プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/06/24 08:10 yuccalina

『united CRAFT nations』展と縁は異なもの

一昨日の月曜日は勝どきのギャラリー@btfで『united CRAFT nations』展(開催は28日迄)を見てきました。今回、谷崎聖子さんはルーマニア(トランシルヴァニア)に帰国された為不在でしたが、イーラーショシュとビーズ刺繍に囲まれて、素敵な時間を過ごすことが出来ました。

handmade137.jpg
handmade138.jpg
handmade139.jpg
handmade140.jpg

今回はイーラーショシュの大作に目を奪われました。単色使いでコードのような太いステッチで描かれたお花が、とても大らかなで力強い。身の回りの品を花で飾るというのは、古今東西、共通してあると思うのですが、それは人間が自然の中で美しさを見出し、それが日々の暮らしを豊かにしてきたからに他ならないと思います。トランシルヴァニア以外に日本、メキシコ、アフリカ(セネガル)、東南アジアからの手工芸品が並んだ展示会を見ながら、ふとそんな事を思い巡らせてしまいました。素材や色、形、など、人間は自然の恵みから得た素材で、自然を模倣しながら物作りをしてきたのでしょうね。

で、その中でもうひとつ気になったのがアフリカ製の布を使用したアパレルの『プティット・アフリケーヌ』です。布の組み合わせ方が絶妙で、とってもお洒落なんです。

handmade142.jpg
handmade143.jpg

女児用のワンピースが中心でしたが、大人用のエプロンもありました。イーラーショシュのスカートに合わせても可愛いかな?

handmade144.jpg

行ったことはありませんが、私はマルティニークの衣装を思い出しました。昔KALIというマルティニークのアーティストを見た時、バックコーラスの女性達が、とてもお洒落なドレスを着ていて、可愛かったのを覚えています。こちらのプティット・アフリケーヌはセネガルを中心としていて、フレンチテイストのアフリカ雑貨なんですね。ナルホド~、と頷いてしまいました。

ショップカードとポストカードも素敵です。

handmade145.jpg

ネットショップもありますよ。

プティット・アフリケーヌ~フレンチスタイルなアフリカ雑貨~

ところで、ワタクシはこの日素敵な女性と会いました。長年の友人makiちゃんが紹介してくれた、カメラマンのYちゃん。実はその彼女がかつてルーマニアでジプシーの写真を撮影していた方で、谷崎聖子さんとお友達だったと、最近判明したんです。Yちゃんのダンナさんとmakiちゃんとワタクシは、20何年前に一緒に英会話を習っていて、私は当時、ダンナさんがアメリカ旅行に行くという時に、ルーマニア→英語の辞書を買ってきてと頼んだことがありました。

その英会話は、外資系の女性エグゼクティヴNさんが自宅に留学生を呼んで、英語で自由にお喋りするサロンのようなところでした。Yちゃんのダンナさん、makiちゃんと私以外は、年上の管理職っぽい会社員ばかりだったので、3人は自然と仲良くなって行ったのですが、中でもNさんのコネで行ったスウェーデン大使館のパーティーは、よく憶えています。Nさんは英会話実践の場として誘ってくれたんでしょうが、回りは立派な大人ばかり(VOLVOの重役とか来てたし~)で、20代の私達3人だけが、お子ちゃまで浮きまくってた感じ?でも、大使館員の日本人妻の方が、そんなお子ちゃま達に、気さくに声を掛けてくれて、とっても優しかったことなぞ、よく覚えております。きっと、あーゆう時に人間性って出るんでしょうね。「この子達何なのよ?」と怪訝そうな顔で見てた人もいたでしょうから。

と、ちょっと話が逸れてしまいましたが、人付き合いがあまり良い方でないワタクシでも、長く生きてると意外なところで繋がってる、と言うことがあるんですね。面白いです。Yちゃんは映画『ジプシー・キャラバン』を見て、ジプシーに会いにルーマニアへ行こうと思い立ったそうですが、あの辺りにはやはり人を引き付ける魅力があるんでしょうね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 刺繍 東欧

テーマ:北欧・東欧のかわいい雑貨 - ジャンル:趣味・実用

最初で最後の私のアイドルJulian Copeのこと~その(1)Teardrop ExplodesのラストEPからファーストソロまで | ホーム | モスクワは寒くても暖かかった『ハドソン河のモスコー』
Comment
展示会に足を運んでくださったのですね!どうもありがとうございます。
写真も、細部まできれいに映っていて楽しませていただきました。

人の繋がりって不思議ですね。
好きなもの、好きな国を通じて意外な場所で意外な人と知り合いになったり・・。特にルーマニアは、好きな方って珍しいですよね。
谷崎聖子さんへ

ご訪問とコメントをありがとうございます。

> 展示会に足を運んでくださったのですね!どうもありがとうございます。
> 写真も、細部まできれいに映っていて楽しませていただきました。

記事には書けませんでしたが、@btfは常設展や、古い広告などを貼ったレトロな装飾も素敵なギャラリーでした。

> 人の繋がりって不思議ですね。
> 好きなもの、好きな国を通じて意外な場所で意外な人と知り合いになったり・・。特にルーマニアは、好きな方って珍しいですよね。

そうですね。かつての知り合いと、思いかけないところで繋がってて、とても驚いてしまいました。
イーラーショシュとビーズ刺繍 見事の一言ですね 特に最初のお写真の黒い刺繍の大作、すばらしいですね 時間がかかってそう、、アフリカの布の柄や色の組み合わせもすごく独特で きれいですね 

ユッカリーナさんのお若い頃は いろいろな素敵な経験をなさって いろいろな人とのつながりがあってすてきですね そういうお若い頃が今のユッカリーナさんを作ってるんですね
ふぁる代さんへ

> イーラーショシュとビーズ刺繍 見事の一言ですね 特に最初のお写真の黒い刺繍の大作、すばらしいですね 時間がかかってそう、、アフリカの布の柄や色の組み合わせもすごく独特で きれいですね 
ありがとうございます。天井の高い白壁に飾られたイーラーショシュは、まるで美術品のように綺麗でした。本来はもっと素朴なイメージなんですけど、こうした美しさもまた一つの側面なんだと思います。

> ユッカリーナさんのお若い頃は いろいろな素敵な経験をなさって いろいろな人とのつながりがあってすてきですね そういうお若い頃が今のユッカリーナさんを作ってるんですね
今思い出すと、世間知らずで恥ずかしいことを沢山してしまったのですが、それも若い時期だからこそだったからで、良い経験だったなと思っています。
ユッカリーナさま!
先日はご来店頂いてありがとうございました。
谷崎さんのコレクションはさすが!素晴らしいですね〜、見逃したのが悔やまれます…
谷崎さん、以前私がルーマニアの事をメールでお伺いした時にご親切に返信下さったのを覚えています。
つながり、といえばユッカリーナさんを通じて又そんな事を思い出しました。ユッカリーナさんをクリコに導いてくれた(笑)Violkaさんにも感謝です。旅のカケラのおすそ分け、をテーマにゆるく楽しくやっているクリコですが、良ければ又是非遊びに
いらしてくださいね。
クリコさま

> 先日はご来店頂いてありがとうございました。
> 谷崎さんのコレクションはさすが!素晴らしいですね〜、見逃したのが悔やまれます…
> 谷崎さん、以前私がルーマニアの事をメールでお伺いした時にご親切に返信下さったのを覚えています。
> つながり、といえばユッカリーナさんを通じて又そんな事を思い出しました。ユッカリーナさんをクリコに導いてくれた(笑)Violkaさんにも感謝です。旅のカケラのおすそ分け、をテーマにゆるく楽しくやっているクリコですが、良ければ又是非遊びに
> いらしてくださいね。


いえいえ、こちらこそ、ご訪問&コメントありがとうございます。
谷崎聖子さんはここ数年、定期的に展示会をされてますので、次の機会はもっと早めにご連絡させて頂きますね。
そしてまた、お店の方にもお邪魔しますので、どうぞよろしくお願いします。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1200-b07a92d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR