プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/07/03 14:05 yuccalina

『東欧雑貨クリコ』さんでの楽しいひとときと谷中の思いで

先週のことですが、谷中(東京メトロ千代田線、千駄木駅から徒歩5分)にあるお店、『クリコ』へ行って参りました~!以前、チェコの藍染めViolkaさんを紹介したことがありますが(コチラ)、Violkaさんを調べていた時に、ネットで偶々見つけたのが、東欧雑貨のお店クリコさんでした。

handmade146.jpg
handmade147.jpg

ショップ・ブログでも、可愛い商品が沢山紹介されてますよ~!

クリコのひとこま

可愛らしい女性オーナーさんが、主にブダペシュト(ハンガリー)で買い付けしてきた民族衣装と雑貨が、所狭しと並べられております。

handmade149.jpg

トランシルヴァニアの伝統刺繍、イーラーショシュのクロスやカバーも沢山。イーラーショシュのグッズは、ハンガリーでも作られてるそうです。

handmade151.jpg

民族衣装は現在作られている軽めのものと、ホームスパン(手織り布)を使用した、ずっしり重いアンティークと、両方扱っていました。

handmade148.jpg

ディスプレイも可愛くて、私が惹かれたのはこのポスター。

handmade150.jpg

70年代チェコスロヴァキアのニベア(NIVEA)クリームの広告ポスターです。まだ共産圏で物資が不足してた時代でも、アーティスティックな物作りをしてたのだろうなあ、と想像出来ますよね。昔から優れたアニメーションが作られてて、日本にも愛好家が多いと聞きますし、私の世代では80年代に公開されたオサレ映画『ひなぎく』のイメージが鮮烈だったこともあり、チェコと言うと、何だか良さげな物を作っていそうな、とても良いイメージがありますわ。

ブダペシュトで買ってこられたと言う音楽CDを聴かせて頂ながら、オーナーさんと暫し歓談。

そして、こちらを購入して帰りました。オレンジ色のリネンハンカチと、フェルト製のポーチで、どちらもハンガリー製。

handmade153.jpg

フェルトと言えば、私はカロタセグの男性のジャケットを思い浮かべますが、ハンガリー、ルーマニアとカルパチア山脈周辺では、羊と共に暮らしてきた歴史的に、羊毛からつくるフェルトはお洋服や身の回りの品に、色々と使われてきたんでしょうね。

こちらのポーチは模様の型を縫い付けいて、繊細で立体感がありますね。

handmade155.jpg
handmade156.jpg

美しい模様にカットされたフェルトが、丁寧に縫いつけられています。色の組合せが複数あって、選ぶのに苦労しちゃいました。そして、リネンのお花刺繍も、手作りの温もりが感じられますね。

handmade154.jpg

こういう小物は、いくつあっても欲しくなっちゃいます。そして、最後は頂いたクリコさん謹製のショップカード兼しおり。

handmade152.jpg

鳥とハートとお花、ってイーラーショシュでこういうの作ってみたくなっちゃう。しかも私の好きなアシメトリーなデザインですし。


さて、谷中に来たのは24年振りでした。新しめのフレンチレストランと古美術店が並んでたり、新旧上手く具合混じりあって、素敵な雰囲気を醸し出してますね。

yanaka1.jpg

谷中小学校の校舎も素敵ですし、

yanaka4.jpg

また、何か雰囲気の良いアトリエみたいだなー、と思ったら、、

yanaka2.jpg
yanaka3.jpg

SONOMITSUさんはオーダーメイド靴のアトリエ兼お店だそうです。

お昼ご飯は丁度開店前に5人くらい人が並んでいたお寿司屋さんに入りました。

yanaka5.jpg
yanaka6.jpg

乃池は穴子寿司が有名なお店だそうですが、私は穴子無しの上にぎりを注文。

yanaka7.jpg

うっ、あんまり好きでない数の子が入ってて、並でも良かったかなーと思いましたが、マグロ&鉄火巻きが美味しかったです。

帰宅後、様々な半券が詰まったファイルをヒックリ返すと、これが出てきました。私が最後に訪れたのは平成3年の夏、全生庵での『円朝祭り』でした。

yanaka8.jpg

何と、祭りの連絡先が『乃池』さんになってる~!あのお寿司屋さんに入ったのにも、縁があったんでしょうね。

で、円朝まつりですが、当時付き合いのあった5つ年上のKさんが、歌舞伎と落語に凝ってて、連れてってもらいました。江戸後期~明治に活躍した三遊亭円朝が得意とした怪談話を聞き、円朝がコレクションしてた幽霊画を見て、涼しくなりませう!的イベントでした。

Kさんは「この円山応挙(だったかな?ウロ覚えです)の絵が評判になって以来、幽霊は足がないのがスタンダードになった」とか、 豆知識も教えてくれました。

そして、お話は殆ど憶えていないのですが、当時既に笑点メンバーだった好楽師匠だけ記憶があります。笑点でもここでも一番の若手扱いで、最初に登場しました。大喜利での軽薄なイメージと違って、「お話が上手だなー」と感心した記憶だけあります。

偶然にも先の『東欧雑貨クリコ』は、全生庵の直ぐ近くでビックリでした~!また機会があったら谷中探検してみたいです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 東欧 トランシルヴァニア

テーマ:北欧・東欧のかわいい雑貨 - ジャンル:趣味・実用

『フリーダム・ライターズ』Freedom Writersとフリーダム・ライダースFreedom Riders | ホーム | 老いるショック!と50代~その(1)さらば白髪染め
Comment
お店ですかーすてきな刺繍の小物や お洋服いっぱいですねー そういうものが好きでお店なさってるんでしょうから 好きなものに囲まれて、趣味趣向をご自分の思いを100%だせていいですね ユッカリーナさんもお好きなものだらけで楽しかったでしょうね

このポーチはとても細かい模様ですてきですね

乃池は穴子寿司が有名なんですかー私は穴子寿司大好き、機会があったら行ってみたいですね(回転すし行ったらまず穴子食べます、、、)
ふぁる代さんへ

> お店ですかーすてきな刺繍の小物や お洋服いっぱいですねー そういうものが好きでお店なさってるんでしょうから 好きなものに囲まれて、趣味趣向をご自分の思いを100%だせていいですね ユッカリーナさんもお好きなものだらけで楽しかったでしょうね
>
> このポーチはとても細かい模様ですてきですね

オーナーさんは定期的に買付けに行かれてるそうです。素朴で温かみがあって可愛らしい品が溢れてて、興奮してしまいました。


> 乃池は穴子寿司が有名なんですかー私は穴子寿司大好き、機会があったら行ってみたいですね(回転すし行ったらまず穴子食べます、、、)
江戸前の穴子が売りだったみたいで、ただ穴子が入ってる特上だとお財布が心配で、、、ちょっと残念でした。
ユッカリーナさん、素敵な写真沢山載せてくださって有難うございます〜、その後の谷中散歩、たのしまれたようで何よりです。
乃池の大将は谷中を盛り上げる立役者、町内会長さんでもあるのでクリコもお世話になっています笑。
季節が変わると又違う谷中を見れます。ふらりとお散歩しにきてくださいね!
クリコさんへ

ご訪問とコメントをありがとうございます。

> ユッカリーナさん、素敵な写真沢山載せてくださって有難うございます〜、その後の谷中散歩、たのしまれたようで何よりです。
後になって、あの衣装も、置き物も、アップで撮れば良かったなー、とか色々思っちゃいました。

> 乃池の大将は谷中を盛り上げる立役者、町内会長さんでもあるのでクリコもお世話になっています笑。
> 季節が変わると又違う谷中を見れます。ふらりとお散歩しにきてくださいね!

乃池さんはやはり重鎮なのですね。お店は外観も中も、凄い良い雰囲気でした。
また、遊びに行きますね。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1205-7f3eadb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。