プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/12/29 20:00 yuccalina

0655『ねこのふみふみ』とQujiraの杉林恭雄さんと『サイケデリック物理学』

平日の我が家の朝は、いつもEテレで始まります。特に好きなんが『0655』。12月になって新しい歌『ねこのふみふみ』が始まりましたが、ダンナがボソりと

「オードリーの若林が歌ってるみたいだぞ」

と言うので、耳を疑ってしまった。いや、私は彼の『ハトのお嫁さん』をブログで紹介したことがあるのですが、それはパンクスも驚愕の破壊力を持った歌唱であり、朝に聴くような歌ではないからです。

つー訳でサッサとスマホで検索してみたら、

『ねこのふみふみ』 歌: 杉林恭雄

って、若"林"正"恭"と二文字被りで、ダンナの勘違いはギリギリ分からなくもないか?

いや、それよりも何よりもショックだったんは、ダンナの一言で調べるまで、杉林さんの歌声に気がつかなかったと言う事なんです。私としたことが~!

で、ウィキペディアを見てみたら、同じく0655で放送されてた『プカプカタコ』も、杉林さんが歌ってたらしい。で、再び、私としたことがが~!

しかし、猫の可愛らしい仕草と、杉林さんの優しい歌声に癒されるこの素敵な歌が、何と30分連続再生の動画ってのも凄いですね。やはり、杉林好きよりも、猫好き向け動画なんかな?



さて、今年は後半戦に入ってから色々と忙しく、音楽記事でクリスマスソングを紹介せずに終わってしまいますた。別に聴かなかった訳ではないのですがが、記事を書くとなると、やはりどうしても書きたいことが優先になっちゃいますんで。そんで、年内にどうしても書いておきたかったのが、この杉林恭雄さんのことなんですよ。

杉林さんのバンド”くじら”を知ったのは多分20歳の時でした。学生時代はもっぱら海外アーティストのコンサートばかりだった私も、日本のインディーズに目覚めて、ライヴハウス通いが始まった頃。イカ天ブーム前夜の当時は、雑誌や輸入レコード店、そしてライヴハウスが主な情報源でした。そして、渋谷の公園通り(確かライヴハウス”Egg-Man”の近く)にあったCSV渋谷という店は、FM東京の番組も持ってて、そこでインディーズのレコードやライヴ音源をオンエアーしていました。私はその番組で色んなアーティストを知ったのですが、印象に残ってるのは、

チャンス・オペレーション
E.D.P.S.
コンクリーツ
ピッキー・ピクニック

等々ですが、取り分け鮮烈だったのが、くじらでした。

暴力的な大音量や絶叫が支配するパンクとは対極の、レトロで哀愁を帯びた旋律と歌詞は、逆にラジカルにも思えたものです。

哀愁のディオニソス
やって来るやって来い
生まれる前に見た夢
踊る男泣く女




初期の作品で一番好きなのは『レイン・ダンス』なのですが、動画がなかったんで代わりに『Kappa』です。当時はPVがあったことを知りませんでした。

今にして思えば、クレズマーのテイストを受け継いだ曲だったのかもしれません。そして、ラジオで好きになったじらを一目見たくて足を運んだのが、

サイケデリック物理学

と言う一連のコンサートでした。半券が残ってます。

music7.jpg
music8.jpg
music9.jpg

私が初めて行ったのは第2回だったんか。
青山円形劇場は素敵なところだったなあ。
くだんのCSV渋谷でチケットゲットしてたのね。

とか、次々と思い出されますがが、最後の年越しライヴだけ、メンツが載ってないのですね。でも、多分ここでもくじらを見たと思います。その他、須山久美子、キリング・タイム、GONTITIなど、この一連のライヴを見て好きになったアーティストも多数。

で、くじらは確かエピックソニーでメジャーデビューして、1990年のアルバム『メロン』に収録された『サボテン』がワコールのCMに使われて、「おおーっ!」となったのをよく覚えています。

それから長いブランクを経て、再び杉林さんの名前を見つけたのは、やはりEテレでした。『ジャム・ザ・ハウスネイル』と言う子供向けのクレイアニメで、主人公ジャムのパパさんの声を担当していました。



エンディングテーマのもりばやしみほ(ハイポジ)と、演奏の栗コーダーカルテットも、ワタクシの食い付きポイントでした。

さて、先の『Kappa』PVも含め、YouTubeにある『くじらチャンネル』はオフィシャルみたいですね。関連動画が多数アップされておりまして、そこで、2013年にアルバム『ふたりのラジオを鳴らそうよ』が出てたと知りました。





今ではくじらはバンドでなく、杉林さんのソロプロジェクトみたいですね。ウィキによれば、ドラムの楠さんは現在キリンジの正式メンバーらしい。等といったところに、月日の流れを感じますけど、それでも杉林さん、見た目も歌詞も歌声も、相変わらず素敵なんです。この肩の力が抜けた雰囲気に、変わってないなあ。猫のふみふみと同じ癒し効果あり?また、生歌を聴きに行きたくなっちゃいました。

と言ったところで、1ヵ月前から準備してた記事なんですが、年内に間に合って良かった。今年の更新はこれにて終了。新年は多分4か5日あたりからかな。

それでは皆様良いお年を。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらポチして頂けると嬉しいですm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

新春2016は『あけぼの印』から~テレグラフやナゴムレコードの話なぞ | ホーム | サクラソウがスピード開花
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさま

> 「ねこのふみふみ」。
> 可愛いくて、なかなかやめられない動画ですね。

はい、30分続いても大丈夫、というかクセになりますね。
>
> ジャムと、栗コーダーカルテット、めっちゃ懐かしいです。
> こちらの「もりばやしみほ」さんは、小中学校の時、同じバレエスタジオで教わっていたんですよ。びっくりしました。

そうだったんですか。私残念ながらライヴは見た事ないので、声しか知らないのですが、どんな方なのかなあ?

> 私はおかあさんといっしょの曲で「あめふりりんちゃん」が大好きだったのですが、この動画でつのださんの後ろで演奏している方々は、栗コーダーカルテットの皆さんでは、と思ったのですが、どうでしょうか。
>
> http://www.nicovideo.jp/watch/sm23244114

すみません、ニコニコ動画見られないて、確認出来ておりませんが、『あめふりりんちゃん』は作曲が栗原正己さんで、編曲が栗コーダーカルテットになってましたから、多分そうなんでしょうね。

鍵コメさま

こちらこそ、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
mikitaka08さんへ
 
>  1986年のコンサートチケットの半券をお持ちとはすごい。それにしても1年を締めくくるにふさわしいと言おうか、非常によく練られた記事ですね。1か月も前から用意されているとは。
私は結構物をポイポイ捨てる方なんですが、妙なものを大事に取っておいてるんです。
 
>  紹介される楽曲の順番とふくらませ方や楽曲にまつわるエピソードの織り交ぜ方が巧みですので、今まで聴いたことがないものにも引き込まれます。
ありがとうございます。

>  猫のPVも秀作ですが、クレイアニメもいいですね。クレイアニメは外国のがすごいと思っていましたが、日本にもこんなにいいのがあるのですね。ローカルスポーツ番組(高校野球とアイスホッケー)や団塊世代向け番組以外はEテレを見ることがないのですが、今度は意識して見たいと思います。
Eテレは息子と一緒に見ていて、結構自分が夢中になってしまうものが多いです。大人も楽しめる良質な番組も多いので、是非お孫さんと一緒に見てみてくださいね。
「サイケデリック物理学」に参加されていた方々は今でもこうして活躍されていますね。

秋ごろに、何げに入ったカフェの女性店主さんがジョイ・ディヴィジョンがとても好きだったということを話してくださり、「恒松正敏さんが昨日演奏してくれて…」とか、想わぬところでのお店の発見もありました。

ユッカリーナさんのブログもまた然り。
遡って須山さんの名前も目にすることができましたし。

来年もまた、ユッカリーナさんによるアスペルガーとアーティストたちへのあたたかい眼差しのある考察記事を愉しみにしております。
よい年をお迎えくださいませませ♪

*ちなみにカフェは、新宿百人町にある「カフェアリエ」というお店です。
yuccalinaさん、こんばんは。
♪ふかふかの~まぁるいハートを~、って歌が好きでした、Qujila。
0655と2355は我が家でも大人気です。
ねこのふみふみのクレジットみて、あー、Qujilaの人だなぁ、と思ってました。

それでは、よいお年をー♪
まユタンぽさんへ

> 「サイケデリック物理学」に参加されていた方々は今でもこうして活躍されていますね。
そうですね。YouTubeのせいでCDが売れない時代と言われてますけど、逆にチャートとは関係なく地道に音楽を続けやすい環境でもあるような気がします。ライヴハウスに行けなくても動画で演奏か見れたりして、私にとってはとても良いです。

> 秋ごろに、何げに入ったカフェの女性店主さんがジョイ・ディヴィジョンがとても好きだったということを話してくださり、「恒松正敏さんが昨日演奏してくれて…」とか、想わぬところでのお店の発見もありました。
そうなんですか~!ツネマツさんはライヴは見たことないんですが、まだやってらっしゃるんですね。

> ユッカリーナさんのブログもまた然り。
> 遡って須山さんの名前も目にすることができましたし。
>
> 来年もまた、ユッカリーナさんによるアスペルガーとアーティストたちへのあたたかい眼差しのある考察記事を愉しみにしております。
> よい年をお迎えくださいませませ♪
>
> *ちなみにカフェは、新宿百人町にある「カフェアリエ」というお店です。

こちらこそ色々と楽しいコメントありがとうごさいました。来年もよろしくお願いいたします。あ、新宿のカフェ、機会があったら探してみますね。
goldenblueさんへ

> ♪ふかふかの~まぁるいハートを~、って歌が好きでした、Qujila。
> 0655と2355は我が家でも大人気です。
> ねこのふみふみのクレジットみて、あー、Qujilaの人だなぁ、と思ってました。
朝は中々クレジットをチェックする暇がなく、ずっと気が付きませんでした~!これからは注意して見てみようと思います。

> それでは、よいお年をー♪
良いお年を~!
こういう勘違いはよくありますね(笑)
「オードリーの若林が歌ってるみたいだぞ」
ダンナさん、ある意味ナイスです。

さて今年もあと数時間となりました。
来年も宜しくお願いいたします。
佳いお年を!
バニーマンさんへ

> こういう勘違いはよくありますね(笑)
> 「オードリーの若林が歌ってるみたいだぞ」
> ダンナさん、ある意味ナイスです。
読み違いは結構日常茶飯事ですねえ。でも、この場合は若林の歌ヘタ具合を知ってないと、ボケにならないですね。

> さて今年もあと数時間となりました。
> 来年も宜しくお願いいたします。
> 佳いお年を!
こちらこそよろしくお願いいたします。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
くじらやゴンチチとか、なつかしいです。あの時代へとトリップ・バックでした。ありがとう!
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様

明けましておめでとうございます。私も鍵コメ様のブログを通じて、考えさせられたり新しい発見があり、とても楽しかったです。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ticcaさんへ

> くじらやゴンチチとか、なつかしいです。あの時代へとトリップ・バックでした。ありがとう!

ハマって頂きありがとうございます。当時のニューエイジサウンドから後のワールドミュージックにも通じるアーティスト達が、多数登場してきた、今思えばエキサイティングな時代だったなと思います。
鍵コメ様

明けましておめでとうございます。

私にとってブログは、興味のあることへの、自分の思いを書き留めておく場所です。そこで思いがけないコメントを頂いたり、情報を貰ったりするのはとても楽しく、結構エネルギーはいりますが、辞めなくなったことはまだないです。

ちなみに自分のブログをもっと色んな人に読んで貰いたかったら、ランキングに参加するの良いかもしれませんよ。私はランキングはもうやめましたが、そこから訪問してくださった方は少なくないと思います。そこから、自分と趣味の合いそうなブログを訪問して、コチラからコメントしたことで、相互リンクして頂いた方もいます。自分が発信することだけでなく、受け取ることも大切にしながら、色んなブロガーの方達と、価値観を共有できたら良いなと思っております。

今年もよろしくお願いいたします。


新年あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします

ユッカリーナさんはほんと音楽とか映画とかいろいろな分野聞いてリ観たりしてらっしゃいますね また今年もいろいろな楽曲とか映画とか紹介してくださいね あとお料理も(なるべく簡単なの希望、、(笑)
ふぁる代さんへ

> 新年あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします
明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

> また今年もいろいろな楽曲とか映画とか紹介してくださいね あとお料理も(なるべく簡単なの希望、、(笑)
去年は料理の投稿が少なかったので、今年は充実させたいと思います。
ホント、ここは幅広いコンテンツをきっちりと書かれているのが素晴らしいです。自分的には7割方新しい知識なので余計にそうなんですが…(笑)。
今年も楽しみにしてますので、本年もよろしくお願いします。
フレさんへ

> ホント、ここは幅広いコンテンツをきっちりと書かれているのが素晴らしいです。自分的には7割方新しい知識なので余計にそうなんですが…(笑)。
> 今年も楽しみにしてますので、本年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
色々と情報を得やすい環境ですし、気になる事は念入りに調べて、というのが苦にならない性格なので、こうなっちゃった感じですねえ。その分気にならないことはとことんスルーして生活してますんで、、。
という訳で、今年もよろしくお願い致しま~す。
今日、職場に行くと、同僚が「この本、面白いよ」
と見せてくれたのが「オードリー若林」の「社会人大学人見知り学部 卒業見込」でした。
あ!歌唱力だけじゃなくて、文章力のある人だったんだ!(笑)
読んだら貸してくれるそうですので、楽しみにしているところです。
明けましておめでとうございます。
テレビを持たぬゆえ、記事の内容に言及できなくてすみません。
ご挨拶を、と思いましてね。
旧年中はいろんな記事で楽しませて頂きありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いします。
mikaidou様

> 今日、職場に行くと、同僚が「この本、面白いよ」
> と見せてくれたのが「オードリー若林」の「社会人大学人見知り学部 卒業見込」でした。
> あ!歌唱力だけじゃなくて、文章力のある人だったんだ!(笑)
> 読んだら貸してくれるそうですので、楽しみにしているところです。


あ、その本新聞広告で見て、読みたいなと思ってました。若林は読書家でネタも作ってるので、文章力はかなり期待出来ますね。多分ピース又吉をライバル視してるのでは?
ところで、若林といえば私は彼の「安藤美姫好き」に非常に興味がありまして、ずっと「オードリー若林が語る安藤美姫の正しい愛し方」をブログに書きたくてウズウズしてるのですが、何せフィギュア記事は色々とややこしいので、いまだに封印しております。
乙山さんへ

> 明けましておめでとうございます。
> テレビを持たぬゆえ、記事の内容に言及できなくてすみません。
> ご挨拶を、と思いましてね。
> 旧年中はいろんな記事で楽しませて頂きありがとうございました。
> 今年もどうぞよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。
記事の内容は全然気にしないで大丈夫です。
今年もよろしくお願い致します。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1326-12f97481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。