プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/08/05 12:21 yuccalina

アメトーーク『第3回芸人ドラフト会議』

アメトーークでは持ち込みプレゼン大会とともに、大好きなこの企画、過去2回の放送は、当然見てましたとも!第2回で大吉さんが「明日は大吉、さあ来い月曜日!」にフット後藤を1位指名して、大絶賛してたのも覚えてるし、バカリズムをサプライズ指名したのもね。その後の彼等の活躍振りは、もはや説明不要。

今回は指名する側が千原ジュニア、設楽統、後藤輝基、有吉弘行と、いわゆる「出来る子達」ばかり。本気モードで尚且つ楽しそうにやってるとこが、ヒジョーに面白かった

<1位指名のフット後藤を引き当てて喜ぶ有吉と、崩れ落ちるジュニア>
ametalk5.jpg

1位指名でジュニアと有吉が被り、抽選となった後藤をはじめ、小杉(第1回1位で競合)、河本、フジモン、山里(第2回2位で競合)、勝俣などは、もはやドラフトのレギュラーメンバーだが、新しい名前、サプライズ指名がやはり楽しみだった。後藤が2位にした千鳥のノブ、設楽の5位、キングオブコメディの高橋、千原ジュニア8位の、Bコース・タケトなど、こっからブレイクするかちょっと楽しみだ。

さて、見ていて思ったんは、出来る子達はおバカさんが好き、って事だ。設楽は、後藤にドランクドラゴン鈴木を取られて、口惜しそうにしてたり、その設楽が狩野英考を7位にした時は、有吉が横から一言、「設楽さん、好きか」とやっぱりなというニュアンスで呟いた。その有吉は「クズ」と呼ぶ蛭子さんを6番目に指名。彼等がアホだの、クズだの言うのは、やはりおバカさん達の存在価値を、認めてるからなんだろうねえ。

そして、有吉がホトちゃんを8位に選び「育成枠」として、先輩をコケにするのは、蛭子さん指名同様、前回の再現みたいだったが、今回はさらにパワーアップしていた。「アクのない何でもない男」「チャンスをあげたい」「年俸200万」と、ホトちゃんを落とし巻くって笑いを取ってくる有吉って、やっぱ凄いわー。結構彼は、宮迫よりもホトちゃんが好きなのかもね。架空番組の出来は別として、有吉の素晴らしさを再認識した。ジュニアが1位にしたのも頷ける。

<「何年経っても俺はドラフト8位の男」のホトちゃんに相方から一言>
ametalk6.jpg

有吉は、ジュニアや後藤みたいな出来る子をも、弄って面白くするんだよね。今回はジュニアに「天才」だの「シュールだな」だの絡んでたけど、確か以前「立ちトーク」で、有吉と後藤が共演した時の事、有吉は人の話にスッと上手く入ってくる後藤を「話の入り方が達者過ぎる」と半分バカにするように弄って笑いを取った。「達者に越したことないですやん」とすかさず突っ込む後藤。最近、話のスマートさや例え話の上手さといった、彼の優れたところが弄られて、場が盛り上がるようになったのも、有吉のお陰かもしれん。

てな訳で、有吉を指名したジュニアの番組『世界の果てまで行ってJ』が実現すると言いですなー最近、ロンハ―のフィーリングカップル企画で、矢鱈とフワフワして、おぼつかない様子のジュニアを見た後だったので、尚更カッコよく見えたのかもしれないけど、1人指名する度に番組へのヴィジョンがハッキリとしていく様子が、とても凛々しくみえたのだー。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アメトーク 博多大吉

テーマ:狩野英孝 - ジャンル:お笑い

リンゴ好きに食べて欲しい!ラグノオの「気になるリンゴ」 | ホーム | 鷹の爪から鶏の爪?
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/125-a3ae0f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR