プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/10 08:45 yuccalina

インド料理アティティ(本八幡) と、ヒンディ映画と、アイスダンスと

以前、「インド料理に千切りキャベツが許せん話」を書いたことがあるが(記事はこちら)、最近良い店を見っけたので報告いたします。

普段あまり行く用ない、本八幡(千葉県市川市・JR総武線)だが、南口から徒歩5分の「Atithiアティティ」。お店の詳細は下記サイトへどうぞ。
インド料理 アティティ

<左は別注文のスパイシー煎餅パパド>atithi.jpg

上の写真は一番安いAランチ、680円也。カレー1種にライス、サラダにアチャール(薬味)の組合せだが、私はサラダを抜きにして、アチャールを倍量にしてもらった。カレーは8種類からチョイスだが、私は一番辛いタイプ、チキンジャイプールを。骨付きチキンを黒胡椒ベースのスパイスで味付けしたもの。初めて食べる味だったが、唐辛子だけのトンがった辛さとは、また一味違ってハマりました。他のカレーも是非食べてみたい。一通り試すまで、通ってみようかしら。

にしても、アチャールは美味しいよー、甘酸っぱ辛い玉葱のピクルス。何でこれを出す店が少ないのかねえ?千切りキャベツなんかより、ずーっとカレーに合うと思うんだが、、。

ところで、店内ではヒンディ映画のビデオを流していてが、画質が驚く程よくなっていてビックリした。20年前、渋谷のRaj Mahalで初めて見た時は、テープが磨耗したのか、半分砂嵐化した状態だったもんだが。店のお兄さんに聞いたら、全てインターネットからDVDに落としてるらしい。相変わらずインドに著作権は存在しないのね。私は12年前、ダンナの仕事でマレーシアに1年半程住んでいた。そこでヒンディ映画にハマり、毎日の様に見ていたんだが、映画の海賊版ビデオCDが1枚100円足らずで売られていた。アティティで流していたビデオには、見覚えのある俳優さんばかり出ていて、懐かしくなってしまった。

てな訳で、今日は私お気に入りのヒンディ映画と俳優さんを紹介します。

最近「日本ガラス瓶協会」のCMで、大和田伸也(お兄さんね)が女性と歌って踊るのを発見したが、本場もんと見比べて頂きたい。ショボさがバレるね。

<踊りがヘタ過ぎて笑えんわ>


口髭がいかにも日本人のイメージするインド人っぽいアニル・カプールは、2008年アカデミー受賞作『スラム・ドッグミリオネア』で、クイズ番組の司会者(みのもんた?)役してました。長身の女優さん、タッブーは雪の中でも薄着で踊る。ロケーションはスイスで、野次馬がそのまんま写り混んでるのも良いね。



そして、1994年ミスワールド、アイシュワリヤ・ラーイが主演したTAAL。これはA.R.ラフマンの曲自体も好きなんだが、絵的にも大好きです。





綺麗なお姉さんが歌い踊るのを陰から覗くストーカー男はキモいけど、ヒンディ映画の王道的パターン。大富豪の息子が田舎で美しい村娘を見初めて、ってベタ中のベタベタストーリーだけど、このビデオ、音楽と踊りとヒマラヤの美しい風景が、ベストマッチしている。インドの古典舞踊、カタックダンス等の素養だろうか、指先までしなやかに使った表現にウットリする。でもね、覗き見男はやっぱキモいわね。

ヒンディ映画のキング、シャールク・カーンについては1本を選べないので、出来ればまたの機会に書こうかな、無いかもしれんけど。

<まだまだ現役のシャールクは私と同い年>shahrukh08.jpg

そういえば、先日のTHE ICE 2011で、アイスダンスのメリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイトが、インド舞踊やってましたねー。流石に首振りはぎこちなかったけど、結構雰囲気出てました。フィギュアにインド舞踊は、まだ未開拓の感はあるが、ジプシーダンスとの繋がりなぞを考えれば、ぜんぜんアリの世界だと思うわ。『ツィゴイネルワイゼン』や『ハンガリー狂想曲』はフィギュアでは王道の選曲だもんね。フラと同様、手や指先の動きが手話の様に、全て意味を持っているし、体の使い方もバレエとはまた違った美しさがあるので、フィギュアの世界をまたひとつ広げてくれると思う。それに、インド系の人々がフィギュアに興味を持ってくれたら、これは中々の経済効果があるかもね。


関連記事
スポンサーサイト

タグ: インド エスニック

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

町田町蔵の映画『熊楠』の行方と又吉の話 | ホーム | 羽生結弦・眩い輝きを放つ16才-THE ICE 2011を見て
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/128-ff02f0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。