プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/08/06 15:47 yuccalina

リンゴ好きに食べて欲しい!ラグノオの「気になるリンゴ」

ダンナの知人が青森に出張するというので、頼み込んでゲットしたラグノオの「気になるリンゴ」。

           <お値段は1個680円也> ap1.jpg


普段、殆どスイーツ、特に洋菓子には、全く興味がない私。ホイップクリームが空気食べてるみたいで嫌いなのよー。でも、果物は毎食欠かさないほどに大好きだ。特にリンゴ(しかもフジに限る!)は、父親が秋田県出身のため、子供の頃から冬場は食べない日がなかった。な訳で、これをテレビでみた時、即「食ーべーたーい」と思っていたのよお。

ap3.jpg

まずは、ヴィジュアルの美しさを堪能しよう。ナイフを入れたら現れる、黄金色に輝くリンゴの切り口。刻まれて繊維がグチャグチャのコンポートには、絶対にない美しさだ。

芯だけくりぬいて、皮付のまま丸ごとシロップ漬けにしたリンゴの中心部には、水分を吸収する為のスポンジケーキが入っているが、細かく切ったリンゴのコンポートが混ざっていて、程好い歯応えが良い。皮ごと使ってるのは、パイ生地のサクサク感を壊さない為もあるのかもしれないが、リンゴの味としても、実はとても美味しい部分なのだと気付かされる。食感も味も皮んとこが美味しいのよー。シロップの味がサッパリしてて、リンゴ酸味を生かしつつも、ブランデー?が味に深みを加えている。正直、回りのパイ生地は付け合わせみたいなもんです。

<少しだけど、シロップ味が滲みたスポンジも美味>ap2.jpg

スイーツ好きよりも、リンゴ好きの人にオススメしたい一品。1個680円はお値打ちものだー。

お取り寄せしたい方は下記サイトへどうぞ
ラグノオ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

見てもないのに、映画『ノルウェイの森』に纏わるエトセトラ | ホーム | アメトーーク『第3回芸人ドラフト会議』
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/126-5b6fd8ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。