プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/10/10 08:50 yuccalina

実はカッコ可愛い『踊るリッツの夜』と『素敵なあなた』

フィギュアスケート三連チャンになってしまいますた。カーニヴァル・オン・アイスの続きです。実は昨日アップした町田樹さんの『継ぐ者』と一緒にしようかとも思っていたのですが、長くなりそうなので、別記事に致しました。浅田真央選手の今季エキシビション『踊るリッツの夜』および、ステップだけ披露してくれたショート『素敵なあなた』について。



先ずは『踊るリッツの夜』。実はこれ、鏡を見てリップを塗る姿がキュートなオープニングや、ピンクをポイントにした燕尾服&シルクハット、可愛らしいおどけた仕草などに目を奪われて、スッカリ見落としていましたが、タップダンスのカッコ良さを見事に表現した、カッコ可愛いプログラムだったんですね。

例えば、2:20辺り、つま先をチョコチョコ出して横歩きするとことか、2:48辺りのバックステップとか、タップのステップが思い浮かんできますし、冒頭のシルクハットとステッキ遣いは、勿論フレッドアステアを意識してるのでしょう。そして、ほんのちょっとしたターンでも手や肘の使い方がピシッとカッコ良い。スタイリッシュなブロードウェイミュージカルを彷彿とさせる。

20数年前、私がタップダンスを習っていた頃は、セヴィアン・グローヴァーの様なストリート系に傾倒していき、ブロードウェイミュージカルを軽視していた時期もありましたが、今にして思えば、あのスタイルはモータウンのアーティスト達の振りにも通じる洗練があったのだな、と最近になって気がつきました。特に肩や腕など、上半身の使い方で、見事にそれを表現していたのは、モータウンの振付師チョリー・アトキンスが、ドキュメンタリー番組の中に示してくれていました(詳しくはコチラ)。

と、話が少し外れましたが、このリッツの後で披露された『素敵なあたな』のステップを見ていたら、去年のゴスペルナンバー『This Little Light of Mine』での経験が生きてるような気がしてきました。

勿論彼女には、例えばマエ・ベレニス・メイテ選手の如きファンキーさを望みはしませんが、浅田真央選手なりのビートを感じるカッコ良さが、『踊るリッツの夜』や『素敵なあなた』に詰まっていそうです。そして、どちらもフリーの『マダム・バタフライ』と良いコントラストになっているのも素敵ですね。

さて、最後のタップの動画を紹介しましょう。本家アステアのリッツは、Club de Belugus版ジャングルビートっぽい現代風リミックスですね。



映像もオサレに加工されてますが、靴音が入ってないのが不満だったので、色々探してみたんですけど、元々の映像にも、アステアの歌だけで、タップ音は入ってなかったみたいで、残念です。

なので、もう1本。バッチリ靴音が楽しめるニコラス・ブラザーズの『I've Got a Gal in Kalamanzo』。演奏はグレン・ミラー・オーケストラで、1942年の同名ミュージカル映画から。



フィギュアスケートに負けないスピードとジャンプ。後半のアクロバティックな動きには思わず息を飲みますが、実はスローパートでの流れるような美しさ、クイックとのコントラスト、腕のカッコエエ使い方にも心惹かれます。チョリー・アトキンズにしろ、ニコラス・ブラザーズにしろ、白人客が集まるコットン・クラブ等で踊っていた訳ですから、都会的な洗練された所作が身について行ったのでしょうね。そういったカッコ良さはそのまま、浅田真央選手の『踊るリッツの夜』に通じているような気がするのですよ。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 浅田真央 タップダンス

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

老いるショックと50代~その(4)仏教で自己鍛錬『ブッダ最後のことば』 | ホーム | 町田樹の『継ぐ者』最終章
Comment
真央ちゃん うまいですねー 技術がいっぱい詰め込まれててしかも表現力も 休養前より各段に上がってますね 楽しさが伝わってきてこちらまで楽しくなる そんなスケートですね 試合が楽しみになってきますね
ふぁる代さんへ

> 真央ちゃん うまいですねー 技術がいっぱい詰め込まれててしかも表現力も 休養前より各段に上がってますね 楽しさが伝わってきてこちらまで楽しくなる そんなスケートですね 試合が楽しみになってきますね
真央ちゃんは難しいことを簡単そうにやってるのが凄いです。そして、いつも見る者を楽しませてくれます。ホント、中国杯が楽しみです。
やっと動画が見れますた!
アステアの動きはステッキの使い方とかオサレな感じですねぇ。でもやっぱ靴音がないと物足りないw
ニコラス・ブラザーズはアクロバティックな動きも凄いんですが、足さばきにキレがありますね。フィギュアスケート風の空中での回転も軸が真っすぐで美しいw
この2つの動画を見た後に真央ちゃんの動画を見ると、また違った楽しみ方ができるニダね。
Mansikka様おはしお~!

> アステアの動きはステッキの使い方とかオサレな感じですねぇ。でもやっぱ靴音がないと物足りないw
アステアのステッキ使いは、真央ちゃんもお手本にしてるでしょうね。この動画はリズムを強調したリミックスの音を使ってるのですが、踊りがピタッとハマってるのが凄いと思いますです。

> ニコラス・ブラザーズはアクロバティックな動きも凄いんですが、足さばきにキレがありますね。フィギュアスケート風の空中での回転も軸が真っすぐで美しいw
> この2つの動画を見た後に真央ちゃんの動画を見ると、また違った楽しみ方ができるニダね。

私は逆に真央ちゃんのリッツを見たお蔭で、ニコラス兄弟の洗練さエレガントさに気が付くことが出来たんです。それまではアクロバティックなとこばかりに、気を取られてましたので~。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1268-0ff00a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。