プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/23 18:30 yuccalina

日仏合作映画『FOUJITA』のこと

コチラは11月17日に一度投稿した記事ですが、追記(青字)しました。

先週末公開になった、画家藤田嗣治を描く日仏合作映画『FOUJITA』の、ポストカード付チケットをゲット致しました。先週の水曜日、銀座の綿本ヨーガスタジオへ行く道すがら、有楽町の角川シネマで購入して参りますたのよ。

foujita31.jpg
foujita32.jpg

左のアップのカードを見ると、アゴのホクロは敢えて消さなかったのでそか。小栗監督も「伝記映画にするつもりはない」と仰ってましたので、オダジョー感を消す必要もなかったということでそか?それにしても、やっぱりオダギリジョーは二枚目過ぎますね。

foujita.jpg

と、本物の藤田の写真を見て実感いたしましたが、以前にも書いた藤田のオシャレな服装も含め1920年代の空気が、どのように描かれているのか、とても楽しみ。そして、戦争画関連については、小栗監督の捉え方が反映されるでしょうから、そちらも興味深いところです。今週末に見に行く予定ですので、来週には感想を書きたいと思っております。

追記)

20(金)に新宿武蔵野館で見てまいりました。

フジタのパリと日本でのエピソードで綴られているものの、殆どストーリーになってなくて、絵画的な映画とでも言いましょうか。映像はどれも美しかったです。でも、後ろの席から大きないびきが聞こえて、集中出来なかったりしました。

君代夫人が過去の女性達を「布に例えるとどんな人?」と質問する下りは、フジタの布への拘りを暗に示してるんでしようね。ちなみに5人いた歴代妻のうち、最初のとみ子、4番目のマドレーヌは登場せず、君代夫人のセリフで言及しただけでした。

加瀬亮が演じた青年は、フジタが日の丸に豆と蛙を描いてあげたという鈴木博住氏がモデルになってるのかな?戦争犯罪云々の話は一切なしで終えたのは、良かったと思います。

フジタを知らないで見て、彼に興味を抱かせる映画かどうか、と言う点では微妙なとこですかね。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらポチして頂けると嬉しいですm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: フランス 20年代

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

老いるショック!と50代~その(5)高音は出ないし、舌も回らん話 | ホーム | 浅田真央スマイルアゲイン~Number 890
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
うーーーん・・・やっぱイケメン過ぎるかも?w
ストーリーを楽しむ映画にはなってなかったニカ。絵画的と言うと、パラジャーノフ監督の「ざくろの色」を思い出すニダ。

「布に例えるとどんな人?」と言うセリフは面白いですねぇ。フジタの描く布は質感が素晴らしいし。

ふと、又藤田の猫の絵が見たくなって、ググって数枚見ましたわ。猫もやっぱ毛や柄の描き方が絶妙で、撫でたくなってきますw 藤田はきっと猫も溺愛してたんでしょうね。
鍵コメ様
ありがとうございます。
返事はまた貴ブログの方に入れさせて頂きますね。
Mansikka様ばんしお~!

> うーーーん・・・やっぱイケメン過ぎるかも?w
> ストーリーを楽しむ映画にはなってなかったニカ。絵画的と言うと、パラジャーノフ監督の「ざくろの色」を思い出すニダ。
オダジョーはイケメンなだけでなく、顔が小さいので、遠目で見ても、フジタとはフォルムがじぇんじぇん違っておりますた。いちおー、酒場でのばか騒ぎとか有名なエピソードが出てくるのですが、話が展開せずに、次々と別の話になってますた。そういう断片から、各々のフジタ像を描きなさい、って感じでしょうか。

> 「布に例えるとどんな人?」と言うセリフは面白いですねぇ。フジタの描く布は質感が素晴らしいし。
>
> ふと、又藤田の猫の絵が見たくなって、ググって数枚見ましたわ。猫もやっぱ毛や柄の描き方が絶妙で、撫でたくなってきますw 藤田はきっと猫も溺愛してたんでしょうね。
はい、君代夫人が着物の反物を選ぶシーンで、その話になったんです。
肌の描きかたも、猫の毛並みも、布も、独特の質感を持ってるのがフジタの素晴らしいところですね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1303-74c736f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。