プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/11/10 11:37 yuccalina

ジャックが見たくて『恋愛小説家』~珠玉のセリフとチャーミングなブサ犬

以前、B級映画の巨匠ロジャー・コーマンを追ったドキュメンタリー映画(コチラ)を紹介した時から、にわかにジャック・ニコルソンへの熱が再発しているブログ主です。

20代の頃、映画『イージー・ライダー』と共に大好きになったジャック・ニコルソン。当時は好きな俳優として必ず名前を上げていたなあ。その他に好きな作品は『カッコーの巣の上で』『ファイヴ・イージー・ピーセス』かな。彼にとっては悪夢だったという『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』ですら見てたのは、かなり熱心に追いかけていたからでもあります。脚本も書いてましたし、ジャズやアートにも造詣が深いという知的な部分と、バスケットボール等のスポーツも大好きというのも魅力的でした。

そう言えば、ジャックの映画、最近はあんまり見てなかったなあ、最後に見たのはダイアン・キートンと共演した『恋愛適齢期』だったな、、、って、恋愛繋がりという訳ではありませんが(邦題は意識的かもしれんけど)、ジャックが三度目のアカデミー賞を取った作品、『恋愛小説家』を見てみました。



ワタクシはロマンティックコメディも得意分野じゃないですし、超有名作品でもありますので、気に入ったところだけ、サラッと書きます。

強迫神経症のメルヴィン(ジャック)は恋愛物を書く著名な小説家。行き付けのカフェでウェイトレスをするシングルマザー、キャロル(ヘレン・ハント)への思いから、色々と頑張ってる姿に何かキュンとしました。やっぱあのセリフ、良いですね。

キャロル(C): 何でもいいから、私に褒め言葉を言って!
メルヴィン(M): わ、わかった……。僕には持病がある、通ってた精神分析医は薬を飲めば治るというんだが、僕は薬が大嫌いでね、あんな危険なものはない。で、褒め言葉なんだが、君はこの前の晩、僕に“あなたとは絶対に寝ない”と言ったね。
C: いや……あれは……。
M: いいんだ、正直な気持ちを言ったからかまわないんだ。僕はね、あの翌朝から薬を飲み始めたんだ。
C: それがなぜ私を褒めることになるの?
M: 僕はね、いい人間になりたくなった……。




恋愛に限らず、好きという気持ちが人に与える力、というのがね、絶対にあると思うんですよ。好きな女性の為に良い人間になりたいから、嫌いな薬も我慢して飲んでるって。自分から言い出して思いを押し付けるのでなく、キャロルに言われて引き出された言葉である、というのも重要なポイントだと思います。

そしてもう一つ、

M: 君はどんなことでも、この世の誰よりも上手にやり遂げる。例えばスペンス(息子)への笑顔、君の頭の中にある全ての思い、そして君が口にする言葉はいつでも真摯で善意にあふれている。なのに、大抵の人間はそれを見逃している。テーブルに料理を運んでるウェイトレスの君が、実は世界最高の女だってことを。それに気づいているのは僕だけだった。それが、僕の自慢だった。嬉しかった。

これ以上の賛美の言葉は、ありますかしら?実際にそう思ってなきゃ言えない言葉です。そして、彼女に見合った人間になりたいという言葉の中には、見返りを求めていない、無償の愛を感じます。そもそも、キャロルの美徳を受け取れること自体、メルヴィンがそれに匹敵するものを持っているからだと思いますしね。

そして、私がこの映画に惹かれたもう一つの理由が、ブサ可愛い犬のヴァーデル。メルヴィンの隣に住むゲイのアーティスト、サイモン(グレッグ・キニア)の飼い犬だったのですが、サイモンが暴行事件に遭い怪我で入院の間、メルヴィンが預かることに。強迫神経症ですから犬を触るなんてもっての外だったメルヴィンですが、いつの間にか距離が縮まって、愛情が芽生え、返す時にメチャクチャ落ち込んじゃう。

ヴァーデルの表情も可愛くて、犬好きには堪らんですな~!





ブリュッセルグリフォンという犬種は、この映画で初めて知りました。短い鼻先に、ドロボーコントみたいな黒い顔が、ユーモラスでメチャ可愛いです。

最後に、上の動画にも入ってるピアノを弾くシーンとか、家にさりげなく飾っている絵画とかが、役柄だけでなく、俳優ジャック・ニコルソンのシュミを伺わせるとこも、ワタクシのツボに入った作品でございました。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらポチして頂けると嬉しいですm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 犬好き

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

ケヴィン・エアーズの”のほほん”はマレーシア仕込み? | ホーム | 中国杯の感想
Comment
恋愛小説家私も観ました、まわりくどい言い方でキャロルをほめる、回りくどい人だなーでもこの人の性格としてせいいっぱいの好意なんだなーと おもしろかったですね、、 

ヴァーデルぶさ犬具合がかわいいですね

カッコーの巣の上で、、が私は過去作品では好きです

恋愛適齢期まだみてないので今度見てみます ありがとうございます
ふぁる代さんへ

> 恋愛小説家私も観ました、まわりくどい言い方でキャロルをほめる、回りくどい人だなーでもこの人の性格としてせいいっぱいの好意なんだなーと おもしろかったですね、、 
凄く努力してるのが伝わってきて、私はちょっとキュンとなりました。

> ヴァーデルぶさ犬具合がかわいいですね
表情や仕草が可愛らしいですよね。

> カッコーの巣の上で、、が私は過去作品では好きです
>
> 恋愛適齢期まだみてないので今度見てみます ありがとうございます

カッコーは今見たらしんどいかもしれませんが、恋愛適齢期ではプレイボーイのおじさん役でしたし、結構笑えるとこが多かったですよ。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1286-8c3c0283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。