プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/03/08 16:00 yuccalina

オーダーのトートバッグ他と、ブランドネームは『Yuccalina Erdő (ユッカリーナ・エルドゥ)』

トランシルヴァニア(ルーマニア北西部)のハンガリー民族に伝わる刺繍、イーラーショシュの作品を紹介するハンドメイド報告です。

イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍(商品詳細 Amazon co.jp)
irasos1.jpg

以前コースター(コチラ)をオーダーしてくださったブログ友達のふぁる代さんから、再び注文を頂きました。今回はネイビーのトートバッグとワインカラーのブローチ、そしてバレッタです。

handmade198.jpg

バレッタは以前東欧雑貨クリコさんに納品したものと、同じデザインが良いとのことでしたが、布に直接下絵を描くので花や葉の大きさ形に多少は違いがあるかもしれません。

handmade201.jpg

一方、トートバッグとブローチは、チューリップのモチーフで新しくデザインしてみました。この二つはお揃いっぽくしたい、との要望でしたので、刺繍糸の色も白で統一。

handmade202.jpg
handmade200.jpg

バッグは市販のキャンパストートを使用したので、ファスナーもボタンも無い為、マグネットホックを付けてみました。

handmade199.jpg

そして、このトートバッグやブローチのデザインに使用しているチューリップのモチーフですが、これは普通イーラショシュで使用されるトラディッショナルなものとは違いまして、

handmade203.jpg

実は、チェコの藍染、ヴィオルカさんで使用されてるパターンを参考に、デザインしてみたものなんです。

<Violka カタログより>
handmade205.jpg

チェコの藍染め ヴィオルカ
cze18.jpg

花弁の縁を鋭角にするのが新鮮で、どうしても取り入れたかったんですね。そこに渦巻状の葉っぱを足して、少し雰囲気を変えてみました。

さて、前回ブランドネームを付けるかどうかの話をしましたが、色々と考えた結果付けることにしました。

名前はYuccalina Erdő (ユッカリーナ・エルドゥ)です。

Erdőはハンガリー語で小さな森を意味しますので、『ユッカリーナの森』みないな感じですかね。ちなみに、森の彼方を意味するトランシルヴァニアは、ハンガリー語でErdély(エルデーイ)と言い、Erdőから派生した言葉と思われます。

そしてブランドロゴの作成はネーミングとほぼ同時進行で行いました。ブランドネームにYuccalinaを入れようとは、結構早い段階で決まったので、Yuccalinaの文字を筆記体で手描きし、刺繍のデザインがイメージできるお花を描こうと、先に決まりました。現在はデザイン事務所の女社長となった短大時代の友人M子に、私のラフスケッチをチェックしてもらいながら、色々とアドバイスを貰って描きました。

yuccaerdo.jpg

これに合うハンガリー語のワードを後からチョイスした感じです。辞書とにらめっこしながら色々と候補を出した結果、サウンド的にも、意味としてもピッタリはまったのがErdőでした。イーラーショシュはハンガリー民族の伝統刺繍であるので、そこにはこだわりたかったと。

上の画像を元に、Erdőの文字は活字にすることにして、M子に仕上げ(ラインの修正とバランス調整等々)をお願いしました。完成を待つ間、試しにネームタグを作ってみましたが、こんな感じに。

handmade204.jpg

そして、昨日、M子から送られてきた完成作がこちら。

yuccalinaerdo1.jpg

yuccalinaerdo2.jpg

おお~、やっぱりプロの仕事って凄いですね。全然違うなあ~!

念のため色が反転してるのと2種類作ってもらいました。色はイーラーショシュの糸で一番好きなブルーに近いものにしました。

handmade206_201603081546108b5.jpg

ちなみに、上の作品はクリコさんに次回納品希望の作品なのですが、まだ未完成です。

で、ネームタグですが、当面は家のプリンターで

コピー→カット→パンチで穴を開ける→紐を通す

という手作業で作ろうと、必要なものを一通り揃えたところです。

と言う訳で、ブランドネームを持つことで、これから細く長く続けて行くモチベーションにしたいと思っています。手広くやっていくことは全く考えておりませんが、責任を持って、よい良い作品作りに励みたいと思っている次第です。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 東欧 刺繍

テーマ:北欧・東欧のかわいい雑貨 - ジャンル:趣味・実用

春のベランダ~もうすぐアネモネとマーガレットが | ホーム | 『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』~ジョージの自分探しと自分無くしの旅
Comment
おお!素敵なロゴが出来ますたね~!
ハンドメイドの素朴な温かみが感じられるロゴで、yuccalina様の作品にピッタリ!花の刺繍風の模様も葉っぱの感じがイーラーショシュのムードを上手く醸し出してるデヨ♪ プリントアウトして、手作業で商品タグづくり。いいかと思うニダ。少し切り口が不ぞろいだったりすると、そこに手作りのぬくもりを感じたりしますしね。

それと黒いバッグに白いチューリップの刺繍も可愛いニダ。オリジナルデザインってのがいいニダな。
ご紹介ありがとうございました お散歩に楽しく使わせていただいてます
すてきなブランドネームですね そういうのできると 俄然やる気っていうかモチベーションあがりますよね 納品希望の作品も楽しみですね 完成したら見せてくださいね
Mansikka様

ありがとうございます。お蔭様で完成致しますたわ。その節はお世話になりました、

> おお!素敵なロゴが出来ますたね~!
> ハンドメイドの素朴な温かみが感じられるロゴで、yuccalina様の作品にピッタリ!花の刺繍風の模様も葉っぱの感じがイーラーショシュのムードを上手く醸し出してるデヨ♪ プリントアウトして、手作業で商品タグづくり。いいかと思うニダ。少し切り口が不ぞろいだったりすると、そこに手作りのぬくもりを感じたりしますしね。

はい、何せ大量に生産は不可能なんで、タグもちょこっとずつ手作りしていこうと思いました。

> それと黒いバッグに白いチューリップの刺繍も可愛いニダ。オリジナルデザインってのがいいニダな。
このチューリップの形がチョーお気に入りなんで、これから花の数を増やしたり、四角や円型用の連続模様とかを考えていきたいと思っておりますです。
ふぁる代さんへ
> ご紹介ありがとうございました お散歩に楽しく使わせていただいてます
> すてきなブランドネームですね そういうのできると 俄然やる気っていうかモチベーションあがりますよね 納品希望の作品も楽しみですね 完成したら見せてくださいね

いえいえ、こちらこそありがとうございました。
ブローチ、バッグに合う色で良かったです。
ブランドロゴ、お蔭さまで完成致しました。
今後とも宜しくお願い致しますm(__)m
ロゴ、とってもいいですね。
責任をもってやっていきたいというお気持ち、とても大切だと思います。
千鳥さんへ

> ロゴ、とってもいいですね。
> 責任をもってやっていきたいというお気持ち、とても大切だと思います。

ありがとうございます。
その節はお世話になりました~!
結局、直感で選んだ人も、じっくり考えた人にも、エルドゥーが一番人気だったみたいです。
こんばんは

 実に味のある刺繍ですね。私は北海道生まれなので、アツシ織の紋様とどこかで共通する何かを感じますね。伝統刺繍ですから、当然なのでしょうか。手のこんだ、しかし何十年も百年も長持ちするぞ、という雰囲気が伝わってきます。
 素晴らしい技術を後世にも伝えていってほしいですね。
 ロゴも素晴らしい。筆記体と活字体のバランスと、Oの上2個のアポストロフィは他では見られないでしょう。
mikitaka08さんへ

>  実に味のある刺繍ですね。私は北海道生まれなので、アツシ織の紋様とどこかで共通する何かを感じますね。伝統刺繍ですから、当然なのでしょうか。手のこんだ、しかし何十年も百年も長持ちするぞ、という雰囲気が伝わってきます。
>  素晴らしい技術を後世にも伝えていってほしいですね。
>  ロゴも素晴らしい。筆記体と活字体のバランスと、Oの上2個のアポストロフィは他では見られないでしょう。

ありがとうございます。伝統刺繍にはどこか通じるところがあるのでしょう。北海道ですとアイヌの民族衣装は、シベリアの少数民族でよく似たものを見たことがあります。
ロゴは友人の力によるものが大きいと思っています。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1360-dd49ff6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR