プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/09/25 15:15 yuccalina

青糸×鶯色コットンでイーラーショシュのクッションカバー

約3ヶ月振りにハンドメイドの更新です。トランシルヴァニア(ルーマニア北西部)のハンガリー人に伝わる伝統刺繍、イーラーショシュの作品を主に紹介しております。

イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍(商品詳細 Amazon co.jp)
irasos1.jpg

私がトランシルヴァニアにハマったのは、20代半ばからの10年足らずで、主に民俗音楽とフォークダンスを通じた関わり合いでした。それから約20年の後、ブログを始めたことからネット上でトランシルヴァニア在住の手芸研究家谷崎聖子さんを知ることになり、彼女の著書を購入してイーラーショシュにハマり、現在に至っております。

ですから、こうして彼の地の文化を紹介することには、大きな喜びと共に、勝手に運命的なものを感じております。刺繍を始めて2年程になりますが、いやー、どんだけ作っても、全然飽きないんです。コードのような太い線を描くように針を動かすのは、今では私の生活の一部と言っても過言ではごさいません。

とか、前置きが長くなってすみませんが、以前予告していた通り、今年結婚した友人へのプレゼントとして作ったクッションカバー。先日、無事手渡ししてきたので、紹介したいと思います。

handmade157.jpg

イーラーショシュ用刺繍糸の青と、鴬色のコットン布を使用しました。写真では黄色味が強く写っておりますが、実物はもう少し緑色っぽい感じの布です。いつも書いてますが、本来イーラーショシュは生なりの布(コットン又はリネン)にするのが伝統的ですので、私の様にブルーやグリーンの布にするのは、邪道なんでしょうが、私はどうしても様々な色を試したい。糸の色を見ながら、それ合う布を探すのが楽しくて仕方がない、という感じです。

そんな訳でこちらの布は、青糸を入手して間もなく、大分前に購入してたのですが、やっと初下ろししました。

ちなみに、先の谷崎聖子さんの本に載ってる、青糸を使った作品がこちら。

handmade162.jpg

勿論、生なりし刺しても素敵ですよね。糸の色が私のクッションカバーとは大分違って見えますが、これは私のスマホカメラの性能が悪くて、色が薄めに写ってしまうせい。こちらの色の方が本物に近いです。

そして、今回の図案ですが、同じ本に載っていたこちら(左側)のモチーフと同じなんです。

handmade159.jpg

ただし、中央部に殆ど空間を作らずに、ステッチでピッチリ埋まるようにしてみました。結構雰囲気が違って見えるのが、面白いですね。

handmade158.jpg

余り空間がなかったり、渦巻きを多様してる図案は、これまでちょっと自信がなくて避けてきたのですが、これで少し自信がつきました。今後ももっと複雑なデザインにも挑戦して行きたいです。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 東欧 刺繍

テーマ:北欧・東欧のかわいい雑貨 - ジャンル:趣味・実用

『Dancing in the Street~R-E-S-P-E-C-T』前編~モータウンのマナー講師、振付師&リズムセクション | ホーム | 公民権運動の陰には『大統領の執事の涙』
Comment
できたんですね お友達への結婚のプレゼント、、ほんといつもの感じと少し違いまうねー模様がびっしり詰まってて、、なんか結婚祝いにぴったりな感じですね、、青い糸と赤い糸だと感じが違いますねーユッカリーナさん刺繍お始めになって2年ほどなんですかーでもすごい作品数ですねーはまったご趣味なんですね
新しい図案にも挑戦なさってまたさらに刺繍のご趣味深まりますね また見せてくださいねー
ふぁる代さんへ

> できたんですね お友達への結婚のプレゼント、、ほんといつもの感じと少し違いまうねー模様がびっしり詰まってて、、なんか結婚祝いにぴったりな感じですね、、青い糸と赤い糸だと感じが違いますねーユッカリーナさん刺繍お始めになって2年ほどなんですかーでもすごい作品数ですねーはまったご趣味なんですね
> 新しい図案にも挑戦なさってまたさらに刺繍のご趣味深まりますね また見せてくださいねー

ありがとうございます。今回は今までで一番複雑な模様に挑戦してみました。模様の下書をするだけでも、結構緊張しましたが、お陰で集中力がついたかもしれません。
確かに、糸の色によって全然雰囲気が変わりますね。
これからはもう少し大きめのを、じっくり時間をかけてやってみたいと思っています。
ビッチリと空間を埋めるのは大変そうニダねぇ。
中央の刺繍(十字型)は刺繍の上に刺繍してるニカ?そこだけ少し飛び出た感じがいいアクセントになってますね。

yuccalina様のような手芸のある生活って憧れますミダ。上の子の妊娠中と生後まだ間もないころは、赤ちゃん用のつなぎとか、フード付きのパーカーとかも作ったんですけど、あれ以来、ほとんど手芸してないかも!あ、ベッドカバーとクッションカバー、カーテンを縫ったのが最後かな。それでも10年くらい前デヨ。何か、面白そうな手芸を探してみようかな。
Mansikka様こんしお!

> ビッチリと空間を埋めるのは大変そうニダねぇ。
> 中央の刺繍(十字型)は刺繍の上に刺繍してるニカ?そこだけ少し飛び出た感じがいいアクセントになってますね。

おおっ、言われて気が付きますた。確かに浮いてるみたいに見えますね。でも、真ん中の十字型を一番最初に刺して、そこから外側に向かって刺繍しますた。

> yuccalina様のような手芸のある生活って憧れますミダ。上の子の妊娠中と生後まだ間もないころは、赤ちゃん用のつなぎとか、フード付きのパーカーとかも作ったんですけど、あれ以来、ほとんど手芸してないかも!あ、ベッドカバーとクッションカバー、カーテンを縫ったのが最後かな。それでも10年くらい前デヨ。何か、面白そうな手芸を探してみようかな。
そうですね。私も妊娠中が一番一杯作ってました。その頃は編み物ばかりだでしたが。
纏まった時間がないと中々出来ないと思いがちですが、イーラーショシュは同じステッチの繰り返しなので、途中で止めておけるし、ちょっとの時間に少しずつ出来るから、長続きしてるしてるのかもしれませんぐ。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様

ハンドメイドの記事まで見ていただいてるとは、そして、情報をありがとうございます。
オーディオとヴィジュアルは、やはり切り離せないものがありますね。

私もそんなに詳しくないですけど、ヨーロッパだけでなく、中東やアジアでも、民族衣装と音楽には相関性がありそうです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1258-e3912515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。