プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/09/07 12:51 yuccalina

サクラソウの夏越し、日日草、アサガオと今後の種の収穫、野菜の不作etc.

先日、トモローの学校でビオラの苗の移植をしながら、そろそろウチも種まきしなきゃ、と思ったブログ主です。実は今年の春に咲いていたサクラソウ、キンギョソウ、そしてリナリア(姫キンギョソウ)のこぼれ種から、夏の間に新芽が出てきました。しかし、サクラソウ以外は、夏越しが難しかったようで、キンギョソウもリナリアも、成長せずに枯れてしまいました。篤さに耐えられなかったのでしょうか。

gardening537.jpg

そこで、思ったのは、サクラソウって本当に強いんですね。そして、実家から貰って以来、何度も種から育てて世代交代し続けているのに、お花が劣化してる気配がないのが凄いなあ、と思います。

それは、去年作った種から育てた日日草を見て、つくづく思いました。日日草、確かに沢山咲いたのですが、どの色も、去年買った時より、相当薄くなってしまったんですよ。ちょっと、見比べて見ましょうか。去年買った時は、右端の白は中心部が鮮やかな濃いピンク色でした。そして、その隣、右から2番目が一番薄いピンクになるのですが、、、

<去年買った時の写真>
gardening51_20140805102531780.jpg

今年は白の中心部まで真っ白で、一番薄いピンクはちょっと分かりにくいですが、実は手前の右側なんです。本当にうっすらほのかにピンク色。つまり、その隣、下列真ん中のピンクは、は上の写真の右から2番目と同じ色に見えますが、実は右から3番目に相当するみたいなんですよ。

<この夏の状況>
gardening538.jpg

因みに左端の赤いのは種を取ってなかったか、育たなかった模様。

と言う具合に、色味が1段階、2段階と落ちてる感じです。特に品種改良してるお花は、世代交代する度に元に戻って行くそうですが、これがいわゆる劣化というやつなんでしょうか。

そう言う訳で、今年は日日草の種は採らずに、来年は新しい苗を買う事にしました。勿論お花は十分に可愛かったのですが、どうも夏の花のイメージと違う、みょうに大人しい雰囲気になっちゃったんですね。

ただし、何度種の収穫を繰り返しても、殆ど変化を感じないものもあり、先述のサクラソウやキンギョソウがまさにそうなんです。

と言う訳で、これから、その確認作業をしてみようかと思っています。今春に取った種を、これから蒔いて育てていきますので、買った時の花の状態と差が出てないか、確認してみたいなと。

で、サクラソウ等と同じく劣化を感じさせないものに、アサガオがあります。既に10年以上毎年種を作っているのですが、今年は去年よりも綺麗に沢山咲きました。現在は強風や日照不足の影響で、こーんな感じになってますが、

gardening542.jpg

少し前は綺麗な花を沢山咲かせておりました。

gardening539.jpg
gardening543.jpg
gardening541.jpg

そして、最後は天候不順で不作に終わった野菜について。買った当初は実を沢山つけていたきゅうりが、2週間程前に突然枯れてしまい、その代わり、ずっと伸び悩んでいたゴーヤのつるが伸びてきました。

gardening546.jpg

しかし、実はたったこれだけ。

gardening547.jpg

今4㎝くらいです。これまでで一番不作の年となり、残念ですが、自然との付き合いなので仕方ありません。今年は農家の方々も、大変なんでしょうね。

ちなみにキュウリが枯れてしまった後に、アサガオを植え替えてみました。本来ゴーヤは1本で育てるよりも、2本並べて競わせると良いらしいので、同じつる植物のアサガオを後任にしてみました。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:***ベランダガーデニング - ジャンル:趣味・実用

『キャデラック・レコード』への複雑な思いと珠玉のセリフ | ホーム | 『ハンナ・アーレント』~全体主義における陳腐な悪
Comment
酷暑と長雨に 植物も翻弄されましたね
日日草ほんとにお色が薄くなってますねーそれでもちゃんと育ってくれてすごいですが、、

朝顔10年以上の種からのなんですかーお色もきれいだし、、すごいですねー

きゅうりが急に終わって ゴーヤが急に伸びてきたのは気候とか何か関係してるんですかねーうちもゴーヤ小さいものがやっとでてきてそれからはたいして大きくなりません

ほんと農家の方は大変だったでしょうね 天候に左右されるお仕事自分の頑張りだけではどうにもなりませんからね

来年はどんな天候なのかな。。何を植えるか悩みます
サクラソウはこの夏も色が少しあせただけで、花も大きいし、葉っぱも綺麗ニダねぇ。でも、来年になるともっと色味が淡くなるのかしら・・・もう一度写真を確認したら、右から3番目の花があの色になったニカ~~!面白いニダなぁ。

ゴーヤーはウリの実家が夏に栽培してたことがありますデヨ。
庭に植えてたし、日当たりも良くて豊作でしたが、キュウリとか他のつる植物も一緒に植えてた覚えがあるんです。競わせるとよいってのは初めて知りますた。勉強になりますたデヨ。
ふぁる代さんへ

> 日日草ほんとにお色が薄くなってますねーそれでもちゃんと育ってくれてすごいですが、、
沢山咲いてくれたのに、勿体ない気もしますが、種から育てる手間と、新しい苗の値段を考えると、ちょっと納得いかなかったんですね。

> 朝顔10年以上の種からのなんですかーお色もきれいだし、、すごいですねー
そうなんです。多分原種に近いんでしょうね。

> きゅうりが急に終わって ゴーヤが急に伸びてきたのは気候とか何か関係してるんですかねーうちもゴーヤ小さいものがやっとでてきてそれからはたいして大きくなりません
やっと実がなってもまた日照不足ですね。うちのも大きくはならないでしょうね。

> ほんと農家の方は大変だったでしょうね 天候に左右されるお仕事自分の頑張りだけではどうにもなりませんからね
生活がかかってますから、深刻な問題ですよね。

> 来年はどんな天候なのかな。。何を植えるか悩みます
そうですね。ウチはナスが一番安定してましたが。
Mansikka様こんしお!

> サクラソウはこの夏も色が少しあせただけで、花も大きいし、葉っぱも綺麗ニダねぇ。でも、来年になるともっと色味が淡くなるのかしら・・・もう一度写真を確認したら、右から3番目の花があの色になったニカ~~!面白いニダなぁ。
書き方が分かりにくかったかもしれませんぐが、お花はサクラソウでなく、日日草です。サクラソウはまだ葉っぱだけなんです。

> ゴーヤーはウリの実家が夏に栽培してたことがありますデヨ。
> 庭に植えてたし、日当たりも良くて豊作でしたが、キュウリとか他のつる植物も一緒に植えてた覚えがあるんです。競わせるとよいってのは初めて知りますた。勉強になりますたデヨ。
はい、植物の性質によって、一本で育てた方が良いのと、複数植えて競争させた方が良いのとあるそうです。子育てと一緒にだと思いますたよ。お友達と競争したいタイプと、一人で何かに熱中するタイプ。私はどちらかと言うと後者ですた。ゴーヤー、キュウリタイプではありませんぐ。
yuccalina様、すんまそ・・・orz
yuccalina様の書き方が悪いんじゃなくて、ウリの物忘れが酷いニダ。日日草はフィンランドでもポピュラーな花で、ウリは日本語話してる時でもフィンランド名(ahkeraliisa)を使ってるデヨ。
おかげで、すっかり日本名を失念してたんです・・・orz

因みにahkeraは努力家というような意味で、Liisaは女性名なんですミダ。いつも面白い名前だなぁと思いながら使ってます。たくさん可愛い花を咲かせるから、そういう名前が付いたニカね?と想像してるニダ。

先日の西郷さんの件といい、勘違いスマソ!m(__)m
Mansikka様ばんしお~

> yuccalina様の書き方が悪いんじゃなくて、ウリの物忘れが酷いニダ。日日草はフィンランドでもポピュラーな花で、ウリは日本語話してる時でもフィンランド名(ahkeraliisa)を使ってるデヨ。
> おかげで、すっかり日本名を失念してたんです・・・orz
なるほど~。Mansikka様は日常的に2つの言語使ってらっさるから、混乱しやすいのですに。気にしないでくださいませ。

> 因みにahkeraは努力家というような意味で、Liisaは女性名なんですミダ。いつも面白い名前だなぁと思いながら使ってます。たくさん可愛い花を咲かせるから、そういう名前が付いたニカね?と想像してるニダ。
お花の名前って、面白いですよね。命名した人の感性が伝わってくる気がしますです。

> 先日の西郷さんの件といい、勘違いスマソ!m(__)m
いえいえ、私自身も勘違いは、日常的に沢山しておりますので、大丈夫ですよ~
yuccalina さん、こんばんは^^
やっぱり、世代交代すると、色が変わっていったり、薄くなっていったりする事があるんですね。
私は、品種改良しているお花を買うことが多いのですが、何となくそういう事があるんじゃないかと予感させる感じもあって、最初から種を作るのを諦めてしまうところもありました。
今年は、yuccalina さんに刺激されて、結構作ってみようとしたんですが、上手くいかないのが多かったなか、オルレアだけは成功しました!
といっても、これは放っておけば、普通、こぼれ種から繁殖すると言われているお花なんですけれどね。
でも、とても好きなお花なので、さっさと花がらを摘んでしまわず、放っておいて良かったです。
今、沢山芽が出てきています^^
Arianeさんへ

> やっぱり、世代交代すると、色が変わっていったり、薄くなっていったりする事があるんですね。
> 私は、品種改良しているお花を買うことが多いのですが、何となくそういう事があるんじゃないかと予感させる感じもあって、最初から種を作るのを諦めてしまうところもありました。

実を言うと私は、これまで改良種か原種か、あまり考えずに買ってました。それと、種を取って蒔いてみても、出なかった花も結構あります。

> 今年は、yuccalina さんに刺激されて、結構作ってみようとしたんですが、上手くいかないのが多かったなか、オルレアだけは成功しました!
> といっても、これは放っておけば、普通、こぼれ種から繁殖すると言われているお花なんですけれどね。
> でも、とても好きなお花なので、さっさと花がらを摘んでしまわず、放っておいて良かったです。
> 今、沢山芽が出てきています^^

私が種まきにハマったのはキンギョソウのお蔭でして、勝手に沢山芽が出てきて、しかも結構お花が綺麗に咲いてくれたので、それで他にも試してみたくなったんですね。オルレアも負けずに繁殖力が高そうで、楽しみですね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1249-5916ace9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。