています。それだけ名曲ということなのでしょう。
pipco1980さんへ

> みんな大好きI Saw The Light(糸井五郎風に!)
> ですけど、これだけ一気に聴く機会ももしかしたら
> 生まれて初めて?というくらいで、なんでしょう…
> さすがにちょっと箸休めが欲しいかなっと…。
>
> それにしても元SpecialsでFun Boy Threeで
> トウモロコシ頭でサマータイム熱唱してたヒト…、
> ただのカラオケオヤジに成り下がってましたねえ。
> それが今日一番の驚きでありました。


くどくてすみませんぐww
崩しにかかってるカバーが少なかったんで、余計に飽きやすかったかもしれませんね。
ただのカラオケ親父でも、声が良いから許す!
って感じでしょうか、私の場合。
まユタンぽさんへ

> 彼女が誘ってくれた目黒のアイリッシュパブでふいに流れてきた想い出があります。
> 相手はこの曲を知らなかったのだけど、あらためて僕も詞の内容を振り返ってみたり。
>
> それで今回のテリー・ホールの動画、過去に一度くらいは目にしたようなんですがラストで「お祝い」されてたんですね〜
> じつは僕、昨日誕生日でして。
>
> そんなワケで、大好きなこの曲がまた一層「記念日」の想い入れを強めてくたかなと。


あらー、嬉し恥ずかしな思い出話をありがとうございます。
そして、昨日お誕生日でしたか、おめでとうございま~~す!
>
> どうもですた〜〜 ヽ(#^.^#)
バニーマンさんへ

> 流石の名曲!
> どのヴァージョンもメロディーはオリジナルに忠実ですね。
> ディランのライブみたいに何の歌か分からない、なんてことは無いので、安心して聴けます!(^^)!

あ、お返事の順番ちょっと間違ってますた。すみません。
そうなんです、どれもあんまり崩してないんですよねえ。綺麗な曲だから崩したくなくなるのかな。
歌い方はトッドが一番外し気味にしてたのが面白かったんです。
mikitaka08さんへ

>  いやあ、みんなすばらしいですね。
>  これだけ多くのPVをよく見つけてきましたね。
>
>  私、日本代表、高野寛選手が特に気に入りました。
>  先日地元のラジオ番組にゲストで招かれていましたが。
>  万年青年の彼が50歳を越えたと知り、びっくりしました。
>
>  今日の高野選手、若々しくのびやかに歌っています。それだけ名曲ということなのでしょう。

YouTubeは曲名で検索するとカバーが沢山出てきたりするんで、それで知るというパターンが多いんです。
高野寛さんもご活躍なんですね。以前大槻ケンヂが「バンドブーム時代、真面目に音楽と向き合ってた奴は皆、今でも音楽をやってる」と言ってたのを思い出しました。高野さんはバンドブームとは関係ないですが、、。
『I Saw The Light』巡りですか。
いろいろあるんですね。

高野さん サビの部分を「強い愛」とわざわざ変えるところなんてなかなかやりますなあ。
日本語ver.違和感なくいかにも高野さんっぽいです。
面白半分さんへ

> 『I Saw The Light』巡りですか。
> いろいろあるんですね。
>
> 高野さん サビの部分を「強い愛」とわざわざ変えるところなんてなかなかやりますなあ。
> 日本語ver.違和感なくいかにも高野さんっぽいです。


こういうことが出来るのも、YouTubeの御蔭ですね。
邦題のつけ方なんかもそうですけど、英語をそのまま日本語に置き換えるのでなく、ひと手間加えてるとキラリと光るんだと思います。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1366-aa67a64c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。